misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書:『日本の歴史をよみなおす(全)』

日本の歴史をよみなおす

『日本の歴史をよみなおす(全)』
ちくま学芸文庫
著者:網野善彦

解説(背表紙より)
日本が農業中心社会だったというイメージはなぜ作られたのか。商工業者や芸能民はどうして賤視されるようになっていったのか。現代社会の祖型を形づくった、文明史的大転換期・中世。そこに新しい光をあて農村を中心とした均質な日本社会像に疑義を呈してきた著者が、貨幣経済、階級と差別、権力と信仰、女性の地位、多様な民族社会にたいする文字・資料の有りようなど、日本中世の真実とその多彩な横顔をいきいきと平明に語る。ロングセラーを続編とあわせて文庫化。

感想
網野史学といわれる歴史観を提示した歴史学者の著書を初めて読んだ。ネットで検索すると網野善彦の歴史観に対する批判も歴史学者の間ではあるようだが、自分にとっては間違いなく「読んで良かった」と思える一冊。アマゾンのカスタマーレビューも非常に高く、実際に本を読んで納得。

『天皇と「日本」の国号』の最後に著者が問いかけているこれらの課題は、日本という国のありようそのものだし、「農本主義」を中心とした歴史認識が、今のTPPへの参画是非論議にも影響しているのかと考えさせられたり。

余談だが、『司馬遼太郎と網野善彦「この国のかたち」を求めて』という本があるそうだ。タイトルに興味をそそられてしまった。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/01(木) 21:36:05|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<retrait dossards:ゼッケン引取り | ホーム | un lavis:水墨画>>

コメント

No title

様々な異文化を観てきたYoshiさんならではの視点がありそうですね。
網野史学という言葉ははじめて聞きました。
  1. 2012/03/03(土) 17:00:46 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
これお薦めです。
大河ドラマや歴史小説も網野史学の成果を意識しているもの、多いような気がします。
  1. 2012/03/05(月) 01:59:09 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/727-476f5a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ