misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Chantilly: シャンティイ

真夏の暑さを思わせる土曜日。パリから北東に一時間のところにあるシャンティイ城までドライブ。AutorouteのA1を北に向かいシャルルドゴール空港を過ぎてN7という出口で下りて、田園地帯を抜けると広大な森の中の直線道路。ロードバイクの集団もいくつか見かけた。森を抜けると突如、前が開けたらそこが目的地でした。
駐車場(3ユーロ/日、ただ林の中に適当に止めるだけですが)に車を止めて、城に向かいます。

写真はチケット(12ユーロ)を買った時にもらった案内ですが、広大な敷地に森、ルノートル庭園、池にたたずむ城が配置されています。

Domaine de Chantilly

『パリから電車で北へ30分程。美しい森の中にその城は佇んでいます。そのルネサンス様式の姿とは裏腹に、シャンティイ城の今の形が出来上がったのは19世紀後半のことです。複雑に入り組みながらも均整と調和のとれた建築。シャンティイ城はまた、フランスでも指折りのコレクションを誇るコンデ美術館として、毎年世界中から訪れる人々を、優雅に、そして堂々と迎え入れています。・・・・・』(www.museesdefrance.org より。こちらに詳しい解説と写真が紹介されています)

城に入り、コンデ美術館を見学。絵画室は19世紀の当時の様子とのこと。時代や画派が入り混じった配置になっており、ドラクロワやファン・ダイクの作品も所蔵されていました。

印象的だったのはステンドグラス。廊下の全面が写真のようなダークな色調のステンドグラスで物語の場面を表現しているそうです。
             WEBDSCN2457.jpg

さらに、オマール公の図書室。13000冊の蔵書。美しい写本が展示と壁を埋め尽くす革製本には感動。司馬遼太郎記念館の蔵書にも驚いたが、違った意味でこちらも感動。
         WEBDSCN2459.jpg

城とコンデ美術館の見学を終えて、シャンティイ競馬場方向に散歩。翌日、大きなレースが開催されるらしく、その準備が行われているようでした。
日本の競馬場とは大きな違い。競馬は貴族の楽しみです。
         WEBDSCN2467.jpg

この後、少し離れた中世の村を訪ねます。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/07(月) 20:10:59|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Senlis: サンリス | ホーム | Velo: Longchamp >>

コメント

No title

電車で30分で、こんなステキな所があるんですね!! 欧州は美術館が豊富で、本当に羨ましいです~☆

ところで、昨日ユーロが一時108円に下落しましたね!! 隣の部署(輸出部隊)はひーひー言っていましたが、、、そろそろヨーロッパ旅行に行かなきゃ♪って思ってしまいました(^^;
  1. 2010/06/08(火) 20:39:34 |
  2. URL |
  3. coisumi #-
  4. [ 編集]

>coisumiさん
パリから30km郊外に行くとフランスが農業大国であることを感じる景色に変わります。
いま、日本は印象派ブームですね。オルセー美術館からかなりの作品が日本に貸し出し中みたい。
為替・・・参ったね(笑)
  1. 2010/06/10(木) 04:39:36 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/553-1cb048fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ