misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書 『無私の日本人』 磯田道史

無私の日本人

『無私の日本人』
磯田道史 
文春文庫 2015/6
2015年8月25日 読了

内容(BOOKデータベースより)
貧しい宿場町の行く末を心底から憂う商人・穀田屋十三郎が同志と出会い、心願成就のためには自らの破産も一家離散も辞さない決意を固めた時、奇跡への道は開かれた―無名の、ふつうの江戸人に宿っていた深い哲学と、中根東里、大田垣蓮月ら三人の生きざまを通して「日本人の幸福」を発見した感動の傑作評伝。

感想
著者は歴史学者でNHKの歴史番組にも出演されたりしている。『武士の家計簿』が映画で話題を呼んだが、著書を読むのは初めて。古文書を丁寧に読みこんで小説を書かれているんだなということがわかる。
これまで取り上げられたことがない江戸時代に生きた3人の無私な生き方を、丁寧に小説にされた磯田先生。江戸時代に生きた日本人の心の清らかさに感動しました。
思わず他の著書も買ってきました。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/06(日) 21:00:26|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気がつけば彼岸の入り | ホーム | 自転車;梨を買いに40KM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miscyoshi.blog87.fc2.com/tb.php/1094-9b26f7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ