misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Voyage dans le Midi:南フランス紀行 4

8月7日 日曜日
夜の雷雨で地面は濡れているが、折角なので世界遺産の周囲をジョギング。未舗装のぬかるみだったり、石畳の急坂だったりとかなり辛いコースだが歩きを交えて30分。小雨交じりの肌寒さがちょうど快適だった。

ホテルをチェックアウト。これからプロヴァンス地方に向かう。カルカッソンヌから地中海方向に高速道路を走るとバルセロナ(Barcelonne)方面を指す標識が出てくる。
WEBDSCN3790.jpg

ピレネー山脈の向こうはもうバルセロナだ。我々はモンペリエ(Montpellier)方向に向かう。フランスの地中海沿いを走っているのだが、海まではだいぶ距離があるようで全く見えない。白い乾燥した山肌に背の低い木々が生える景色を見ながらアップダウンのある道を進む。途中サービスエリアでガソリン補給で入ると、周りからはスペイン語が聞こえてくる。スペインから南仏に向かう人たちが多いようだ。

まずはニーム(Nimes)という街に向かう。ニームは「ラ・フォンテーヌの泉を中心に発展したフランス最古の古代ローマ都市」だ。生憎小雨で寒いが、主要なローマ遺産を散歩してみた。
ローマ時代の都市には不可欠な円形闘技場とメゾン・カレと言われる神殿。街は小さいので1-2時間もあれば十分回れるだろう。
WEBDSCN3791.jpg
WEBR0011865.jpg


お昼は通りがかりに入ったひなびたレストランでムール貝とフリットという定番を食べたのだが、ムール貝のスープがとても美味しかった。多分これまで食べたムール貝の白ワイン蒸しでは一番。

そして車でポン・デュ・ガール(Pont du Gard)に向かう。ニームからは30KM。Pont du Gardへのアクセスはガルドン川の右岸・左岸の両方から可能。駐車場に車を止めて(駐車料金は一台15ユーロで入場料込み)人が歩いていく方向についていくと突然、橋が現れる。
WEBDSCN3804.jpg

2000年も昔にこんな巨大な高層建造物が作られたと思うと、ローマの土木技術の高さと、工事に当たる労働力を集めたローマ帝国の支配力に驚くばかり。車が無いとアクセスが不便だが、一見の価値あり。
橋の上を歩き対岸までの行き来が可能。


Pont du Gardを後に、アヴィニヨン(Avignon)に向かう。

「アヴィニヨンは1309年にローマ法王庁がローマから移転してきたことで一躍ヨーロッパの最前線に躍り出た都市で、今も中世の風情を残している。」

ホテルはCloitre Saint-Louis Avignon Hotel。アヴィニヨンには3泊の滞在予定なので敷地内に駐車場があり、部屋が広めで快適に過ごせそうなホテルを選んだ。

まずはメインストリートを歩いて法王庁の方向に向かう。メインストリートはカフェ、みやげ物やに加えてMonoprixやCarrufeue City、McDonaldなども古い建物の中に入っていて普通の都市と変わらない。滞在中何度かお世話になった。

日曜日ということもあり人の多さに驚き。パリの凱旋門の観光客による賑わいと変わらない。聞こえてくるのはフランス語、スペイン語、英語、イタリア語(多分?)、中国語。ここにも中国人観光客は向けの観光バスツアーが多々あるようだ。

法王庁。外からの見学のみ。
WEBDSCN3810.jpg

アヴィニヨン橋。橋を歩くにはオーディオガイド付の入場料が必要。日本語も用意されているが、オーディオガイドの解説がかなり長く、これに従って聞いていたら100mほどの橋を見学するのに一時間近くを要した。
WEBR0011898.jpg

夕食は、ロルロージュ広場の突き当たりのPalais des Papesレストラン。広場の周りには何件ものレストランが出ており他のレストランも利用したが、ここが一番良かった。日本人のお客さんもいたようなのでガイドブックにも出ているのかもしれない。夏場は予約したほうが良いかも。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/13(土) 19:00:00|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Voyage dans le Midi:南フランス紀行 5 | ホーム | Voyage dans le Midi:南フランス紀行 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/678-36c9ce37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ