misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Voyage dans le Midi:南フランス紀行 3

8月6日 土曜日

今朝もボルドーは雨。結局ボルドーではジョギングできず。朝食を食べて今日の目的地カルカッソンヌへ向かう。ボルドーから高速道路を地中海方面に向かって走る。途中ツールースを抜けるあたりからところどころヴァカンス渋滞。距離は300KMほどなのだが予定したより時間がかかってカルカッソンヌに着いたのは午後1時前。高速を降りてカルカッソンヌに向かう途中、小高い丘の斜面にそびえる城砦都市の遠景が見えた時はその大きさに驚いた。

カルカッソンヌも世界遺産として登録されている。
『「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」と称えられるヨーロッパ最大の城塞都市「シテ」を中心とした町。まさしく中世にタイムとリップした気分が味わえる。
ブドウ畑に囲まれたカルカッソンヌはフランス有数の観光地。城や教会、いくつもの塔がそびえる石造りの中世の町を頑丈な城壁が囲む様子は、その一帯だけ別の時間が流れているようだ。カルカッソンヌには2500年の歴史が秘められている。
ピレネー山脈を望む川沿いの豊かな土地には紀元前6世紀にガリア人が住み始め、オード側の土手の頂に最初の要塞が作られたのは紀元前3世紀のこと。支配者は次々と代わったが、フランスとスペイン間の交通の要塞であったため、1659年にピレネー条約が締結されるまで、要塞として重要な役割を果たしてきた。しかし、条約が締結後は要塞としての役割がなくなり、次第に廃墟と化していく。
19世紀になってそのシテに注目したのは作家で歴史記念物視察官をつとめていたメリメ。やがて、建築家ヴィオレ・ル・デュックの手により復元作業が始められ、現在では城壁内に1000人あまりの住人が住むにいたっている。
カルカッソンヌの町の中心はシテの北西、オード川対岸の新市街地「下の街」(ヴィル・バス)に移ったものの観光的な見どころはシテに集中している。シテ内には6軒のホテルと1軒の民宿があり、中世の街を堪能することができる。』(フランス政府観光局オフィシャルサイトより)

WEBDSCN3768.jpg
WEBDSCN3769.jpg

城壁内へのメインの入り口のナルボンヌ門をくぐると、中世の城砦都市テーマパークのような光景。ヒトヒトヒトで狭い通りがぎっしりだ。みやげ物や、レストランにアイスクリームやが軒を並べている。さらにはお化け屋敷まであったり。

われわれは城壁伝いに城壁から見える景色を眺めながら散歩。ここから見える景色も素晴らしい。
WEBDSCN3772.jpg
城壁に向かう急坂。
WEBDSCN3780.jpg
そしてオード川に架かるポン・ヴィユー(古い橋)から城壁を眺める。
WEBDSCN3785.jpg

晴天で気温は30℃位まで上がっただろう。湿度は低いとは言えアップダウンの多い石畳を歩き続けるとかなり疲れる。観光馬車を牽く馬も帽子を被っている。
WEBDSCN3775.jpg

城壁内外を一通り巡ったのでホテルに向かう。ホテルはナルボンヌ門から車ですぐ、歩いても数分のところだった。カルカッソンヌ自体は数時間で回れるので、日程に余裕がなければ宿泊の必要はないだろう。また、自分たちは城壁の外のホテルにして正解。車で移動をする場合は城壁内のホテルはお勧めしない。城壁内には車で入れないので、大きなスーツケースを長い距離石畳の上を転がすことになるので注意。

夕食は城壁内に戻りカスレを食べた。初めてカスレを食べたがとても美味しかった。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/13(土) 06:52:29|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Voyage dans le Midi:南フランス紀行 4 | ホーム | Voyage dans le Midi:南フランス紀行 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/677-4eae99bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ