misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Running: Planet Jogging 10km

4月25日(日)。10kmのランニングイベント会場のブローニュの森、メトロでPorte d'Auteuilに向かいます。日曜朝の空いた車内はランニングシューズの人たちばかり。皆さん同じ場所に向かってるようです。

10kmのレースは広大なブローニュの森の中を走ります。参加者は2400人くらいでしょうか。芝生の広場に設置された受付や荷物預かり所など、森の中にやってきたという感じです。仮説トイレの数が少し足りないように思いましたが。

          WEBDSCN2299.jpg

これがスタート&ゴール地点。このイベントはナイキが協賛してるんですね。これは9時半ごろですが日射しは十分強く、スタートは10時なのでかなり暑くなりそうです。
              WEBDSCN2298.jpg

自分はスタート地点への集合コールギリギリまで水分補給して、荷物を預けて移動。エントリー時に自分のタイムを申告したのですが、それに応じたゼッケンの色でスタート位置が区分けされていました。自分は1時間で申告したので一番後ろのグループでした。スタートの合図を待っている時に、昨日ロードバイクでご一緒したY夫妻と運良くお会いすることができました。

10:00 スタート。
参加者が20000人と少ないのでスタートライン通過までは1分ほど。自分はこれが2回目のランニングイベントで、10kmという距離はどれ位のペースで走れるのかわからない中でスタート。周りのペースが速い!スタート直後が下りということもありますが、こんなペースだと10kmもたないなあという感じ。1kmのラップが5m10sという、これまで走ったこともない速さ。レース前に摂取したOVERSTIMが逆戻りしてくるかと思いました。

こんなペースで3kmまで通過。シューズの紐が解けたので歩道で結びなおして深呼吸。さっきのペースには戻らないけど心拍も下がってきたので、ようやく自分のペースが見つかった感じでした。

気温が高いので喉が渇いてたまらない。5km地点の給水所で補給。LAPを見ると5m30s位で走ってるいるらしく、残り5km、頑張って1時間を切ろうと自分を鼓舞。

残り2kmからが長く感じました。最後はスパートという気持ちはあっても体が動かない。脚は動くのですが、暑くて呼吸が苦しくてスパートなんてかかりませんでした。

ゴール通過後に完走メダルをもらって、何だかご満悦。メダル欲しさでまたエントリーしそうです。
自己計測タイム:55m22s (平均ラップタイム 5m32s)
公式リザルトが発表されてますが、これで後ろから2/3。自分が遅いのは事実ですが、フランス人速くない??
レース終了後にパリ在住日本人グループの方ともお話できたのですが、刺激を受けました。

              WEBDSCN2305.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/04/25(日) 18:01:58|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Velo: La banlieue de Paris パリ郊外

朝晩は冷えますが、晴天の日が多くなってきていよいよ自転車で走るのが気持ち良い季節になりました。
今日は家内のお友達で、ご夫婦でサイクリストの方と3人で久しぶりに郊外へ。ミラボー橋で待ち合わせ。初めてお会いするので緊張します。簡単にご挨拶をして走り始めます。

ヴェルサイユを抜けて、丘陵地のアップダウンを楽しみながら、途中、一面の菜の花畑が現れたりと気持ちの良いサイクリングでした。

         WEBDSCN2296.jpg

本日の走行距離:54.9KM

家に戻ってから明日のランニングイベントのゼッケンを引き取りに、凱旋門の少し先にあるランニング専門ショップ『Planet Jogging』へ行ってきました。フランスのスポーツイベントでは必ず『Certificat Medical』という医者が走っても良いと証明した書類を提出しないとゼッケンがもらえない仕組み。すべて自己責任、大会運営側には責任は無いよということの担保かもしれませんが・・・
この書類とゼッケンのやり取りの窓口はフランス人の中年女性が3人。ちょっとハプニングがあったのですが、相手は全く英語を話しません。家内に助けられたて無事ゼッケン受取り。ランチという名目で誘い出して正解でした。
さて、明日の目標は10KM完走・・・
              WEBDSCN2297.jpg
  1. 2010/04/24(土) 18:04:48|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Parc de Sceaux: ソー公園

晴天の日曜日、フライトがキャンセルになったための予定外の休日でしたが、家内がお友達と出かける予定にしていた『お花見ピクニック』に一緒に行ってきました。

場所はパリの南郊にあるソー公園。ちょうど一か月前にMasaさんと自転車で向かったけどたどり着けなかった公園です。造園家ル・ノートルによる設計の庭園で広さは200ha以上だとか。公園内の一画に100本を超える桜の木が綺麗に植栽された場所があり、ここがパリ近郊の日本人と日本好きフランス人のお花見のメッカだそうです。

それにしても広大な庭園です。
          planparc.jpg

中央の運河(川?)は釣りもできるそうですが、一周すると3KMあります。
             WEBIMG_3945.jpg

公園内を歩いて歩いて、漸く辿り着いた濃いピンクの桜の木の広場。どこか郷愁を覚える風景。飛び交う会話は日本語とフランス語が半々というところです。ビニールシートの上でワイン、チーズ、ハム、おにぎり、おいなり・・・・
草の根の日仏友好親善です。
          WEBDSCN2294.jpg

飛行機の機影を全く見ないパリの空。夏の日差しでした。
今度はこの運河の周りをランニングしてみようと思います。
  1. 2010/04/18(日) 20:35:45|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Fermeture Aeroports; 空港閉鎖

『Due to the cloud of volcanic ash from Mount Eyjafjallajokull (Iceland), the French Civil Aviation Authorities (DGAC) has ordered the closure of Paris-Charles de Gaulle and Paris-Orly airports until Monday April 19th at 6:00 AM UTC (08:00 AM Paris local time).
Air France requests its passengers not to go to the airports.(Airfrance HPより)』


アイスランドの火山噴火による影響でのヨーロッパの空港の閉鎖。パリシャルルドゴール空港は最低でも19日月曜日の朝までは続くようです。この週末からの出張予定は急遽キャンセル。

飛行機を使って移動を予定していた人への影響も甚大ですが、航空貨物も動けないんでしょうから色々なところに支障が出てきそうですね。

さて明日は予定外の休日となりました。
  1. 2010/04/17(土) 20:06:14|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Velo: Versailles

日曜日、約6カ月ぶりに郊外へロードバイクで出かけました。パリマラソン観戦のために9時半には戻らなければならないので、行先はヴェルサイユ往復のみ。

WEBDSCN2251.jpg WEBDSCN2248.jpg
右の写真、ここから先は『自転車禁止』。折角裏口を見つけたのに残念。

片道15KMで着いてしまうので少し物足りなく、帰りはChavile - Meudonを抜ける急坂ルートを走りました。平均8%で約1KM。途中、15%を超えるところでは脚付きしたくなるほど、久しぶりの坂道は辛かったです。

何とかギリギリ、マラソン観戦に間に合いました。

本日の走行距離:31.0KM
  1. 2010/04/14(水) 20:44:16|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Marathon de Paris: パリマラソン

日曜日は快晴の中、パリマラソンの観戦。31KM地点がうちからほど近く、歩いてミラボー橋を渡って31KM地点に到着。マラソンレースの観戦は初めてです。周辺の道路は車両規制をしているのでいつもは車の多い通りも歩行者と自転車だけでした。

先頭ランナーの通過は10:19との予想になっているので、その10分前に到着。生バンド演奏で盛り上がっています。
             WEBDSCN22541.jpg

間もなく先導車両が現れます。大会関係車両数台につづき、白バイ、報道車。そして、タイム表示車。これはアルファロメオ、パリマラソンにイタリア車・・・。
乗っている人も窓から体出していたり。
WEBDSCN2260.jpg WEBDSCN2261.jpg
WEBDSCN2262.jpg WEBDSCN2264.jpg

そして先頭の招待選手が通過。1時間32分。先頭集団は全員黒人選手でしたが、すごい迫力。全く無駄のない体躯。あっという間に駆け抜けていきました。
WEBDSCN2265.jpg

そして車いすレーサー選手も迫力ありました。
WEBDSCN2270.jpg WEBDSCN2276.jpg

そして日本人エリート選手。『富士通』の名前がシャツに入っています。実業団選手でしょうか。
WEBDSCN2278.jpg

そして、赤のアルファロメオが女子ランナーの先頭です。こちらは集団ではなく単独。
WEBDSCN2281.jpg WEBDSCN2283.jpg

続いて、一般の選手の中でも相当レベルの高いランナーが続々通過。沿道の声援も大きくなり、中にはハイタッチしていくランナーもいたりと応援と一体になって盛り上がっています。そして、大集団が現れると、それは3時間で完走を目指す人たちでした。皆さん体が絞れていて脚は筋肉が浮き上がっています。
WEBDSCN2285.jpg WEBDSCN2286.jpg

4万人が参加したパリマラソンは、この後も途切れることなく選手が続きます。
  1. 2010/04/12(月) 20:05:39|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Marathon Expo: マラソン エキスポ

11日のパリマラソンの前日までの3日間、Porte de Versailleの見本市会場で『Marathon Expo』が開催されていました。パリマラソン参加者がゼッケン番号の引取りに来る場所ですが、そこでランニング関係の見本市が開催されていて、パリマラソン参加者でなくても入場可能なので行ってきました。

土曜日の夕方5時に会場到着。すごい人。入場に並ばなくてはいけません。パリマラソンは国際大会ですから各国から参加者がいるようで、入場待ちの列では色々な言葉が聞こえます。
                 WEB-MARATHONEXPO1.jpg 

会場内にはすごい数のテナントやショップが並んでいます。世界各地で開催されるマラソンのブース、地元開催のイベントのブース。パリ市内で目にする通り名を表示するプレートの形にテナント名が。
                 WEB-MARATHONEXPO-2.jpg

そして有名どころのブランドがほぼお店を出しています。見ていると欲しくなってしまします。
                 WEB-MARATHONEXPO3.jpg

大会スポンサーのasicsショップで、パリマラソンのコース上の主要なポイントが指一本ずつに入った手袋10ユーロ。暖かくなってきたので冬まで必要なさそうですが、今年の冬は自転車用グローブで走っていたので、次の冬はこれで。
                 DSCN2292.jpg

とてもわくわくしてしまい、、すぐにでも走りたい気持ちにさせられる催しものでした。


土曜日は早朝ランニング 6.1KM
  1. 2010/04/11(日) 13:51:44|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Saint-Germain-en-Laye: サン=ジェルマン=アン=レー

サン=ジェルマン=アン=レー、パリの西20KMにある近年はパリのベッドタウンとして発展している街ですが、その歴史は古く1124年にルイ6世によってパリの西に位置する最初の城塞だったようです。
ルイ6世の時代からルイ14世がヴェルサイユに居城を移すまで、国王の主要な居城の一つだったそうです。
現在のルネッサンス様式の城は、16世紀にフランソワ1世により建造されたもの。ベルサイユ宮殿の庭園で知られる造園家アンドレ=ル=ノートルがルイ14世の時代に手がけた広大な庭園があり、パリが一望できるのです。

その素晴らしい景色を一度見ようと、晴れた週末に出かけてきました。セーヌ川をパリを抜けると大きな蛇行を繰り返します。パリからサンジェルマンアンレーまで僅か20KMですが、その間にセーヌ川を3回超えることになります。セーヌを3回目超えると、間の前に城塞の壁が現れ急なカーブと上り坂。その坂を上りきったところが街の中心。
シャトーの地下に掘られた駐車場に車を置いて散策開始。観光地と言うよりは、高級な生活空間と近隣の人たちの憩いの場と言った感じの街です。

まずは、サンジェルマンアンレー城。今日は外からのみ。内部は国立考古学博物館になっているそうです。
WEBDSCN2240.jpg WEBDSCN2230.jpg
広大な庭園。テラス(terrasse)と呼ばれるようですが、幅2.4kmとのことですから、日本人がテラスという言葉でイメージするものとは規模が違います。
そして、この直線的に切りそろえられた並木に、フランス人の拘りを感じてしまいました。


このテラスの東側が城塞東端となり、ここからセーヌ川、その向こうにパリの街が一望できました。写真ではラデファンスの高層ビル群と、パリのモンパルナスタワーが高く見える部分です。
              WEBDSCN2232.jpg

実はしばらく前に仕事関係のディナーでこのテラスの一画にあるアンリ4世ホテルに来ていたようです。その時は住所をナビに入れても表示されず、暗い道を不安になりながら車を運転して辿り着いた記憶が強いのですが、パリの夜景を眺めながらの食事だったとは・・・
              WEBDSCN2231.jpg

ところでこの急坂、そのうちロードバイクでチャレンジしたいです。
(写真はクリックすると拡大します)
  1. 2010/04/10(土) 22:16:11|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Musee National du Moyen Age: 中世美術館

カルチェ・ラタンにある国立中世美術館を見学してきました。毎月第一日曜日はパリ市内の美術館は無料と聞いていたのですが、この特典を利用したのは初めて。有名な美術館は大混雑になりますから。

この中世美術館は、15世紀後半に建てられたクリュニー修道院の邸宅を用いているとのこと。古い建物が並ぶこの地区でも、この建物は異を放っています。

柱に造り込まれた日時計(写真)や、風化している井戸など5世紀以上の歴史を感じる建物です。

WEBDSCN2205.jpg WEBDSCN2219.jpg

館内は、彫刻、装飾品、レリーフ、タピストリー、絵など、すばらしい中世の美術コレクションが展示されています。ルネッサンス以前のヨーロッパはキリスト教が生活・文化の軸を形成していたことが窺えるコレクションです。
WEBDSCN2210.jpg

個人的には、中世の騎士が身に着けていた帷子や兜(というのか?)に目がとまりましたが。一体、何十キロのものを纏って戦ったのでしょう。
WEBDSCN2211.jpg

中世美術館でもっとも取り上げられるのは、人間の五感をテーマにしたと言われる「貴婦人と一角獣」です。6枚目のタペストリーのテーマは、いまだ謎につつまれているそうです。
WEBDSCN2217.jpg

最近、中世ヨーロッパ文化や美術を簡単に解説した本を読んでいます。また、紹介したいと思います。
  1. 2010/04/06(火) 20:40:37|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Velo et jogging: lundi paques 復活祭

復活祭(フランスではPaques)で月曜日まで3連休だったのですが、土日は寒くて雨、日曜日には雹まで降る生憎のお天気でしたが、月曜日は朝から晴れ。今朝は8時からロードバイクで走りに出かけました。3週間振りのロードバイク。ただ、10時には家に戻らないと行けないので結局はロンシャンに。

晴天だと言うのに走り始めた頃はほとんど自転車乗りの姿がありません。ロンシャン周回コース独り占めという感じです。みんな昨晩ご馳走を食べすぎてスロースタートなのでしょうか。
           WEBDSCN2224.jpg
単独走で走っているとスピードには乗れないし、すぐに飽きてしまいます。惰性で流していると、後ろに自転車の気配。何台かが連結し自分が先頭を走らされている状態になってしまいました。風除けを続けるのも疲れるので、前を走る人に追い付き連結しますが、このトレイン30KM程度だったので比較的のんびりペース。脚を持て余す何台かが、上りの部分で前に出て行ったのでついていきますが、膝痛発症。時間も迫ってきたのでトレインから抜けてブローニュの森の中をポタペースで帰路につきました。

途中、馬にまたがるポリスと遭遇。このあたり、落し物が多く下を見ながら走らないと被害を被るのですが、馬の落し物もあるようですから注意しましょう。
           WEBDSCN2225.jpg

自宅に戻り一通り用事を済ませ、夕方から近所の公園にランニングに出かけたのですが、すぐに左ひざに膝痛発症。膝の裏側、脹脛上部の筋のあたりが痛むのです。これまでこの部分が痛くなった記憶が余りなく、ネットで調べると、体のバランスが悪い時に起こりやすいようなことが書いてありました。確かに先週、頸から肩にかけて激しいコリ状態で頭痛になっていたので、その影響かも知れないと素人判断。一週間は運動を控えることにします。

本日の自転車走行距離:32.3KM
ランニング:3KM も走らず中止
  1. 2010/04/05(月) 20:28:50|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cathedrale de Chartres: シャルトル大聖堂

イースターのお休みにパリ郊外南西80kmほどにあるシャルトルという街に出かけました。
この街には世界遺産に登録されているノートルダム大聖堂があります。

正面左がゴシック様式の新鐘楼、右が建造当初のロマネスク様式の鐘楼とのこと。火災で焼失しゴシック様式の鐘楼が再建されたとのことですが、それは800年以上も前、日本でいえば鎌倉幕府成立の頃。

大聖堂の壁面を彩るステンドグラスは大変有名なものばかりだそうです。写真はその中の一枚ですが、非常に緻密です(クリックすると拡大します)

WEBDSCN2187.jpgWEBDSCN2195.jpg

ちょうどミサが始まりました。美しい讃美歌が聖堂内に響きわたり何とも幻想的な空間。石造りの聖堂は音響効果まで計算して作られていたのだとすると、当時の技術の高さの素晴らしいこと。

WEBDSCN2196.jpgWEBDSCN2197.jpg

シャルトルという街は、現在は大聖堂を観光する人が訪れますが、中世から巡礼者で賑わったようです。細い路地に石畳。フランス語しか通じないお店の人。パリの日常とは違うフランスを感じた一日でした。
  1. 2010/04/04(日) 19:37:28|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Calendrier des courses: ランニングの予定

今日からキリスト教の復活祭で3連休。自転車とランニングを楽しみにしていたのですが、パリは冷たい雨で冬に逆戻りした感じです。

走れないストレスか?春になるとなにかとチャレンジしたくなるのか?、2つのランニングイベントに申し込みをしてしまいました。
4月25日に開催される10kmのレース、ブローニュの森がコースです。
9月26日に開催されるパリ-ヴェルサイユ間16kmのレース。途中、6.5%の勾配を2km走るという過酷なコース。

planete_jog.jpg affiche_2010_web.jpg

週1回の練習ペースではどうなることか不安ですが、これらのイベントを予定にいれておけば少しずつでもランニングを続けることにはできそうです。
  1. 2010/04/03(土) 17:36:26|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Cours des langues: 語学講座

4月、日本人にとっては新たな年の始まりを強く意識するのですが、学校が9月始まりの欧米の人にとってはこの感覚は全くありません。

NHKの語学テキストが一年で最高の売り上げを記録するのも4月号でしょう。毎年4月号を購入し、今年こそはと決意し一週間で挫折した経験を持つ人も多いでしょう。

このNHKのラジオ講座、放送の翌週にインターネットでストリーミングする講座も多く、海外にいながらもテキストさえ入手できればインターネットで聞くことができる便利なサービスが提供されており、昨年から利用させてもらっています。
WEBDSCN2182.jpg

今年は、
昨年に引き続き『まいにちフランス語』、全く進歩が見られませんが・・・
定番の『実践ビジネス英語』、この講座は英語のリスニング強化に最適です。長年お世話になっています。
そして、今年はさらに欲張って『入門ビジネス英語』、これは正しいスピーキング練習素材に。

NHKの語学講座は、英語講座が非常にきめ細かくレベル別に様々な講座が提供されているのですが、フランス語講座には力が入ってないような・・・
自分が大学生だった頃は第二外国語といえば、フランス語かドイツ語と相場は決まっていましたが、今は中国語や韓国語選択者が多いのでしょうね。
  1. 2010/04/01(木) 20:00:54|
  2. フランス語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ