misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Provins:プロヴァン

世界遺産に登録されているプロヴァンという古い街を訪れました。パリから高速道路と見渡す限りの畑の中を抜ける一般道を使って1時間半ほどです。
ウィキペディアでは次のように紹介されています。
『プロヴァン (Provins) は、フランスのセーヌ=エ=マルヌ県の都市。中世にはシャンパーニュの大市の開催都市として知られ、2001年12月13日にユネスコの世界遺産に登録された(登録名は「中世市場都市プロヴァン」)。古くからバラで有名な都市でもあり、現在でもバラを用いた製菓業などが盛んである。この都市の住民のことはプロヴィノワ (Provinois) と呼ぶ。なお、南フランスの地方プロヴァンス (Provence) とは 全く別である。』 最後の一文に注意。

シャンパーニュ地方の穀倉地帯の中に突如として城壁に囲まれた街が現れます。
          WEBDSCN3360.jpg

まずは観光案内所に寄って地図をもらいます。何語がいいかと聞かれたので日本語をお願いしすると、日本語の観光ガイドを頂けました。


車から見えた城壁と門をくぐります。サン・ジャン門です。
          WEBDSCN3359.jpg

11時ごろだと思いますが、まだ観光客も少なく静かな古い街並みを散歩。街の中の建物が全てこういう石の基礎に木の柱に土壁を塗った建物です。普通に日常の営みが行われている家もたくさんあります。
          WEBDSCN3342.jpg

プロヴァンのシンボル、セザール塔(Tour Cesar)です。
シャンパーニュ伯爵家の権力のシンボル。12世紀に建設され、監視塔、牢獄、鐘楼など様々な役割を果たしたそうです。
               WEBDSCN3345.jpg

入場料を払って内部に。人ひとり通れるほどの狭い石の急な階段を上っていくと塔まで上ることができます。プロヴァンの街並みと、その向こうに広がるシャンパーニュの平原。
          WEBDSCN3354.jpg

お昼を食べて、市民博物館を見学。3時間半ほどの滞在でした。
世界遺産なので外国人観光客が多いかと思ったのですが、ほとんどフランス人でした。観光案内所、各施設、レストラン、すべてフランス語。最初に観光案内書で日本語パンフをもらうと楽かもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/12(火) 21:17:26|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Chateaux de la Loire:ロワールの古城 | ホーム | Velo: Longchamp>>

コメント

No title

シャンパーニュとはあのシャンパンで有名なところですか?伯爵の名前だったとは知りませんでした。
  1. 2011/04/13(水) 11:48:22 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
そうです。あのシャンパーニュという地方です。少し前にランスという街に行きましたが、そこにはシャンパンカーブがたくさんあるんですよ。
  1. 2011/04/14(木) 04:10:03 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

羨ましいです。フランスに住んでみたいなあ。
@メキシコ
  1. 2011/04/14(木) 10:20:14 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/648-87cfa5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ