misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Recensement: 国勢調査

Recensement de la population。日本でいえば「国勢調査」といったところでしょうか。
数日前にアパートの郵便受けに調査票と封筒とメモ(字がきたなくて読めない)が入っていました。
内容は、世帯ごとの調査票が1枚、個人別の調査票が家族の人数分です。

         DSCN3278.jpg

うちの奥様曰く、暫く前に同じ調査票を調査員が届けに来たので、回答記入して渡したというのです。ということは、調査員が失くしたか、台帳がいい加減、記入不備があったか?
住民票のような仕組みがないので、誰がどこに住んでいるかを正確に把握できていないでしょう。運転免許証の交付の時も、電気料金の請求書の住所で住所確認ですから。

調査の質問項目はそれほど変わったものはなかったですが、調査員から、ちゃんと提出してくださいね、という電話がかかってきたらしい。どうやって家の電話番号がわかったんだろう?
スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 09:34:38|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jogging: 日曜日のセーヌ沿い

最近FC2ブログの調子が悪いのか、この日記も写真がアップできなかったり、ここ数日友達のブログにアクセスできなかったりという状況です。まあ、無料で使わせてもらっているので文句も言えませんが。

気がついたらセミマラソンまで2週間。前日まで海外出張予定なので当日は時差ボケ間違いなし。それに当日まで走れないかもしれないので、今朝頑張ってセーヌ沿いを10km。日曜日は河岸の道路の一部の区間が車通行止めになり、自転車と歩行者に開放されるので、気持ち良く車道を走れます。
これが東京ならロードバイクがたくさん走りそうですが、ほとんど見かけることはありません。完全にランナーに開放されているという感じ。ランナーもちらほらという感じですから、全くストレスフリーです。皇居や駒澤公園とは大違い。

1OKM弱走ったら右膝に違和感。21km走れるのか不安です・・・
  1. 2011/02/20(日) 13:33:17|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Jogging: 相変わらず週末だけ

この一週間なぜか忙しく、オフィスに買い置きしてあるエナジーバーで朝昼の補給を済ませる乱れた食生活が続いたので、案の定、土曜日の朝は起きるのが辛かった。

しかい、先週の10km走の感じからして4週間後のセミマラソンは推して知るべし。もう少し練習しないとねえ・・・一番いいのは週に何日か走ることだとわかっていても、そこまで自分に厳しくなれないので相変わらず週末のみで4週間が過ぎそう。



セーヌ川沿いに走ってサン・ルイ島あたりを左に折れるて進んで行くと、工事中の大きなビル?と見える建物が出現。これがポンピドウー・センターだった。実は近くで見たのは初めてかも。この建物、現代美術が収蔵されているそうです。出来た時には、周辺の景観とは相容れないので賛否両論だったとか。(写真はウィキペディより)

        CentrePompidou.jpg

10km位走ったところで右膝が痛くなってきた。先週のレース後は左膝だったので、次から次へと違う場所が痛くなるもんですね。
結局、1時間半、15km程のラン。これでもハーフの2/3ですから。21kmは遠い・・・

東京の国立新美術館でポンピドー展が始まったようですね。
  1. 2011/02/12(土) 18:15:50|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Claude Monet son musee

           DSCN3270.jpg

先月までグランパレで開催されていたモネ展と並行して、16区にあるマルモッタン美術館でもモネ展が開催されていました。2月20日まで。

Monet ; son musee
外国人(フランス人以外)の訪問も多いのでしょう、展示説明パネルも仏語と英語の2種類が用意されていました。

フランスのみならず世界各地の美術館でモネ作品は所蔵され、大きな展覧会も同時に開催されたりするし、一体、生涯にどれだけの作品を描いたのだろう。
  1. 2011/02/10(木) 23:59:18|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Foulee de Vincennes 10KM レース

2月6日(日) 久しぶりのランニング大会。パリ東部のヴァンセンヌの森の中を走る10kmレースに参加。
          DSCN3268.jpg
ヴァンセンヌ市役所前がスタート&ゴール。

10kmレースのスタートは10h45ですが、ゼッケンの受取に時間がかかるかもと思ってやや早めに会場に到着。
e-mailで送られてきていた確認証のプリントアウトを見せると、受付のマダムが「Gabriel?」と聞いてくる。どう見てもガブリエルという顔には見えないだろうと、「YoshiXXXX」だけどと言うと、「あら、問題ね。壁に貼ってる紙を見て番号を確認してきて」と言うので、確認すると違う番号で登録されてました。再びマダムに新しい番号を伝えると、その番号に自分の名前が書かれてたました。しかし、本当いい加減だなあと思いながらも、こういうことには慣れてしまっている自分も怖い。。。

スタートは人も多くスロースタートしたにも関わらず、3km位で苦しくなり始め、5km過ぎたころからどんどん抜かれる。競歩の選手にも抜かれてしまった。

Lap 1km 5'27"
Lap 2km 5'12"
Lap 3km 5'07"
Lap 4km 5'12"
Lap 5km 5'32"(補給)
Lap 6km 5'35"(靴紐とける)
Lap 7km 5'35"
Lap 8km 5'24"
Lap 9km 5'27"
Lap 10km 5'40" (靴紐とける)
手元計測では:54'10"
それにしても、2回も紐結びなおしとは無駄も多いなあ。

そして、これを目指して走った完走メダル。
          DSCN3269.jpg

一月後にはセミマラソン。ハーフの距離は走るには6分/km以上は必要そう。
  1. 2011/02/07(月) 21:09:06|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

読書日記 『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』

Coaching Leadership

神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ
ダイヤモンド社 (2010/9/17)
著者:伊藤守 (著), 鈴木義幸 (著), 金井壽宏 (著)

内容紹介
上司と部下の関係の中で、チームやプロジェクトで、様々な人間関係で、ビジネスにおいてコーチングをいかに活かすか? コーチング・マインド、コーチングの3原則、コーチング・スキルといった考え方や基本から、企業における活用事例を通じて、いかにコーチングを活用するか、コーチングを身につけるかを探る。

  第1章 組織行動論とコーチングから新しい日本のMBAが生まれる
  第2章 コーチングとは何か
  第3章 コーチングの基本
  第4章 コーチングの技術的側面
  第5章 企業におけるコーチング導入の成果と エビデンスベースのコーチング
  第6章 企業の導入事例
  第7章 支援学
  第8章 エグゼクティブ・コーチング

神戸大学教授の金井壽宏、コーチ・エイの伊藤守、鈴木義幸 3氏の共著。
金井先生の「経営学の系譜における人と組織の問題への取り組み、とりわけ組織行動論の伝統を踏まえる中で、コーチングからどんな影響を期待するのか、考えていきたい。」という第一章から始まる。
第2章から第6章までは、伊藤氏、鈴木氏がコーチ・エイが提供するコーチングの理論、技術、事例を展開していく。

以前、コーチ・エイのコーチングトレーニングを研修で受けたことがあり、この本を読むことで再度、型を思い出すことができた。しかし、コーチングは人と人のコミュニケーションであり、すべてが型にはまるわけではない。実際のコミュニケーションは理論よりもはるかに多種多様、複雑。ただ、基本理論、技術をなにも知らず多種多様な日々の実践の場に置かれるよりは、少しでも知識を持った上で対処する方が良いだろう。

そういう意味でコーチング、職場でのコミュニケーションに興味がある人は読んでみると良いかもしれない。

コーチ・エイが提供しているメールマガジン(無料)も参考になります。http://www.coacha.com/
  1. 2011/02/05(土) 17:48:51|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ