misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Voyage en Italie (vol 2) イタリア紀行:ヴァチカン編

3日目:12月24日(木)

朝からヴァチカン市国へ向かう。クリスマス・イブなので混んでいるかと思ったが、サン・ピエトロ寺院のエントランスのセキュリティチェックも大した列ではなかった。カトリックの総本山なのに訪問者の1/3はアジア系、中でも中国人の団体ツアーを多く見かけた。折り畳み傘を旗代わりにしたガイドさんに連れられて歩いている集団は一種独特だ。
DSCN1879.jpg DSCN1883.jpg
【ヴァチカン広場からサン・ピエトロ寺院(左) 寺院エントランス(右)】

サン・ピエトロ寺院の内部は驚くほど大きかった。ステンドグラスではなく美しい絵(フレスコ画?)で装飾されている。石材が白いせいか、パリで見る協会よりも明るく感じた。
歴代教皇の名前が刻まれた石板の前でなぜか足が止まった。当然だが2000年続いている。
R0010566.jpg R0010573.jpg
【サン・ピエトロ寺院内部】      【歴代教皇名の刻まれた石板】



続いてヴァチカン美術館に向かう。ここも並ぶことなく入館することができた。
見学ルートはエジプト考古展示から始まるが、この美術館を訪れる人の最大の興味であるシスティナ礼拝堂にたどり着くまで、ヴァチカンの膨大な数のコレクションを見ながら1時間以上歩くことになる。さすがに、途中に設けられているカフェで休憩。

システィナ礼拝堂に入ると、礼拝堂を埋め尽くすほどの人が天井の「天地創造」を見上げ息をのんでいる。

システィナ礼拝堂
(ウィキペディアより)

礼拝堂を後にし、さらに続く展示物を眺めながら絵画館へと進む。ここにはラファエロ、ダ・ヴィンチらの絵(壁画ではない)が展示されているのだが比較的すいている。ここに来るまでにすでに相当な距離と時間なので、残念ながらここをショートカットする人も多いのだろう。

最後にミュージアムショップで我が家の本棚の展示物となるガイドブックを購入し、長い螺旋を下りヴァチカン美術館を終了。
DSCN1894.jpg 【美術館の大きさを物語る螺旋階段】



歩いてサンタンジェロ城へ向かう。古代ローマの遺跡(アドリアヌス帝の霊廟)、10世紀以降はヴァチカンの要塞とされた。周囲には五稜郭のような堀が巡り、壁には鉄砲や大砲に使ったような穴が空いている。テラスからの眺めも素晴らしい。
DSCN1905.jpg DSCN1901.jpg
【ヴァチカンの要塞サンタンジェロ城】     【テラスからヴァチカンを臨む】

ここから最寄りのメトロの駅までもかなりの距離を歩き、ホテルに着いた頃にはぐったりモードだった。クリスマス・イブの日の夕食。目当てのリストランテに向かったがお休み。お店は半分くらいが休みのようだった。折角歩いた道を戻り、テルミニ駅周辺のリストランテをあたるが休みの店が多い。偶然前を通ったリストランテのメニューを覗くと魚も充実していて、迷わず入る。さすがに肉ばかりだったので魚が食べたかった。ガイドブックを手にして入ってくるお客さんが多いので、いろいろな国のガイドブックに載っているお店なのだろう。シーバスも美味しかったし、デザートのパンナコッタもしっかりした固さが良かった。

DSCN1910.jpg 【ホテルのツリー、生リンゴがオーナメントに】
スポンサーサイト
  1. 2010/01/09(土) 13:00:28|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Voitures anciennes de Paris | ホーム | Voyage en Italie (vol 1) イタリア紀行・・・ローマ編>>

コメント

No title

Yoshiさん
イタリア紀行楽しみにしていました!
テネシーでYoshiさんに出会った頃に家内とイタリアを旅しました。礼拝堂の「天地創造」は強く印象に残っています。
ところでVoyageは旅という意味ですかね?
  1. 2010/01/10(日) 10:21:37 |
  2. URL |
  3. 西院梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん
梅太郎さんのイタリア旅行覚えてますよ。アイスを食べてた写真が記憶に鮮明です(笑)
voyageというのは旅のことですね。よく、ボンボヤージュ(良い旅を)というやつです。
  1. 2010/01/11(月) 01:31:45 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

No title

サン・ピエトロ寺院、システィナ礼拝堂、サンタンジェロ城 … 
懐かしい!!
ローマは京都と一緒で、長期滞在すればするほど、さらなる
奥深さを感じられる街ですよね。

あ、パリもそれに近いのかな?
  1. 2010/01/11(月) 18:58:57 |
  2. URL |
  3. kopa #-
  4. [ 編集]

No title

やはり中国人パワーが世界中を席巻してるんですね。

でも人種の洋の東西を問わず団体のおじさんおばさん達ツアー客を乗せたバスは沢山走ってますよね。

僕は個人でヨーロッパ旅行をしたんですけど、日本人観光客のおじさんおばさん達が僕を観るたびに「あれ、日本人じゃない?」って小声が聞こえてくるのが結構うんざりした記憶があります。
  1. 2010/01/11(月) 19:50:48 |
  2. URL |
  3. hori #Qky26As2
  4. [ 編集]

>kopaさん
ローマを楽しもうと思うとキリスト教についての知識がないといけませんね。これがあれば違った見方が出来るのにと思うことしばしばの旅でした。
ps:新車おめでとうございます!

>horiさん
最近はヨーロッパを旅行する日本人はリピーターが多く個人で動かれることが多いようです。
中国の人はツアーが多いみたいですね。でも、かなりお金持ちなんだろうなあ・・・
  1. 2010/01/12(火) 05:32:40 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/499-e9b2ae11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ