misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

『写真家 ソール・ライター展』 伊丹市立美術館

ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展
Saul Leiter : A Retrospective

GW前半、実家に帰って昼間これといってやることもなく、市立美術館で企画展を開催しているのを知り行ってみた。

2018042912100000.jpg

『1950 年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍するも、80 年代に商業写真から
退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。しかし2006 年、ドイツのシュタイデル社から出版された
作品集をきっかけに再び脚光を浴び、世界的なセンセーションを巻き起こします。時にソール・ライター83 歳。相
次ぐ展覧会開催や出版にとどまらず、2012 年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で
見つけた13 のこと」(日本公開は2015 年)が公開されるなど、その名前と作品は多くの人々の知るところとなります。
そして待望の日本初回顧展を、昨年の東京会場につづき、関西で開催いたします。ニューヨークのソール・ライター
財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)をはじめ、絵画作品やスケッチブックなどの貴
重な資料を含めた約200 点を一堂に紹介します。「私たちが見るものすべてが写真になる」というライター自身の言
葉にもあるように、日常のなかで見過ごされがちな一瞬のきらめきを天性の色彩感覚でとらえ、「カラー写真のパイ
オニア」と称された伝説の写真家の軌跡に迫ります。』(美術館の案内より)

昨年、Bunkamuraで開催されたようですね。
格好いい写真の数々でした。
伊丹市立美術館、これからも頑張って!
スポンサーサイト
  1. 2018/05/01(火) 16:06:04|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ランニング:徳生公園池のその後 | ホーム | 『今をえがく書かながわ』 そごう美術館>>

コメント

日本はGWですね。
こちらは5/1と5/8が祝日です。
来週・再来週あたりからプラハ生活をアップしていきます。
  1. 2018/05/01(火) 17:32:47 |
  2. URL |
  3. 才 梅太郎 #-
  4. [ 編集]

>梅太郎さん

ヨーロッパの国も5月は祝日が多いですね。
プラハ生活日記待ってますよ!
  1. 2018/05/02(水) 18:09:15 |
  2. URL |
  3. Yoshi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/1298-180b04b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ