misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書日記:『動乱のインテリジェンス』

2013052901.jpg

動乱のインテリジェンス
新潮新書
著者:佐藤優・手嶋龍一

解説(表紙より)
著者の預言どおり、世界はにわかに動乱の季節を迎えた。日本周辺海域の波はことさら高い。「北」のミサイル、空母を持った中国、混迷の中東、通貨危機とTPP、そして黄昏れゆく日米同盟――。報道レベルを数段超えたインテリジェンスで「今そこにある危機」を分析しつつ、縮みゆく日本を毅然として回復させる道筋を示す黙示録的一冊。日本最強の外交的知性がぶつかり合った、高カロリー対談。

感想
自分が普段あまり読まないジャンルの本なのだが、きっかけは手嶋龍一さんの講演を聴く機会が最近あり、興味を持ったので最新刊を手にしたというというのが経緯。
読んでみて、この対談集は読む価値ありでした。いろんな立場や考え方があるとは思うが、外交の最前線でその舞台裏を見てきた二人のインテリジェンスによる対談録は一気に読めます。
中国の外交、TPP・・・新聞を読んだりニュースを見たりするときにも、これまでより少し深く考えることができるかも。そんな示唆を与えてくれる本でした。
お薦めの一冊です。
現阿部政権前に出版されているので、出版された以降の世界情勢に対する見方が知りたいと思っていたら、しっかり対談が企画されていました。(手嶋龍一オフィシャルサイト
残念ながら参加できませんが、いずれ何らかの形で知ることができればと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 22:41:54|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結局、今週末はランニングだけに・・・

日曜日は天気もそこそこ良くて涼しいそうだったので自転車の予定にしていた。朝7時半には準備完了。マンションのエントランスでロードバイクにまたがりクリートを、嵌らない・・・ もう一度、嵌らない。もしやと思うと右のシューズにクリートが付いてない。笑うしかない状況。先週の珍事でクリートは廃却処分にしたまま、すっかり忘れていたのだ。
友達と走る約束をしていなかったのがせめてもの救い。

お間抜けな自分に笑うしかないのだけど、部屋に戻って気持ちをランに切り替え。

土曜日も夕方少し走ったので二日連続になる。昨日はインターバル走などというものをやってみた。
金曜日の日経新聞で一面使って紹介されていたのでね。フル・ハーフの時間別にインターバル走の400mと1kmのペース、更には目標心拍まで取り上げられていて、かなり本格的な内容。
定期的にランニング特集記事が金曜日に出ている。これを読んで週末走るモチベーション上げるおじさんも多いことだろう。

2013052601.jpg

土曜日
適当に自己流なインターバルトレーニング。苦しくなったところでジョグに切り替えるような走り方なので効果は疑問・・・ 6.18km

日曜日
マイペースでいつものコースをランニング・・・12.9km

予定外に二日続けてランになり、19.1km と、まあ結構走れたので結果オーライでしょう。
  1. 2013/05/26(日) 20:53:46|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

PARIS、パリ、巴里-日本人が描く1900-1945

久しぶりに美術館へ。『PARIS、パリ、巴里-日本人が描く1900-1945』というタイトルの企画展、行かないわけにはいきません。家内とは前から行く約束をしていたのに企画展終了まであと2週間。約束を無事果たしました。
          2013052505.png

京橋にあるブリヂストン美術館。実は初めて。
        2013052502.jpg

1900年代前半にパリを訪れ、パリで学んだ日本人洋画家の作品を石橋美術館とブリヂストン美術館のコレクションを中心に展示されている。比較的すいていたこともあり、藤田嗣治、佐伯祐三など自分でも名前を知っている日本人洋画家の作品もゆっくり鑑賞することができた。
またそれぞれの絵の解説文は、作家のパリでの活動や師事した画家がわかり紹介されていて勉強になりました。

美術館の常設展示も印象派、ポスト印象派の作品を多数展示されていて、こちらも楽しむことができました。近代絵画を中心とした企画展を頻繁に開催しているようなので、また訪れたい美術館です。


美術館の後は銀座(のはずれ)でランチ。銀座長寿庵(銀座一丁目)で名物鴨せいろ。ほとんどのお客さんが鴨せいろを注文していたが、確かに美味でした。
  1. 2013/05/25(土) 21:05:18|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴見川三昧の週末bike&run

土日の日記をまとめてアップ。

土曜日。
自転車で走るには本当に気持ちの良い季節。これも梅雨入りまでだけど。日曜は横浜月例まらそんの予定なので土曜の午前はロードバイク。
行先も特に決めずに7時過ぎに出発。取りあえず鶴見川を下ることにする。ランニングの人が多いので、「右通りまーす」とか声をかけながら追い風にも乗って快調にR1まで。さて、ここからどこに行くか?
よく走る鶴見川だが、実はこれまで河口まで行ったことがない。一度は終点まで行っておくべしと、更に下流に進む。途中工事個所もあったり、左岸・右岸どっちを走ればよいのか迷いながらとろとろとポタリングモード。

辿り着いたのがここ。貝殻の破片で敷き詰められた鶴見川河口干潟。この先は企業の私有地で工場なので、自転車ではここまで。
2013051801.jpg

帰ろうと自転車に乗ったら右足のビンディングが嵌らない・・・ ペダルとシューズを見るとトンデモナイ匂いのものがクリートにびっしりと。犬猫のものじゃない強烈な匂い。砂や地面にこすり付けながらビンディングが嵌るまで削ぎ落したものの意気消沈しながら上流に向かい帰路に就く。

家に戻るやシューズを玄関外で脱いでクリートを外して厳重に包んで廃却。シューズとペダルは最後はキッチンハイターで洗浄。それにしても何を踏んだのだろう。


日曜日
横浜月例まらそんで鶴見川新横浜公園。前回は確か3月だったのであれから2か月。月日が経つのは速いなあ。
8時半ごろ会場についてふらふらと歩いていると、名前を呼ぶ方がいてびっくり。パリでお世話になったご夫妻とここでばったり。パリでは時々ランニングイベントでご一緒したご夫妻が、先日に帰国され初参加とのこと。本当うれしい偶然。
今日くらいの気温だとランはだいぶしんどくなってくる。夏場に走って秋からのシーズンに備えるというのはわかっているんですがね。

自転車
土曜日:63km
日曜日:26.8km

ラン
日曜日:9km(1+5+3) 5kmは24'40 辛うじてキロ5分切り。

  1. 2013/05/19(日) 18:09:00|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

航続可能距離

今日は夏日の予報だったのでロードバイクで走ろうと6時前には起きたのだが、昨日のお腹の不調のせいかあまり体調がすっきりせず、こういう時は自転車はNG。集中力を欠くと危険なので。
急きょ朝ランに変更。

Tシャツ、短パンでOKの季節になった。走り始めてすぐに汗。雨上がりに強い日差しは初夏の様子。
30分走ると水分補給必須。7/11で今年初のガリガリくん。キウィ味は売り切れでソーダ味で我慢。発売早々に商品を切らすとは・・・・、コンポタ味と同じ状況になるのか?需要予測と供給能力管理はしっかりね。

早淵川-港北NT-都筑緑道 と走って、11.3km。気温20度で1時間走るとぐったり。

週末デュアリスを点検入庫でディーラーに預けている間の代車としてLEAFを借りてます。初めての街乗り利用で試乗体験。

静粛性は言うまでもなく、加速の良さはガソリン車を超えている。走り始めるとまったく違和感なく、普通にクルマを運転している感覚。

2013051205.jpg

EVの航続距離は急速な技術改良で改善していく。
一方、自分のランの航続距離は進歩がない。
  1. 2013/05/12(日) 17:32:40|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

読書日記:日本人のための世界史入門

日本人のための世界史入門

日本人のための世界史入門
新潮新書
著者:小谷野敦

解説(表紙より)
いつから日本人は世界史が“苦手”になったのだろう。“コツ”さえつかめば、世界史ほど面白いものはないのに―。「物語のない歴史は退屈である」「日本人にキリスト教がわからないのは当然」「中世とルネッサンスは何が違うのか」「フランス革命の楽しみ方」…。歴史の“流れ”を大づかみするための補助線を引きながら、古代ギリシアから現代までを一気呵成に論じる。一冊で苦手意識を克服できる、便利な世界史入門。

感想
本屋では平積みでベストセラー扱い。気になったので買ってみたが、事前にもう少し調べておけばよかったというのが率直なところ。
一冊丸ごと著者の歴史放談であり、何か主題を持って書かれているというものでもない。著者の雑学博識はすごいが、批判的な文章も多く読んでいてあまり気持ちの良いものではない。
タイトルが『日本人のための世界史入門』となっているが、これはタイトルを変えたほうが良いのではないかとさえ思う。
売れている本だけにAMAZONのレビュー数も多いが大半が星ひとつ。自分も同意。
それでも日経新聞で気軽に読める世界史の本の第6位で紹介されていたりするから、読み手によって捉え方はだいぶ違うのかも。
  1. 2013/05/08(水) 23:04:34|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロードバイクで皇居まで

昨日(日曜日)は6時半スタート。
昼前には戻らないといけないので80kmほどの行先を考える。多摩川羽村堰のつもりで出発し、すぐに気が変わって早朝は都心は人も車も少なそうなので皇居へ。

車は少なくて走りやすい。丸子橋から中原街道からR1経由で都内へ。
国会議事堂をバックに写真を撮ろうと思ったが、パトカーとお巡りさんがしっかりガードしていたので遠慮してしまった・・・
皇居到着。皇居を周回する自転車は数台見かけた程度、ランナーも多分いつもの日曜日よりは少ないのだろう。

2013050501.jpg

2013050502.jpg

3周ほど気持ちよく周回していると徐々に観光バスを見かけるようになってきた。これからは混雑する時間に入るので撤収。

73.2km
GW休みに自転車に乗ったのは2回だが、自分としては最近になく結構走ることができました。
  1. 2013/05/06(月) 17:42:18|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW後半は人込みを歩く・・・

5月2日に実家から戻るときに両親を一緒に乗せて来たので、GW後半は普段の休日とは違う過ごし方に。
昨年はスカイツリー見物に行ったので今年はどこに行きたいのかと尋ねると、母親からのリクエストは「歌舞伎座」。
やや年齢層高めの人たちで大賑わい。歌舞伎座をバックに写真を撮る人たちで歩道は大混雑。両親はここで撮った写真を早速携帯電話の待受け画面にに設定したり・・・
2013050301.jpg

パリのオペラ座、銀座の歌舞伎座と言われるように外国人からの認知度も上げてほしいですね。

その後は上野で家内の母親も入って食事し、急きょ大宮方面の母親の家に皆で行ったりと相当な移動距離。父親は帰りの電車でぐったりお疲れモード。

3日は午後の新幹線で帰るので、その前に横浜へ。デパートの食品売り場で楽しそうにお土産探しをする母親とは対照的に父親は「もう勘弁して・・・」状態。
ゴルフではあんなにスタスタと歩くんだが、どうも買い物は勝手が違うようで。

よく歩いた3日間、きっと楽しく過ごしてくれたでしょう。
ずっと面倒を見てくれた家内にも感謝。
  1. 2013/05/05(日) 20:02:37|
  2. その他の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW中盤は

GW中盤、平日並びの3日間だが自分はお休みモード。
高速道路の渋滞もないので実家に帰省。目的は久しぶりに父親とゴルフをすること。

父親と叔父さんとの3人。二人のシニアは月一以上のペースでラウンドをこなし、シニアゴルフライフを楽しんでいる様子。
自分はいつものようにグリーン周りで無駄にたたき、さらに難しいグリーンに3パット連発。
ムダ・ムラ・ムリを減らすことがスコアをまとめることだということをシニアお二人に教わりました。
2013050101.jpg

気兼ねなく回れ、楽しみながら親孝行といったところ。
そして両親を車で横浜に連れて戻ってのGW後半戦。
  1. 2013/05/02(木) 22:27:29|
  2. ゴルフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ