misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書日記:『誰のための会社にするか』

少し前に読んだ本の紹介です。
誰のための会社にするか

『誰のための会社にするか』 岩波新書

【著者】ロナルド・ドーア(Ronald Dore) 
1925年英国ボーンマス生まれ。戦時中に日本語を習って、1950年に初めて日本に留学した時以来、ロンドン、ブリテイッシュ・コロンビア、サセックス大学開発問題研究所、ハーバード、MITの諸大学で教鞭を取りながら、主として日本の社会経済構造の研究および日本の経済発展史から見た途上国の開発問題の研究に専念してきた。

【内容】(「BOOK」データベースより)
 どうすれば「正直でダイナミックな経営トップ」を確保できるか。アメリカ型の統治制度は日本に馴染むのか。「理想像」に沿った企業のありようとは?過去十数年の間に株価至上主義へと急激にシフトしつつある日本企業の現況を鮮やかに描き出し、問題提起する。長年、日本をつぶさに見続けてきた著者による、鬼気迫る警世の書。

【感想】
 経営学の研究者でもなく、日本人でない著者が、日本人以上に日本的経営をアメリカ型の経営と精緻に比較しながら主張を展開していく。適宜、事件や公表されている資料をベースに展開する著者の主張は説得力がある。 
 会社をそのときどきの株式所有者のために存在するという株主主権論に対して警告を発している。従業員の経営への参画など日本的経営を準共同体組織として見た時に有効なコ-ポレートガバナンス論を著者は示唆している。
 非常に読みやすく、単に経営学のみならず、日本の社会学までカバーする本著は楽しく読み進められる一冊です。

---------------------------------------------------
■著者からのメッセージ(本書より)
 原稿を読んでくれた友人のコメント;「資本主義も、コーポレート・ガバナンスも、『本来の姿なんてない』といっているところが一番痛快だった」と言ってくれました。本の題を「会社は誰のため」などでなくて、『誰のための会社にするか』としたのはまさに、それを強調したかったからです。会社のあり方は――特に、会社が創造する価値(いわゆる付加価値)が、株主と従業員と、銀行と、(税金の形で)国庫の間でどう配分されるかは――政治的選択の問題です。 と同時に、その社会でどういう思想が「思想的制空権」を握っているか――会社法という仏にどのような魂を入れているか――にもよります。株価維持を世の社長たちの最大関心事にして、“静かなる株主革命”を固めたのは、頻繁に起こり始めた敵対的買収です。むかし、山師の業だった乗っ取りが、「活発なM&A活動」の一環として、紳士も当然使えるビジネス手法となったことです。 しかし、エルビス・プレズリー宅へお参りまでする総理を始め、アメリカかぶれの政府当局ほど、一般国民の思想はそう変わっていないとおもいます。額に汗を流して働いている人たちが、村上世彰氏の逮捕を見て、手をたたいているのは、彼がうっかりしてインサイダー取引を一回したからではない。彼の日ごろのマネーゲームの儲け方への反発だと思います。それなら、制度を変えればいい。より健全なステークホルダー資本主義への道について、僭越ながら、最後の章でいくつか提案を試みました。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/02/16(土) 15:47:31|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<TMR コソ練行って来ました。天気最高! | ホーム | 横浜市歴史博物館 『青葉の村々と矢倉沢往還』>>

コメント

日本の最大の問題点は国家としての戦略を考え、構築し、実行に移すための機関がないことだと思います。経済産業省OBの方の話をきいたら、見事に現状分析はできているのですが、じゃあどうするの?がないんですね。政治家は国のためより自分のことしか考えてないし(そういう人しか政治家にならないし)。
そうとう、やばい状態になっているようですが、そういう自分も政治には全く無関心だったりして。批判できる立場ではありませんが...
  1. 2008/02/16(土) 18:51:58 |
  2. URL |
  3. バイクオヤジ #-
  4. [ 編集]

■バイクオヤジさん
コメントありがとうございます。日本は戦略的に中長期の視点で考えるより、目先の権益に振られてものごとが決まっていくようでなりません。10年後は国際社会の中でどうなっているんだろうと、、、
最近『XXの品格』という本がはやりですが、政治家の品格や、官僚の品格なんてのも出そうですね。
  1. 2008/02/16(土) 20:34:38 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

会社は誰の為のものか?って奥深いテーマですよね。いつもなんとなく考えてはいるものの、深堀せず答えが出ないままでいます。帰国したら読んでみようと思います。自分なりの答えを出すきっかけになるかも知れませんので。
  1. 2008/02/17(日) 01:43:19 |
  2. URL |
  3. ヴァナック #8TUh42OA
  4. [ 編集]

面白そうですね

Yoshiさんが紹介する本は興味をそそられる本ばかりですね。老舗企業の本、よみましたよ。この本も読んでみます。
会社は誰のためか、、、時代の価値観により変わりますよね。時価総額という価値観も10年後にはどうなっているかわかりません。財務分析で言えば、好況期には「成長性」が重視されて不況期には「安定性」が重視されるのと同じような感じがします。
あえて答えをだせと言われれば僕なら「顧客の為」です。顧客満足と従業員満足は同意語だと考えています。なので「顧客の為」ということは「従業員の為」ということにもなります。
エラそうに書いちゃいました。失礼しました。
  1. 2008/02/17(日) 03:16:09 |
  2. URL |
  3. 西院 梅太郎 #-
  4. [ 編集]

■ヴァナックさん
最近のCSRも時価主義偏重の経営に対する疑問から出てきている面もあるのだと思いますが、かといって大きなうねりとなることもないでしょうし、難しいテーマです。
ただ、何となく今は少しバランスを欠いているように感じています。
また、いろいろと世間話でもしましょうね。

■梅太郎さん
>Yoshiさんが紹介する本は興味をそそられる本ばかりですね。
こう言っていただけるとうれしいです。この本は何となく近所の図書館で見つけたので読んでみたのですが、きっと梅太郎さんのツボにはまると思いますよ。
顧客、従業員、取引先、地域も株主と同じステークホルダーですから、皆が満足できるような経営が理想とは言え、極めて難しいテーマです。
おっしゃるように、時勢によって軸足のバランスが微妙に変わっているんだと思います。
難しいねえ。
  1. 2008/02/17(日) 14:10:40 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/199-7a9763cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ