misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Voyage en Italie (vol3) イタリア紀行 フィレンツエへ

少し間があいてしまいましたが。

4日目;12月25日(金)

ローマからフィレンツエへの移動日。クリスマスなのでお休みも多く、何も予定をしていない。

予めインターネットでTrenitalia(JR?)のユーロスターを予約しておいた。全席指定で一人37ユーロ。インターネットで予約してe-mailで送られてきた"confirmation"を印刷して乗りこむだけでとても簡単便利。

DSCN1917.jpg 【一度乗ってみたかったユーロスター】
11時45分テルミニ駅発。出発の15分前に電車に乗り込むとほぼ満席。全席指定なので席はあるのだが、スーツケースを置く場所がすでに一杯。家族で帰省やバカンスとなると、みなスーツケースで移動するので大変だ。隣の車両と、通路にスーツケースを一個ずつ置きようやく座席についた。次回ユーロスターを利用する時は一等車にしようと思うほど自分たちの車両は荷物で溢れていた。軌道が狭いのか、結構揺れながら徐々に山を登って行く感じで走る。フィレンツエは盆地らしいので、山を越えなければいけないのだろう。

予定通り1時間半でフィレンツエ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着。ホテルは駅に近いサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面しているGRAND HOTEL MINERVA、品の良いホテルで日本人にもかなり利用されているホテルのようだ。(朝食時のレストランでは半分位が日本人だった。)
ホテルのルーフテラスにはプールもあり、ここからドウモと街が見える。
DSCN1940.jpg 【教会とそれに隣接するホテル】

DSCN1921.jpg DSCN1920.jpg 
【ルーフテラスから眺めるドウオーモと街の瓦


今日は美術館も休館なので街全体を散策。ほぼ徒歩で回れる観光一色の街だった。歴史の教科書にも登場する15世紀に栄えたメディチ家とルネサンス芸術の街。

DSCN1930.jpg DSCN1928.jpg
【近くで見るとかなり大きい】    【サン・ジョバンニ洗礼堂】

DSCN1935.jpg DSCN1938.jpg
【フィレンツエ最古の橋 ヴェッキオ橋】


5日目:12月26日(土)

R0010628.jpg 【ウィフィッツ美術館】

まずはウィフィッツ美術館へ。恐らくこれはラッキーだったのだろう15分待ちくらいで入館できた。ボッティチェリ、ラファエロ、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチらの作品を鑑賞。描かれる人物が色彩や表情を持っているし、動きも伝わってくる。宗教・教会と生活が一体だった時代の宗教画の世界から考えると、このような変化は革新的だったんだということが認識できる。

午後はピッティ美術館(パラティーナ美術館)へ。歴代トスカーナ公のコレクションが展示されている美術館だが展示の方法が年代順や作家別ではないため、やや解りづらい。

ウィフィッツ美術館はかなりの日本人の方が団体で拝観されていたが、ピッティ美術館はではさすがに見かけなかった。
これら二つの美術館を回ることがこの日のメインだったので終了。

夜はサンタ・マリア・ノヴェラに面するトスカーナ料理のリストランテで特産のソーセージを頂いた。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/15(金) 22:08:57|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Voyage en Italie (vol 4) Pisa | ホーム | Voitures anciennes de Paris>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/01/17(日) 17:51:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

フィレンツェ...行きたい

あまり縁のないくせに、イタリア文化が大好きなもので、フィレンツェには一度は行きたいと思っています(トリノとは違った魅力があります)。

スイスの鉄道半額カードを持っているので、鉄道は大抵一等車を予約します。その大きな理由は荷物を置きやすいからです(荷物スペースがうんと広いのに、乗客そのものが少ない)。欧州の人はちょっとした旅行でもスーツケースを持ち出す場合が多いですからね。
  1. 2010/01/17(日) 20:58:49 |
  2. URL |
  3. こうちゃん361 #-
  4. [ 編集]

No title

フィレンツェは、一度ぜひ行ってみたいですねぇ。あとヴェネツィアと。
いずれも、しっかりと歴史を学んでからの方が、楽しめそうですが。。。

それにしても、何故、南欧の街の瓦は揃いも揃ってオレンジ色なんで
しょうか? ニースの街もそうでしたが。。。
  1. 2010/01/19(火) 00:32:07 |
  2. URL |
  3. kopa #-
  4. [ 編集]

>●●●さん
さきほどパリに戻りました。日曜日は成田空港でニアミスだったようですね。次に逢う場所は成田にしましょうか(笑)

>こうちゃんさん
返信が遅くなりすみません。
イタリアというと塩野七生作品を思ってしまいます。自分はほとんど読んだことがないのですが・・・

>kopaさん
屋根の色はなんでしょうね。土の成分なんでしょうか?
自分は最近、ヨーロッパ美術史についての簡単な本をかってみました。これで少しは理解できるようになればよいんですが。
  1. 2010/01/23(土) 16:28:10 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

Yoshi san,
先ほどアメリカに戻ってきました。行きは私も成田でニアミスのようでした。
山好き、ワイン好きにとって北イタリアは憧れの地です。いついけるかなあ。
  1. 2010/01/24(日) 09:23:20 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
お疲れ様でした。
梅太郎さんならイタリアのワインを堪能できますね。
  1. 2010/01/24(日) 14:52:08 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/500-57ca4558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ