misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書日記:『子どもたちに語るヨーロッパ史』

kodomoEurope.jpg

『子どもたちに語るヨーロッパ史』 ちくま学芸文庫
ジャック・ル・ゴフ 著
前田耕作 監訳
川崎万里 訳

【内容】
現代フランスを代表する歴史家が、若い世代に贈る、歴史への招待状。ヨーロッパの地理的条件から説き起こし、古代から現在までの重要な出来事、画期的な人物な発明、今につながる大切な思想などを、たくさんのエピソードとともに綴った前半『子どもたちに語るヨーロッパ』と、とくに著者のフィールドである中世史について、知って楽しいさまざまな事柄を、対話形式で自由に語った後半『子どもたちに語る中世』、どちらも歴史を初めて学ぶ人たちによくわかるよう、むずかしい用語や概念を使わず、やさしい口調で説き明かす。中学生から大人まで幅広い読者に歴史の魅力を伝える、とびきりの入門書。

【目次】
子どもたちに語るヨーロッパ(徒歩でヨーロッパからアジアへ)
ヨーロッパは存在するか/ヨーロッパという家族/歴史が地理に生命を与える/最小の大陸 ほか)
子どもたちに語る中世(中世―期間について:“よき”中世と“悪しき”中世
騎士、貴婦人、聖母/城塞と大聖堂/中世の人びと―聖職者と一般信徒、領主と農奴、都市住民、商人と職人、旅人と巡礼者、貧者と病人/権力者たち―王、教皇、皇帝 ほか)

【感想】
現代フランスを代表する歴史家である著者がフランス語で書いたものを日本語訳されたもの。この本を読むにあたっては、これがフランス人向けに書かれたものであるということを踏まえて読む必要があるでしょう。
「子どもたちに語るヨーロッパ」「子どもたちに語る中世」という2編の著作が入っているが、原題では前者(aux jeunes)と後者(aux enfants)と対象読者年齢がやや異なるようです。

もし歴史事実を詳細に知ることが目的であれば、この本はその期待にはあまり答えてくれないかもしれません。フランス人の歴史家が、ヨーロッパの子供たちに何を伝え未来の方向性を示しているかという視点で読む本のような気がします。

次のようなメッセージが記憶に残りました。
・ヨーロッパはもともと多様な民族からなるが、それらがキリスト教と封建制という共通の空間になりヨーロッパが形成された。
・ほぼ全員がキリスト教徒であり、教会が中心となる共同体空間での中世の生活。
・十字軍は軍事力による勢力拡大という精神を生み、現代にもつづく不幸な結果を生んだ。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/06/26(土) 13:54:40|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Velo:Il fait froid (寒い)

6月も後半だというのにこのところ寒くて薄暗い日が続きます。今日もパリの最低気温は10℃。最高気温も15℃。コートを着て歩く女性の姿もよく目にします。

朝、雨が降っていなかったのでLongchampにロードバイクで。ジャージは当然、長袖&タイツ、さらにウィンドイブレーカーという冬装備。走り始めてすぐに後悔したのが指きりグローブ。冬用にするべきでした。いくら走っても指は暖かくなりません。

自分が走り始めた8時半ごろはまだ自転車乗りも少なかったが、徐々に増え一時間も経つと、大きな集団がいくつも出来ていました。自分も集団に入れてもらって10周。風が強かったので体感温度は低く、結局、ウィンドブレーカーを着たまま。

緩い下り坂から右カーブのコーナーの様子。
         DSCN2518.jpg

今日気になったのがこちら。自分が集団の後方を走っている時に後ろから大きな音がすると思ったら、こちらのローラー陣でした。サイクルジャージの背中には「Longchamp Roller Team」というロゴ。しかも英語で・・・。集団の後ろをずっと追走してました。
これからはローラーの人たちとの共存が必要なようです。
         DSCN2525.jpg

本日の走行距離:43.6KM
  1. 2010/06/20(日) 19:42:18|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Diplome:完走証

IMG_0001.jpg

先週の10kmレースの完走証がサイトからダウンロードできるようになっていたので、記録として残しておきます。
55分は切れていたので自分では満足な結果でしたが、順位はかなり下の方でした。これ以上大きな進歩はなさそうな感じですが、マイペースで続けてみます。

今朝は雨で道路が濡れていて自転車は無理。午後はオランダ戦TV観戦です。
  1. 2010/06/19(土) 10:03:19|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Course du Chateau de Vincennes

レース当日。曇り時々晴れの天気。朝の最低気温は11℃とやや肌寒かったですが、走るには暑いより寒い方がいいですね。

会場に9時に到着(スタートは10時)するとすごい人数です。ゼッケン番号から推測すると申込者は3900人ほどのようでした。
昨日もらったTシャツのサイズ交換をお願いに、ゼッケン引換所でお願いしてみたもののSサイズはもうないと言われ諦めることに。もともと小さいサイズの数は少ないんでしょう。

         DSCN2505.jpg

気を取り直して準備をしながら、水分補給とマグネシウムを補給。スタート地点はここから数百メートル離れた場所なので移動しスタートを待ちます。もちろん申告タイムで大まかにスタート場所が分かれるので、後方に位置どります。スタートラインはかなり前方の様子。
スタート前のMCとテンポの良い曲にランナーの皆盛り上がりが最高になったところでピストルの音でスタート。のろのろと歩くようなスピードで進みスタートライン通過。スタート直後はいつものように大混雑。さらにこのコースは森の中の小道を走る区間が何箇所かあり、そういうところでは隣のランナーの肘と交錯したり。

キロ表示がなかなか現れず、あるいは見落としたのか、初めて発見したのが4KMポスト。かなり喉が渇いてきたので、給水ポストまであと1KMと言い聞かせ給水所到着。時計を確認すると、ここまで5分15秒/KMで走っている計算、明らかにオーバーペース。心拍が下がらないわけです。少々休憩し・・・再スタート。ここからは長く感じます。しかも、ラップ計測のボタンを押した時に誤って時計表示をおかしくしてしまいタイムが不明に・・・

8KMポストからは、ペースを上げる結構な数のランナーに抜かれました。普段走り込んでいる人との差は歴然でした。城が見えてきて、城の門の石畳を上り、漸くゴール。ゴールに設置の公式時計では55分38秒だったようですが、自分の時計での実質タイムは計測できず残念。それにしてももう少し走らないと後半の失速からは抜けだせません。

         DSCN2509.jpg

今回の完走メダル。なかなか恰好良しです。
メダル欲しさに他のレースにもチャレンジしてみたくなるんですよね。
              DSCN2511.jpg
  1. 2010/06/13(日) 16:54:07|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Retrait dossards:ゼッケン受取

土曜日の朝、道路を見ると濡れているので残念ながら自転車は無理。ということで明日ヴァンセンヌの森で行われる10KMランニングレースのゼッケン引取りにヴァンセンヌの森に向かいました。パリの西端から東端まで移動するのでメトロを乗り換え、乗り換え、約1時間。

会場はまさにヴァンセンヌ城の中でした。
DSCN2485.jpgDSCN2489.jpg

掲示板に張り出された参加者リストの中から自分の名前を見つけて、自分のゼッケン番号を係のマダムに伝え、ドクターのサインした『走って大丈夫ですよ』という証明書コピーを渡して、ゼッケン引取る手順。
自分のゼッケン番号は4ケタ「ドゥミル・ヌフソン・XXXXXX」とゼッケン番号をフランス語で一人で何度か練習して、いざ。大きな数字は大変です。
          DSCN2488.jpg
参加記念Tシャツのサイズがもらえるので「プティ=Sサイズ」を頼んだのに、家に帰って確認するとMサイズが袋に入ってました・・・こんなものですね。明日レースの前に交換してもらわないと。
転ばないように完走目指して頑張ります。

そしてこの後、ヴァンセンヌの森の中でとてもマニアな世界の見本市が開催されていたので覗いてきました。これはまた後日。
  1. 2010/06/12(土) 21:05:49|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Senlis: サンリス

シャンティイから東へ車を走らせ田園風景を抜けます。『鹿に注意』の標識があるので注意して走っていると、道路を悠々と鹿が渡っている光景が・・・このあたりは貴族の狩り場だったのでしょうか。

10キロほどで『Senlis(サンリス)』という街があります。中世の面影を残す街。
ここに街が出来た起源はケルト人の頃に遡るそうですが、紀元前3世紀頃のガリア・ローマ人が築いた城壁が今の残るそうです。その後も、カロリング、メロヴィング朝時代のフランク王たちの滞在地でもあり、中世の佇まいが残っていながら観光地化されていない街です。

観光案内所がノートルダム聖堂の隣にありますが、12:30-14:00までは昼休みでクローズ。自分たちが到着した時間はこの休み時間帯だったので街の案内書も地図も無く、のんびりと街を散策。

             WEBDSCN2476.jpg

          WEBDSCN2474.jpg

どこも石畳の道。建物の壁や道路に緑や花で飾られています。


サンリス観光局 日本語のガイドあり。
  1. 2010/06/09(水) 20:41:11|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chantilly: シャンティイ

真夏の暑さを思わせる土曜日。パリから北東に一時間のところにあるシャンティイ城までドライブ。AutorouteのA1を北に向かいシャルルドゴール空港を過ぎてN7という出口で下りて、田園地帯を抜けると広大な森の中の直線道路。ロードバイクの集団もいくつか見かけた。森を抜けると突如、前が開けたらそこが目的地でした。
駐車場(3ユーロ/日、ただ林の中に適当に止めるだけですが)に車を止めて、城に向かいます。

写真はチケット(12ユーロ)を買った時にもらった案内ですが、広大な敷地に森、ルノートル庭園、池にたたずむ城が配置されています。

Domaine de Chantilly

『パリから電車で北へ30分程。美しい森の中にその城は佇んでいます。そのルネサンス様式の姿とは裏腹に、シャンティイ城の今の形が出来上がったのは19世紀後半のことです。複雑に入り組みながらも均整と調和のとれた建築。シャンティイ城はまた、フランスでも指折りのコレクションを誇るコンデ美術館として、毎年世界中から訪れる人々を、優雅に、そして堂々と迎え入れています。・・・・・』(www.museesdefrance.org より。こちらに詳しい解説と写真が紹介されています)

城に入り、コンデ美術館を見学。絵画室は19世紀の当時の様子とのこと。時代や画派が入り混じった配置になっており、ドラクロワやファン・ダイクの作品も所蔵されていました。

印象的だったのはステンドグラス。廊下の全面が写真のようなダークな色調のステンドグラスで物語の場面を表現しているそうです。
             WEBDSCN2457.jpg

さらに、オマール公の図書室。13000冊の蔵書。美しい写本が展示と壁を埋め尽くす革製本には感動。司馬遼太郎記念館の蔵書にも驚いたが、違った意味でこちらも感動。
         WEBDSCN2459.jpg

城とコンデ美術館の見学を終えて、シャンティイ競馬場方向に散歩。翌日、大きなレースが開催されるらしく、その準備が行われているようでした。
日本の競馬場とは大きな違い。競馬は貴族の楽しみです。
         WEBDSCN2467.jpg

この後、少し離れた中世の村を訪ねます。
  1. 2010/06/07(月) 20:10:59|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Velo: Longchamp 

日曜日。前日の天気予報で天気は下り坂、午後は雷雨という予報。予報通り空はどんよりしていたのですが、昨日自転車に乗れていないので、10時までには戻る予定で出発。こういう時は近場のロンシャン競馬場周回。

さすがに8時前だとコースを走っている自転車もまばら。暫くすると陽が射してくることもあり、徐々に自転車乗りも増えてきた。競馬場入口ゲートにはレースの予定が出ています。
               DSCN2478.jpg

周回していると空がだんだん暗くなってきて、今すぐ雨が落ちてきてもおかしくない感じになってきたので撤収。一時間も走っていなのに残念。
            DSCN2479.jpg

家まであと1KMというセーヌ川にかかるグルネル橋を渡っていたら、いきなり強風が吹き始め嵐がスタート。ヘルメットに「カチン、カチン」という音と、腕と足に雨粒が当たると「痛い」という感じ。雹でした。そして激しい雨に変わり・・・信号待ちの長く感じること。家についたころにはずぶぬれでした。

欲張ってもう少しロンシャンで走っていたら、大変なことになってたようです。

本日の走行距離:31.9KM
  1. 2010/06/06(日) 15:46:00|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Velo/Jogging note de mai 5月の記録

29日(土)、masaさんに誘っていただきST.GERMAIN EN-LAYE(サンジェルマン・アン・レイ)までサイクリング。パリから北西に、SURESNESの丘を越えて、さらに最後に丘を登ると到着。4月10日に車で行った時に次回は自転車で行きたいと思ったのが早々に実現しました。ただ、道路は幹線道路で交通量と信号が多く、日本の幹線道路を走っているのと同じ感覚。
写真は、masaさんとの集合地点に向かう途中のブローニュの森、公園の至る所がローランギャロス開催中は駐車場となっています。
           WEBDSCN2445.jpg


5月の走行記録。まだ肌寒く、長袖ジャージで走っています。

======================================
5月 4日 ロンシャン競馬場     42.8KM
5月22日 Gyuancourt-Chevreuse  70.8KM
4月24日 St. Germain-en-Laye   44.2KM
======================================
                Total      157.8KM
これ以外にも、横浜でTMRの仲間としばしの時間を過ごしたり、パリ出張のメンバーと夕食を共にしたりと充実した月でした。

5月のランニングは28KM・・・
6月13日にヴァンセンヌの森で10KMのレースがあり、つい勢いでエントリーしてしまったので来週末は走り込み?
  1. 2010/06/01(火) 00:11:33|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ