misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

『座右の諭吉 才能より決断』 齋藤孝 著

座右の諭吉
座右の諭吉 -才能より決断
光文社新書
齋藤孝

「まえがき」
私は、世に出るまで長い修業時代を送った。そのときに『福翁自伝』を手にとって以来、何かの折りに開いている。私の勝手な思いこみではあろうが、自分と福沢には非常に似通った部分がある気がして、とても他人とは思えない。事を処すに当たっての福沢独自の原則に、私は非常に共感できる。
『福翁自伝』には、福沢の人生訓や、転機からチャンスをつかんだときのエピソード、いわゆる「生きる指針」が詰まっている。本書ではその『福翁自伝』をはじめ、彼のいくつかの著書をテキストとして、私たちがいま福沢の生き方から何を学べるかをクリアにしていく。(「まえがき」より)

感想
「まえがき」にある通り、どちらかというと著者の考えの記述(時に著者の自慢話にも聞こえる内容もあったりするが)、それらを中心に解説をしていく展開。
これを読むと福澤諭吉の考え方はドライで合理的な側面が非常に強調される。
著者は『福沢』と表しているが、『福澤先生』と呼ぶ慶応義塾の関係者にはなかなかできないことだろう。
著者の『学問のすすめ 現代語訳』を読んでいたのでこれを読んだが、この類の本は原書を読んだほうが良さそうだ。
年末年始休暇に読んだ一冊。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/11(土) 18:17:52|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年の初ロードバイクは出ばなをくじかれた | ホーム | 金沢散策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/923-05b7dae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ