misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Voyage en Allemagne: ドイツ紀行 1

夏休みを利用してドイツの南西部をドライブで巡るという旅。見たこと感じたことを記録。

8月5日(水)

朝7時過ぎにパリの自宅を出て高速道路をひた走る。このところ涼しいというより寒いと感じる日が続いており、クルマの外気温表示が17℃を超えることはなかった。

今日の目的地はハイデルベルグ(Heidelberg)はフランスからドイツに入ってすぐの大きな都市マンハイム(Mannheim)の先にある。ドイツに近づいてくるとフランス国内の地名もドイツ語らしい表記の地名が多くなる。そして国境を越えてドイツに入って気がつくのは制限速度標識が減ること。初めて運転するアウトバーン。当然ドイツ車が圧倒的に多く、かなりのスピードで走っている。
         BDSCN2707R.jpg


ほどなくハイデルベルクに到着。高速を降りてからホテルに向かう道を間違ったりもしたが無事ホテルにチェックイン。レセプションは綺麗な英語を話す人たちばかり。大げさなようだが、フランスやスペイン、イタリアのホテルで聴く英語とは違う。そして、これはハイデルベルグに限ったことではなく、その後訪れた街全てに共通して言えた。ドイツ人は英語の響きの英語を話す。
              BDSCN2709R.jpg

少し休憩した後、街の散策に出かける。ホテルから街の中心部までは少し歩く。すぐに気づくのが、歩道がきれいで下を見て歩く必要がないということ。パリではいつも歩道に犬の落し物をよけながら歩くので、その心配が無いというのは新鮮。そして、自転車が多く、自転車専用パスがかなり高度に整備されている。本当に日常生活の足として自転車を利用している人が多い。
              BDSCN2713.jpg

コマーシャルストリートは1km近いのでないかと思うほど長い。そしてほとんがツーリストだと思うが、かなりの人が訪れている。これを抜けると聖霊教会を中心としたマルクト広場。
         BDSCN2717R.jpg
そしてハイデルベルグ城に向かうケーブルカー乗り場がその先にある。残念ながら城は18時までなので入城はできなかった。ネッカー川にかかる橋で有名な橋がカール・テオドール橋(Karl-Theodor-Bucke)。ここからハイデルベルグ城を眺める。
              BDSCN2728R.jpg
         BDSCN2733R.jpg

レストラン以外のショップは18時で閉店。スーパーマーケットも18時で閉まっていた。パリでは20:30まで空いてるんだが、ドイツはフランス以上に徹底している様子。18時を過ぎると先ほどまでにぎやかだった通りも人が減り、レストランのみがオープンしている。ガイドブックに載っていたドイツの地元料理のお店に入る。この辺りのお店はドイツ語、英語、フランス語のメニューがあるようだ。肉料理が中心。ザウアーブラーテン(Sauerbraten)をお願いする。付け合せのほうとうのようなヌードルもかなりの量がある。ドイツ料理はフレンチとは違って家庭的と言われるが、ボリューム、見た目、味ともにその表現がぴったりだと思う。
              BDSCN2738.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/08/11(水) 18:23:47|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Voyage en Allemagne: ドイツ紀行 2 | ホーム | Velo: le degraissage オイル落とし>>

コメント

No title

こんばんは、ハイデルベルグに行かれたのですね。僕も何度か行ったことがあります。うろ覚えですが、同じレストランで食べた記憶があります(?)。
英語、ドイツ語、オランダ語、北欧の言葉は、同じ語源なので彼らの英語はとても上手ですね。一方、フランス語、イタリア語、スペイン語はラテン語が語源なので、英語は下手ですが、逆に同じような単語が多く、旅先では比較的通じるので面白いです。やはりローマ帝国時代の名残でしょうか。高校時代、世界史を選択していませんでしたが、地名、文化、言語など興味深い繋がりがあり歴史の奥の深さを感じます。

ちなみにですが、同じベルギーでもフラマン語圏(オランダ語に近いです)の人は英語が上手ですが、フランス語圏のベルギー人の英語は下手ですね。とはいうものの日本人より上手ですが。

ところで、パリは20時過ぎまでお店があいているのでしょうか。私の街は、19時ジャストがスタンダードです。パリはやはり都会ですね。

  1. 2010/08/12(木) 06:32:11 |
  2. URL |
  3. アレアレ #Mx09nRN2
  4. [ 編集]

No title

パリの町並みもステキですが、ドイツの町並みは相変わらず可愛らしいですね☆
ヨーロッパの人の中で、ドイツ人が一番日本人に合う気がします☆ 多分几帳面さではヨーロッパNo.1だと思うのですが、欧州のビジネス中心になれない所が、いつも「何でだろう?」と疑問に思います
  1. 2010/08/12(木) 21:20:34 |
  2. URL |
  3. coisumi #-
  4. [ 編集]

>アレアレさん
こんにちは。ハイデルベルクでのレストランは持っていたガイドブックに載っていたお店でしたが、他にも日本人のお客さんがいましたので、日本人利用率が高そうですね。
ゲルマン系とラテン系の言語については、アレアレさんのおっしゃる通りですね。音としてはフランス語は他のラテン系の言葉と響きが違う気がするのですが、フランス語は訛りが強いということでしょうか。

パリのお店ですが、スーパーマルシェは20:30までのようです。最近は23:00まで空いている小型のマルシェも増えてきました。
ドイツはすべて18:00だったような気がします。
  1. 2010/08/13(金) 14:52:08 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

>coisumiさん
ドイツの街並みは綺麗ですね。道路を歩く時に下を見なくて良いのが良かったです(笑)
ドイツ人と日本人、確かに几帳面さでは似ていますね。ドイツ人とビジネスで接する機会も多いですが、頑固ですね。ドイツ人は皆マイスターかドクターなのかと思ってしまいます。
  1. 2010/08/13(金) 14:56:43 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/575-fd168d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ