misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

『ヒトデはクモよりなぜ強い-21世紀はリーダーなき組織が勝つ』

ヒトデはクモよりなぜ強い-21世紀はリーダーなき組織が勝つ
日経BP社
オリ・ブラフマン、ロッド・A・ベックストーム 著 糸井恵 訳
(2007/09)
ヒトデはクモよりなぜ強い

内容紹介

ナップスター、オープンソース開発者、アル・カイダに共通するものとは何か? それは、リーダーがいない分権型の組織であり、強靭な生命力で拡大を続け、社会に大きな影響を与えたことである。本書ではそのような組織を「ヒトデ」にたとえる。ヒトデは、真っ二つに切られても、死なずに分裂して2匹のヒトデになる。21世紀に生き残るためには、このヒトデにならなければならない。従来型のトップダウン構造をもつ「クモ型」の組織には、勝ち目はないのだ。ヒトデの要素を取り入れた、アマゾン、eBay、トヨタといった勝ち組に戦略を学ぶ、斬新な視点の経営組織論。

目次

はじめに
第1章 MGMの失敗とアパッチ族の謎
第2章 クモとヒトデとインターネットの最高責任者
第3章 ヒトデでいっぱいの海
第4章 5本足で立つ
第5章 触媒のもつ不思議な力
第6章 分権型組織と戦う
第7章 ハイブリッドな組織
第8章 スイートスポットを探して
第9章 新しい世界へ

感想

タイトルからは一見、経営学・組織論の本とは思えないが・・・
クモを中央集権型組織とし、ヒトデを権限分散型(分権型)組織とみなし、アステカとインカを崩壊させたスペイン軍も分権型組織であったアパッチ族に負けたという解説から始まる。以降、いくつもの事例を引き合いに出しながら、権限分散型組織がフラットでネットワークで繋がる現在では強いだろうという展開。後半ではハイブリッド型組織概念も登場する。分権型組織のボトムアップ的アプローチと、権限集中型の構造や管理方法を併せ持つ。
ドラッカーによるGMの調査と提言、そして後のトヨタとGMの合弁会社の話は、日本企業の製造ラインでのサークル活動などが分権組織として挙げられており、腑に落ちる部分だった。
現実には中央集権と権限分散がどの程度の割合でハイブリッド化されているのか、それがどれだけ環境に対応して変化できるのかということが大切なのかなと思った次第。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/11(火) 16:59:14|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大雪のあと・・・ | ホーム | 救命講習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/934-d2b063c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ