misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

『歴史を紀行する』 司馬遼太郎

歴史を紀行する
歴史を紀行する<新装版>
司馬遼太郎 著
文春文庫 (2010年02月10日)


内容(「BOOK」データベースより)
幕末―松陰を筆頭に過激に突っ走った長州。西郷、大久保と大人の智恵を発揮した薩摩。容保を頂点とした会津の滅びの美学。危機の時ほど、その人間の特質が明瞭に現れる時はない。風土と人物との関りあい、その秘密、ひいては日本人の原形質を探るため、日本史上に名を留める各地を歴訪し、司馬史観を駆使して語る歴史紀行。

目次
1.竜馬と酒と黒潮と[高知] 2.会津人の維新の傷跡[会津若松] 3.近江商人を創った血の秘密[滋賀] 4.体制の中の反骨精神[佐賀] 5.加賀百万石の深い眠り[金沢] 6.“好いても惚れぬ”権力の貸座敷[京都] 7.独立王国薩摩の外交感覚[鹿児島] 8.桃太郎の末裔たちの国[岡山] 9.郷土閥を作らぬ南部気質[盛岡] 10.忘れられた徳川家のふるさと[三河] 11.維新の起爆力・長州の遺恨[萩]政権を亡ぼす宿命の都 12.12.政権を亡ぼす宿命の都[大阪]

感想
やはり司馬遼太郎の歴史と風土を結びつけた作品は面白い。自分がその土地に生まれ育っていたらどういう気質を持っていたんだろうかなどと考えてしまうと、やや司馬文学に傾倒しすぎかもしれないのですが、不思議とそう思いながら読んでいます。
この紀行文が書かれたのは1968年と40年以上も前なので、各地域の風土色が薄まっているのかもしれませんが、きっと根底に脈々と流れ続けて欲しい。やはり日本の歴史が作り出した各地の風土は無形の遺産のような気がします。
新装版は文字が大きくなっていて読みやすかったです。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/03(月) 12:39:08|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<Acheter en ligne: ネットで購入 | ホーム | Au debut d'annee: 年の初めに>>

コメント

No title

昨年でしたか、horiちゃんがこの本を読んでると聞いて、再読しました。
その後の「街道を行く」に繋がる兆しを感じさせる、紀行文ですよね。
しかしまぁ、司馬さんの博覧強記には、驚くばかりです。頭の中に、
どれほどの引き出しがあるのでしょうか。

ちなみに、最近読んだ 文春新書の 和田 宏 著「司馬遼太郎という人」は、
良い本でした。お薦めです。
  1. 2011/01/03(月) 21:10:45 |
  2. URL |
  3. kopa #-
  4. [ 編集]

>kopaさん
既に二回もお読みとは、kopaさんの司馬好き度もかなりですね。繰り返し読みたくなる気持ち良くわかります。
ご紹介の本、今度探してみます。いつもありがとうございます。
  1. 2011/01/04(火) 05:44:48 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

司馬先生の作品の中でも、この時代の物語は特に魅力を感じます。読んでみようと思います。
そしてYoshiさんの文章もいつも「美しいなあ」と魅かれます。
  1. 2011/01/05(水) 14:38:37 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

No title

そうそう。
飲み会の時僕が持っていて、次の飲み会の時にkopaさんが持ってました(笑)僕の感想もkopaさんと同じ。一体この人の頭の中はどうなって居るんだろう?
冒頭(土佐)からぶっ飛んでて、一気に引き込まれましたです。
  1. 2011/01/05(水) 21:34:39 |
  2. URL |
  3. hori #Qky26As2
  4. [ 編集]

No title

そうそう。NHKの坂の上の雲はご覧になられましたか?もし御入り用なら1~10をブルーレイでお渡しできますが。
  1. 2011/01/05(水) 21:36:55 |
  2. URL |
  3. hori #Qky26As2
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
確かこれは雑誌連載を単行本化したものだっとと思いましたが、一章ごとの分量が程良く、読みやすいですよ。
自分が書く文章は・・・日本語でしか出来ない曖昧表現たっぷりかな(笑)
  1. 2011/01/06(木) 05:53:53 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

>horiさん
そういえば結局、kopaさん、horiさんと司馬談義できてないですね。お二人の足元にも及びませんがいつか是非。
ブルーレイの件、ありがとうございます。機器が調達出来たらお願いするかもです。その時はよろしくお願いします。
  1. 2011/01/06(木) 05:56:34 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

フランス語で書くとこうなるのかな?
Le climat de chaque place que l'histoire japonaise a créé des touchers comme paraître être un héritage immatériel
奥様に採点頂いて下さい(笑)
  1. 2011/01/06(木) 10:03:43 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
フランス語勉強してたのですか?日本語を翻訳ソフトにかけたら同じ仏文が出てきました(笑)
  1. 2011/01/07(金) 06:19:29 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

ばれましたか(笑)
「日本の歴史」がl'histoire japonaise というのは英語に似ていますね。
  1. 2011/01/07(金) 13:45:35 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/628-9604652d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ