misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書日記: 『個人主義とは何か』

ISBN978-4-569-69233-3.gif


 お正月休みに読みましたが、頭が筋肉痛になる類の本です。そういう思索の時間を求めている方にはお薦めです。

出版社:PHP新書
著者:西尾 幹二
評論家、ドイツ文学者。1935年東京生まれ。東京大学文学部独文科卒業、同大学大学院文学修士、文学博士。ニーチェ、ショーペンハウアーの研究、翻訳を出発点とし、文学、教育、政治、国際問題など幅広いテーマをめぐる旺盛な評論活動を展開。近年、その主要な関心は、明治以後の西洋中心史観を排した新たな日本史像の確立へと向かっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【概要(本書カバーより)】
 グローバリゼーションが進む現代もなお、日本人は西洋の価値観に囚われているのではないだろうか。われわれが用いる"個人"や"自由"といった周知の概念が、そもそもは「輸入品」である。本書では、日本特有の個と社会のあり方について、諸外国の文化と比較して考察する。いまも強い訴求力をもって読者に迫る、人間の懐疑と決断を真摯にみつめた思想家の原点。
一九六九年の発刊以来、五十版近くを重ねた名著『ヨーロッパの個人主義』がよみがえる。復刊にあたり、新たに三十ページを加筆した完全版。 

【目次】
第1部  進歩とニヒリズム(封建道徳ははたして悪か;平等思想ははたして善か;日本人にとって「西洋の没落」とはなにか)
第2部  個人と社会(西洋への新しい姿勢;日本人と西洋人の生き方の接点;自分自身を見つめるための複眼;西洋社会における「個人」の位置;日本社会の慢性的混乱の真因;西欧個人主義とキリスト教)
第3部  自由と秩序(個人意識と近代国家の理念;東アジア文明圏のなかの日本;人は自由という思想に耐えられるか;一九六八年の危惧—旧版あとがき)
第4部  日本人と自我(日本人特有の「個」とは;現代の知性について—あとがきに代えて)

【感想】
 第一部から第三部までは講談社現代新書として1969年に発刊されており、今回第4部が加筆されてPHPから新書で発刊された。本来、新書はこのような内容の評論を多く納めていたのだろう。1969年当時、著者が33歳でこの思想書を執筆したことに驚いた。内容、文体ともにかなり高度(少なくとも自分には)であり、哲学、宗教の若干の知識がないと容易には理解できないのではないでしょうか。自分は何度も同じ文章を読み返すこともありました。

 著者自らも書いているように、大学入試問題に引用されることも度々あるようで、まさに大学入試の難しい評論文を265ページ読んだということで精一杯でした。

 氏の考え方に対しては様々な見方があるようで、それは各々が判断すれば良いのだと思います。
40年経って、インターネットの普及や経済のグローバル化で日本とヨーロッパの距離感は変わっている。根源的にはヨーロッパと日本における「個と社会のつながり」の違いは変わらないのだろうが、自分自身の感受性の低さゆえ、著者が述べているレベルでの差を実感できていないような気がしました。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/01/15(火) 12:32:24|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<『カサブランカ』 を観ました。 | ホーム | Megane初車検>>

コメント

最近本が読めなくなりました

ちょっと前までは、通勤時間は読書の時間でした。図書館から借りまくって週に2冊くらいは読んでました。が、iPodを買ってからもっぱら通勤時間は音楽を聴きながら半ばうたた寝の時間になってしまいました。副作用ですね。
  1. 2008/01/15(火) 22:05:42 |
  2. URL |
  3. バイクオヤジ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

■バイクオヤジさん
通勤時間は貴重な時間ですね。電車で本を読むのはオンとオフの切り替えになっていいです。座ると即睡魔に襲われるのですが。。。
週に2冊というのはかなりのペースで読まれているんですね。
  1. 2008/01/15(火) 22:22:33 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

これは難しそうですね

大学受験時代、最も苦しんだのが現代文でした。四谷での授業、その後日比谷図書館で自習。もう出来ないです。もうちょっと大人になってから読んでみようかな。Yoshiさんは何で読んでみようと思ったのですか?
  1. 2008/01/20(日) 11:26:17 |
  2. URL |
  3. 西院 梅太郎 #-
  4. [ 編集]

リベンジですよ

■梅太郎さん
現代文の受験勉強って大変ですよね。できる人は勉強しなくても高得点とってるし。
この本はたまたまブックオフで発見したのですが、西尾幹二という著者名が目に留まったんです。『国民の歴史』を途中まで読んで投げ出してしまったのでリベンジしてみたということでしょうか。たまに、こういう思想ものを読むのもいいですね。いつもビジネス関係と、歴史関係に偏ってしまうもので。
  1. 2008/01/20(日) 16:09:46 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

著者からでしたか

歴史関連で知った方だったのですね。私も読むのはビジネス関連、歴史関連、自転車関連(Yoshiさんのブログ)に偏っています。違うジャンルもいいかもしれませんね。
  1. 2008/01/20(日) 23:28:05 |
  2. URL |
  3. 西院 梅太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/178-29c9aa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ