misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Velo/Jogging : note de mars

3月も後半には寒さも緩んできたたのですが、今月も自転車には乗れていない・・・


======================================
3月14日 パリの郊外へ     44.6KM
======================================
                Total      44.6KM


一方、ランニグはセミマラソンも含めると、4回で37KMほど走ったようです。
ロードバイクよりランニングの方が短時間でより大きな運動量になるように思えて、時間が無い時は自転車ではなくランニングを選んでいるような気もします。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 17:44:43|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

l'heure d'ete - 夏時間

今日、3月28日から夏時間に切り替え。深夜2時に一時間進み3時になるという仕組み。

lheure dete

今朝の日の出時間も7時36分と一時間遅くなり、ただ日没が20時16分と夜はかなり遅くまで明るくなる。日本との時差が8時間から7時間になる。

日本でも一時期導入是非論議が盛り上がっていましたが、最近はどうなんでしょう。ネガティブな面を論じ始めるときりがないが、欧米ではほとんどが導入済み。アメリカでもフランスでも切り替え時に困ったことが無いので、生活実感としては日本でも余り心配しなくて良いように思えるのですが。

昨夕、日本から戻り、今朝は時差ボケ解消のためランニング。
先週はパリも暖かかったようだが、昨日から天気が下り坂。今日はランニング中に雨まで降ってきて・・・結局、コンコルド広場まで往復の8.5KM。
  1. 2010/03/28(日) 10:25:12|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:『山桜』

機内で観た映画。久しぶりに日記に残しておきたい作品でした。
Yamazakura2.jpg

<解説>
藤沢周平の短編小説を映像化。藤沢文学生誕の地、山形・庄内の美しい四季と澄んだ空気の中で、一人の女性が失望を超えて人生の光明を見つけ出す物語。

北の小国 海坂藩に生きた男と女
江戸後期、吟味役百二十石・浦井家の長女 野江は、最初の夫に先立たれ、勧められるままに磯村家に嫁いだが、家風になじめずつらい日々を送っていた。叔母の墓参りに帰り道、山桜の下で一人の武士に出会う。山桜を手折ってくれたその男は、かつて野江を妻に望んで果たせなかった手塚弥一郎であった。
この年も飢饉が続き、重い年貢で農民たちの生活は困窮していた。その窮状を目の当たりにした弥一郎はある決断をする…。それは野江の運命までも変えるものであった。



ラストシーンで感動し、エンディングの殿様が帰国する参勤交代シーンを見ながら、弥一郎に寛大な沙汰が下り、弥一郎と野江のハッピーエンドな展開を想像すべきなのか、それとも武士の面目を保つ切腹という沙汰がおり二人は互いの気持ちを確認することができずに終わるのか、行く末の想像を膨らませるエンディングでした。
  1. 2010/03/27(土) 21:16:32|
  2. DVD・映画・TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Le primtemps est venu:春が来た

こちらパリも先週から気温が上がってきました。日も長くなってきたので、いよいよ春が来るという感じです。
朝も寒くはなくなってきましたが、残念ながら今朝は雨。

家内の誕生日のお祝いにランチに。近所にあるビストロですが、いつも前を通るとフランス人のお年寄りや家族連れで賑わっているので気になっていたレストラン『Le Bistro Champetre』。メニューはフランスの伝統的な料理が中心です。気がつくとテーブルはすべて埋まっていたので、ご近所のフランス人でご贔屓にしている人が多いのでしょう。
自分は鴨肉のローストとデザートにはクレープ、家内は子牛の腎臓なるものにクレムブリュレ。美味しかったです。

マーケットにも色鮮やかな花が並び、春が来たことを視覚でも感じることが出来ます。長く暗い冬からの解放感はもうすぐ目の前。

            DSCN2154.jpg

夕方、雨も上がったのでランニング。セーヌ川を4.6KM。少しペースを上げると心拍数は180以上に。睡眠不足と運動負荷と心拍数は関係するのでしょうか。明日から出張、また時差ボケとの戦いです・・・
  1. 2010/03/20(土) 20:21:39|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Velo: vers sud de Paris パリの南へ

今日はMasaさんにお誘いいただき、パリ郊外へ。待ち合わせはロンシャン競馬場。待ち合わせ時間より少し早く着いたので一人で3周ほど。天気が余りよくないためか、間近に控えたパリマラソンに向けてバイクよりランニングなのか、思ったより空いていました。

この前自転車に乗ったのは一月以上も前だったようで、少し走ると腰と首がだるくなってきました。ロードバイクとランニングでは違う場所に負荷がかかるんですね。

DSCN2145.jpg
さて、無事にMasaさんと合流でき、パリ郊外、南の方へ連れっていってもらうことになりました。パリから郊外へ向かうとどの方角も上りになります。パリは丘陵地内の盆地なのかもしれません。
Issy-les-Moulineauxから始まる緩い坂を約5km、Clamart、Le Plessis-Robinsonを抜けてVallee au loupsまで。もう少し先の公園(春は桜がきれいだそうです)まで行く予定でしたが、道に迷った感じもあり今日はここまで。

DSCN2149.jpg

帰りはひたすら下り基調。まだまだ寒く気温は5℃も無かったので、パリまで下りてきた時にはブレーキを引き続ける手は冷え切っていました。
久しぶりにロンシャン以外を走り、違う景色を眺め爽快でした。早く暖くなって欲しいものです。

本日の走行距離:44.6KM
  1. 2010/03/14(日) 20:08:20|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Resultats: 成績

先週のセミマラソン・ド・パリの結果がサイトにアップされていました。記念すべき初イベントの結果はDIPLOMAとしてダウンロードが可能でした。

urkunde[1]_edited-1

5km 00:30:30
10km 01:00:43
15km 01:32:48
Finish 02:17:56

ゴール前の渋滞で数分余計にかかったとはいえ、15kmからゴールまでの6.1kmは7分/km以上。しっかり距離を走り込まないといけないということが分かりました。スケジュールが合えば来年リベンジ。

さて、初めてハーフを走った翌日月曜日は膝が痛いのと太腿の筋肉痛がひどくて歩くのが辛かったですが、水曜日にはほとんど痛みがなくなっていました。少しはランニング用の脚が出来たということかな。
今日は3kmの軽いランニング。

9月に行われるパリ-ヴェルサイユマラソン(16km)へのエントリーをしてしまったので、少しずつ脚を鍛えなければなりません。
  1. 2010/03/13(土) 20:38:37|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PREMIS DE CONDUIRE:運転許可証

DSCN2129.jpg

フランスの運転許可証が漸く手に入りました。
日本の運転免許証を持っていれば、必要な書類と日本の免許証の法定翻訳を提出すれば日本の運転免許証と交換してくれるという仕組みのようです。
申請したのははるか昔の10月。先月Prefecuture de Paris(パリ警察)から準備が出来たのでパスポートと日本の免許証などの必要書類を持って引取りに来るようにとの召喚状が、2月中旬に送られてきました。先日、時間が取れたのでリロケーションサービス会社の方にアテンドしてもらい引取りに行ってきました。

フランスでは、行政『サービス』という言葉は無いようです。
順番待ちの列の秩序の無さ。
引取りに来いという手紙を送ってきておきながら、免許証は用意されておらず、以前申請した書類をどこかに捜しに行って待たせること数十分。申請時に受け付けた書類に対してなぜコピーなんだとか言ってくるし・・・
すでに夕方だったこともあり、窓口の人も早く帰りたい様子で文句言いながらもOK。
その場で免許を手作りし始めます。
免許の紙に写真を貼って、スタンプを押して写真のページだけパウチッコして出来上がり。
申請してからなぜ数カ月も待つのかが不思議です。

フランスでは免許更新制度はなく一生ものだそうですが、紙なので年数が経つとボロボロ、写真も本人と認識できなくなるらしい。

交換で差し出した日本の免許証は、日本大使館経由で戻ってくるらしいのですが不安です。

ところでフランスの運転許可証でアメリカで運転できるのでしょうか? 
フランスが発行する国際免許証が必要なのでしょうか?
  1. 2010/03/12(金) 22:03:46|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

J'ai couru 21.1km:21.1km完走

Semi Marathon de Paris当日、朝から快晴、気温-3℃。
朝起きてからストレッチ、着替え、朝食を済ませてメトロで会場に向かいます。この寒い中、どうして一緒に行かなければいけないのという家内にも同行してもらいました。理由は、途中でリタイアした時に預けた荷物をここまで取りに来るのが大変だから、自分がスタートしたら荷物を家に持って帰ってもらおうという超弱気な理由です。
メトロは日曜の早朝は普通ガラガラなんですが、今日はランニングシューズを履いたムッシュ・マダムで一杯です。
ヴァンセンヌの駅に着くと、寒い!。天気予報によると気温-3℃、風があるので体感温度は-6℃。
早朝、寒い中を無理やり連れてこられた家内はごきげん麗しくないようでした。更衣室兼荷物預かり所のある大きなホールに入ると、ランナーのアドレナリンが充満しています。
BLOGR0010770.jpg
自分も着替えを完了して、補給とストレッチ。参加者みんな荷物を預けているので、弱気な自分に喝を入れるべく、自分も荷物を預けてDNFの退路を断つことを決断。家内からは、冷たい視線で、次からはひとりでお願いねと言われてしまいましたが。

スタート会場に向かいます。2万7千人がスタートするヴァンセンヌ城前。スタートを待っている間、会場に流れるテンポの良い音楽に合わせて、みんな踊るあたりがラテン系。
BLOGR0010772.jpg

10:00スタートですが、速いグループから徐々にスタートするので自分がスタートラインを超えたのは20分後くらいでした。最初は人をかき分け、脱ぎ捨てられたビニールポンチョの海を転ばないように、スローペースで進みます。何と2km通過に14分も掛ってしまいました。

2kmを過ぎると少し走りやすくなったので少しペースアップ、下り坂でスピードに乗ったら道路の穴ぼこに脚を引っかけてしまいました。転倒はしなかったものの右足首に違和感が。もう少し走って様子を見て、ひどくなるようだったらDNFしようと思いながら走っているうちに、足首の違和感も落ち着いてきたので淡々と脚を進めるのですが・・・

10km通過時点で丁度1時間。前半のロスを取り戻しながら予定通りのペース。しかし、試練はここからの自分にとっては未知の距離です。1km毎の表示がなかなか現れない気がして、確かに1kmのラップもどんどん落ちてきてる。

15km過ぎたことからは歩いてるのと変わらないペースに落ちたりします。気がつくと自分の周りを走る人は、女性と中高年の人が増えているのでした。
脚を前に出すのが精一杯で、両膝、太腿と脚を動かすたびに痛みます。沿道の応援や、一緒に走っている人同士が声を掛け合ってゴールを目指しているので、自分も、「あと2km、あと1km」と自分を鼓舞しながら、『Arrivee(ゴール)』のポールが目に入った時は感動でした。最後にゴール前、100m以上の大渋滞。ゴールした人たちが詰まって動かないんだと思いますが、暫く待ってゴール。

BLOGDSCN2141.jpg

練習量からすると少し無茶なチャレンジでしたが、何とか完走メダルをもらえて大満足です。
現在、両足が膝痛と筋肉痛で・・・明日からまた忙しい日常が始まるのに、歩けるのか?早くも大きな不安です。


  1. 2010/03/07(日) 17:05:49|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

le retrait des dossards:ゼッケン受取り

気がつくと明日はセミマラソン(Semi marathon de Paris)の日。受け付けは前々日、前日に会場まで行って済ませる必要があるので、本日レース会場のヴァンセンヌの森に行ってきました。
メトロの駅を降りると目の前にヴァンセンヌ城が出現。深い大きな堀のめぐらされた城です。
DSCN2137.jpg
公園の入り口にはすでにレースの雰囲気が。。。記念撮影しているパリジェンヌもいます。
DSCN2131.jpg
公園の中を案内表示に従って歩いてきます。2万7千人が参加する国際大会なので、会場までの公園内の道路はエントリーを済ませた人、これから向く人で熱気すら感じます。
DSCN2132.jpg
会場に着くと、ホール内は各地でこれから開催されるマラソンイベントPRの出店や、スポンサーのアディダスショップなどで賑わっています。
一番奥まで進み、ゼッケン引き取り、記念Tシャツ受取などを行って無事完了。

DSCN2135.jpg
ここのところ忙しかったためか就寝中に脚が攣りそうになったので、Anti-oxidantのチューブを購入。明日は走りながらこれを使ってみます。

練習量は圧倒的に不足、さらに明朝は氷点下の寒さだそうですが、まずはレースの雰囲気とスタートラインを越えることを楽しみに参加してきます。メトロのチケットと小銭も持ったのでどこからえも帰れるし。。。
DSCN2140.jpg
  1. 2010/03/06(土) 17:32:39|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Velo: note de fevrier

恥ずかしいけど2月の記録。
自転車には一回乗っただけ。

======================================
2月 7日Hippodorome de Longchamp     27.9KM
======================================
                 Total      27.9KM

ランニングは2回で23KMだったようなので、合わせてようやく50KM。
  1. 2010/03/01(月) 21:29:13|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ