misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書日記 『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』

Coaching Leadership

神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ
ダイヤモンド社 (2010/9/17)
著者:伊藤守 (著), 鈴木義幸 (著), 金井壽宏 (著)

内容紹介
上司と部下の関係の中で、チームやプロジェクトで、様々な人間関係で、ビジネスにおいてコーチングをいかに活かすか? コーチング・マインド、コーチングの3原則、コーチング・スキルといった考え方や基本から、企業における活用事例を通じて、いかにコーチングを活用するか、コーチングを身につけるかを探る。

  第1章 組織行動論とコーチングから新しい日本のMBAが生まれる
  第2章 コーチングとは何か
  第3章 コーチングの基本
  第4章 コーチングの技術的側面
  第5章 企業におけるコーチング導入の成果と エビデンスベースのコーチング
  第6章 企業の導入事例
  第7章 支援学
  第8章 エグゼクティブ・コーチング

神戸大学教授の金井壽宏、コーチ・エイの伊藤守、鈴木義幸 3氏の共著。
金井先生の「経営学の系譜における人と組織の問題への取り組み、とりわけ組織行動論の伝統を踏まえる中で、コーチングからどんな影響を期待するのか、考えていきたい。」という第一章から始まる。
第2章から第6章までは、伊藤氏、鈴木氏がコーチ・エイが提供するコーチングの理論、技術、事例を展開していく。

以前、コーチ・エイのコーチングトレーニングを研修で受けたことがあり、この本を読むことで再度、型を思い出すことができた。しかし、コーチングは人と人のコミュニケーションであり、すべてが型にはまるわけではない。実際のコミュニケーションは理論よりもはるかに多種多様、複雑。ただ、基本理論、技術をなにも知らず多種多様な日々の実践の場に置かれるよりは、少しでも知識を持った上で対処する方が良いだろう。

そういう意味でコーチング、職場でのコミュニケーションに興味がある人は読んでみると良いかもしれない。

コーチ・エイが提供しているメールマガジン(無料)も参考になります。http://www.coacha.com/
スポンサーサイト
  1. 2011/02/05(土) 17:48:51|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Foulee de Vincennes 10KM レース | ホーム | Reims ランス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/633-f4a2a399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ