misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

ランニング:雪柳満開の川崎月例マラソン

昨日は名門『東京よみうりカントリークラブ』でラウンドする機会を緊張しながらも楽しくラウンド。すべて歩きのラウンドなので、アップダウンをかなり歩いて今朝は膝がだるい。

今月はランも自転車もあまり出来てないので、重い膝を押して川崎月例マラソンへ。朝は空気が冷たいかんと思って走り始めたら、すぐに汗ばんできてウェアの選択を誤ったようだ。
丸子橋から多摩川に入ると河川敷の雪柳が満開。
サイクリングロードを下りて河川敷の雪柳ロードで会場へ。
会場周辺、そして月例のコースも雪柳回廊。
2015032902.jpg
2015032903.jpg

気持ち良く風景を愛でながら走るぞ、と思ったものの走り始めるとそんな余裕は無く・・・
3KM+5KMを段々ペースを上げながら、久しぶりに一生懸命走った満足感を得ました。
5KMが終わったところで急に風は強くなり空が急変。大急ぎで帰路に。今日は天気予報通り。
自転車は往復39KM。

この雪柳、延々数キロ続いていて圧巻でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/29(日) 17:56:18|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラジオ講座も新年度

201503211657.jpg
いよいよ年度替わり。
書店には語学講座のテキストが山高く積まれ、購買意欲がそそられる時期。
来週から新年度の講座がスタートしますが、取りあえずこの2種類を購入。

『実践ビジネス英語』 2014年度もネットのストリーミング放送で大体聞けたかな。『やさしいビジネス英語』の頃から杉田敏先生には20年以上(途中抜けた年もあるが)お世話になってるラジオのビジネス英語講座。真面目に取り組めばこれだけで、かなりの情報量なんですが、自分はながら聞きが多いので、今年はもう少し真剣に聞いてみるかと思ったり。

『まいにちフランス語』。こちらは取りあえず買ってみた。2014年度はほとんど勉強しなかったので、忘却曲線進行中・・・
一週間に1時間分くらい、何とか勉強したら!と自問自答。一か月続くかな?
  1. 2015/03/28(土) 20:45:14|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日ランチ:割烹SEKIDO

今週奥さんの誕生日だったので、日曜日のお昼に食事に。
今回はあざみ野に1年半前にオープンして、気になっていたけど行けていなかった、割烹SEKIDOさん。
スペインで経験を積まれたオーナーシェフの洋のテイストを加えた和食。
     2015032203.jpg

白を基調に落ち着いた木目を生かした店内に、クラシックが聞こえてとても落ち着ける。しかも半個室のような席に案内してくださったので、とても贅沢な空間。
料理も季節の食材をふんだんに使ったオーナーの拘りの数々。煮物とホタルイカの炊き込みごはんはルクルーゼの鍋で出てくるのも粋な感じ。ワインも充実。

案内されたテーブルはこちら。(写真byお店)
20150322sekido.jpg
コースで提供されるカマンベール入り茶碗蒸し(写真byお店)
20150322sekido2.jpg

家から歩いて数分のところに良いお店がありました。次はカウンター席でオープンな雰囲気もいいかも。
  1. 2015/03/22(日) 20:26:56|
  2. その他の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車:お彼岸過ぎれば

OCR号で散歩程度の予定で考えていたら、前輪パンクに朝気づき、一か月ぶりのロードバイクに切り替え、長袖のインナーとジャージに薄めのタイツで走り出す。
暑さ寒さも彼岸まで、の言葉通り、今朝は寒さは感じない気温で、快適、快適。

みなとみらいまで走ろうと思っていたのですが、出発が遅れてしまい、お昼に遅れられない用事があるので、でみなとみらい行きを諦めて東神奈川で新横浜経由の帰路に。

日産スタジアム。開幕から勝ちのなかったマリノス、今日漸く初勝利。元気出してもらわないといけません。
2015032202.jpg

結局、中途半端に40km。
自転車に快適な季節はゴルフの季節と重なるのが困りもの・・・。
次はいつ乗ることやら。
  1. 2015/03/22(日) 19:53:11|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランニング:花桃の丘

今週も結構ハードな一週間終了。おとといは就寝中に脚が攣って週末に影響が出るかと思ったけれど、幸い軽かったので、雨上がりの今朝はランニング。
気分を変えていつもとは違う方向へ走ってみることに。自転車では時々走るあざみ野のから北へ向かうコース。平坦なところは余りないのだけれど、この時期是非寄ってみたい場所を探しながら、保木から元石川の農業専用地区への坂を一生懸命上るとありました。『花桃の丘』。
園芸用の花桃栽培畑。今が見ごろを迎えていて、カメラを持って散歩する人が大勢。
2015032108020000.jpg
広範囲にわたって花桃が栽培されていて圧巻な光景。
あざみ野・たまプラからわずか3KMほどでこんな桃源郷のような風景が残されているとは素晴らしい。

ここからはすすき野方面経由であざみ野までランニングなわけだが、途中小雨が落ちてくるし、アップダウンしかない地域。走った距離は10kmちょっとだったが、かなり脚に来たランでした。
  1. 2015/03/21(土) 17:49:46|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフ:小田原湯本カントリークラブ

今日は小田原湯本カントリークラブ。三枚橋から左へ上って行ったところにある山岳コース。トリッキーだよと事前に聞いていたけど、かなりのものでした。
両サイドOBかワンペナが続き、さらにグリーンの奥もOBだったりと設定されている。地形を活かした巧みなコース設計ということだそうですが。

小田原湯本

INスタートでいきなりティ-ショットOB、2ホール目はセカンドがコロコロ転がり崖下へのワンペナなど・・・苦しいスタート。
IN:57/OUT:50
これで収まって良かった、良かった。
スタート時間が早かったので帰りの東名渋滞もさほどではなくラッキーでした。
  1. 2015/03/15(日) 18:04:27|
  2. ゴルフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランニング:春・・・

やっと怒涛のような一週間が終わったという感じで迎えた睡眠不足の土曜日の朝。
天気予報を見ていると、急に天気が崩れるかもしれないという予報なので、今朝はランニングでいろいろな花の咲き具合確認しておこう。
疲れがたまって睡眠中に脚が攣りそうになったので、入念にストレッチ。

桜の蕾もだいぶしっかりしてきた。
2015031408210001.jpg
桃は満開。
2015031410440000.jpg
2015031410450000.jpg

こんな景色を眺めながらランニングでストレス解消。
走るのは単純な作業なので、頭はいろいろと考えるみたい。考えたくない仕事のこととか・・・これ一番多い、奥さんの誕生日が今週だったことを思い出したり、GWまで一か月半だとわかって嬉しくなったり。
気持ちの良い一時間半でした。
  1. 2015/03/14(土) 20:02:35|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冴えない週末

3月に入って週末の天気がさえないなあ。
先週も確か雨だったが、今週も。

土曜日は職場の有志でゴルフ会。前日夕方に幹事が天気予報をくまなくチェックして、朝まで雨は残るがスタート時間には上がるという予報を信じて決行。朝、箱根に向かって東名を走っていたら電話が入り、昨晩の雨は箱根では雪だったらしくゴルフ場がクローズ。大井松田から引き返し家に戻ったものの、雨だからランも自転車も無理だし、結局、睡眠不足を補うように惰眠。

日曜日も朝から小雨。
午後雨が上がったので、港北NTのJTBにGWの旅行相談。ネットで安く予約すれば手っ取り早いのだが、マイルを交換したJTBクーポンを使うためにわざわざJTB窓口へ。
順番待ちのお客さんがすごい数。景気回復感があるんでしょうか。
しばらく待っても一向に進まず、時間がもったいないので今日は諦めて撤収。今度は開店時間目指して来よう。

そんな土日で、組んでいた予定がどれも終わらず途中で中止続き。何とも冴えない週末でした。
3月は天気が変わりやすいけど、週末に雨続きは残念。
  1. 2015/03/08(日) 20:31:09|
  2. その他の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日本人にとって聖なるものは何か 神と自然の古代学』

日本人にとって聖なるものとは何か

日本人にとって聖なるものは何か 神と自然の古代学
中公新書 (2015/1/25)
上野 誠

解説
一神教とは異なり、日本人にとって神は絶対的な存在ではない。山岳や森林をはじめ、あらゆる事物が今なお崇拝の対象となり得る。遠くさかのぼれば、『古事記』に登場する神々は、恋をするばかりか嫉妬もし、時に寂しがり、罪さえも犯す。独特の宗教観や自然観はどう形成され、現代にまで影響を及ぼしているか。「カムナビ」「ミモロ」などのキーワードを手がかりに記紀万葉の世界に分け入り、古代の人びとの心性に迫る。

目次
序章
第1章 神と地名の古代学
第2章 原恩主義の論理
第3章 「モリ」に祈る万葉びとたち
第4章 「カムナビ」と呼ばれた祭場、聖地
第5章 神の帯にする川
第6章 ミモロは人の守る山
第7章 畏怖と愛惜とい感情
第8章 人と天皇と神と
終章

感想
日経新聞の書評欄で紹介されていたのを記憶していて、成田空港の本屋で目に入ったので何となく購入。著者の上野誠氏の名前を知らなかったし、古代・神話の世界というのは、リアリティーが無いように思えてこの分野の本は選択肢に入らないのだけれど、日本人と神の関係とは何かなと思い読んでみた。
上野誠氏は奈良大学教授で歴史学や考古学、民俗学を取り入れた万葉研究をされている先生で、メディアでも活躍されている方です。
日本人が持つ山や川、草木にも神が宿るという多神教の霊性は、日本人だからか読んでいて自然と腑に落ちるところあり。『日本書紀』『古事記』『万葉集』などからの引用も訳文による解説もあり、それまで歴史の教科書でしか知らなかった神話の世界にも少し触れることができた。
登場する地名は奈良を舞台にしているものが大半。もしその場所を訪れたら、感慨も深いのだろう。まさに日本的思考の源泉を探る旅。
  1. 2015/03/01(日) 19:54:28|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ