misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Jogging: Ile de Cite (シテ島まで)

2月27日(土) 予報通り晴れ。朝から陽が射し、久しぶりに気持ちの良い朝。ロードバイクで出かけたいところですが、来週はセミマラソン。2週間に一回走った程度ではどうにもならないのはわかっているのですが、今日しか走れないので、ランニングに出かけてきました。

先週と同じくセーヌ川沿いを走ります。大学生が春休みを利用しての旅行か、エッフェル塔やコンコルド周辺には日本人観光客の姿を多く見かけました。

何人ものランナーに抜かれながらも、ルーブルを過ぎて目の前にシテ島が朝日を背にして現れました。パリでランニングを始めた頃は、そのうちシテ島まで走れるようにというのを目標にしましたが、やっとここまで到達。帰路はかなり脚にきました。

WEBIle de cite

本日の走行距離: 約12km 
スポンサーサイト
  1. 2010/02/27(土) 15:28:58|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Book Review: 『組織は合理的に失敗する』

「組織は合理的に失敗する」
著者:菊澤研宗
日経ビジネス文庫

soshiki.jpg

【内容(本書より)】
個人は優秀なのに、なぜ“組織”は、不条理な行動に突き進むのか?日本陸軍の失敗を題材に、「取引コスト理論」「エージェンシー理論」「所有権理論」といった最新の経済学理論を使い、現代企業が抱える組織の問題を解き明かした話題作。

【読書日記】
この本は2000年に刊行された『組織の不条理』を改題・再編集し文庫化されたもの。副題に、「日本陸軍に学ぶ不条理のメカニズム」とあるように、本書は大東亜戦争での日本軍の行動を、新制度派経済学の主要なアプローチである、「取引コスト理論」「エージェンシー理論」「所有権理論」を使い分析。さらに、実際の企業の事例を取り上げ分析している。

エピローグから引用すると、
「組織を不条理に導く原因が人間の限定合理性にあることを明らかにした」
「とくに、人間が限定合理的であることを忘れ、あたかも神のように完全合理的に行動すると、組織内で批判的議論が展開されず、非効率や不正は排除されないので、組織は不条理に陥り、結局淘汰される」
「これに対して、人間が自ら限定合理的であることを自覚し、絶えず批判的な議論を展開するならば、組織は絶えず非効率や不正を排除するように変革されるので、不条理に陥ることなく、組織は進化していく」
というのが本書の主題です。

日本陸軍の事例など、これまで読んだことのない分野だったので大変興味深く読むことができました。
また本書を読んで、哲学や倫理学への興味が少し湧いたかもしれません。

著者の菊澤研宗先生のブログはこちらです。
  1. 2010/02/24(水) 00:15:03|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Jogging: 2週間ぶりに

日本の本屋さんのスポーツ雑誌コーナーはランニング関係の雑誌が多いですね。来週が東京マラソン、その他にも色々なレースがある時期なのでランニングを始めようと思う人も増えるわけで。。。一方、自転車雑誌は、月に寄って特集するものが毎年大体同じなので最近ではすっかり買わなくなってしまいました。今回も出張中に目にとまった雑誌Tarzanを購入。これ読んで走れるようになるわけではないのですが。。。

TARZAN551.jpg

昨夕パリに戻り、やや時差ボケ感と睡眠不足感が抜けないのですが、今朝は2週間振りランニング。気温3℃と一週間前よりは少し寒さが緩みましたが、風も強く体感温度はかなり低かったようです。セーヌ川沿いをオルセー美術館あたりまで走って折り返し。途中、喉の渇きを感じたので水分補給を急がないとと思いますが、コンビニなんてありません。セーヌ川の遊覧船乗り場でコーヒーの自販機を発見。ホットショコラを飲んでエネルギー補給。

走った距離はおよそ11.5KM (1時間5分)
このペースだと20KMは辛いです。
  1. 2010/02/21(日) 10:43:01|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Magazine; 『pen』 キリスト経とは何か。

PEN.jpg


雑誌 penの最新号。キリスト教とは何か、という特集記事。ヨーロッパの美術・建築・文化をより良く理解しようと思うとキリスト教についての最低限の知識が必要だとずっと思っていたところ、キリスト教の歴史、宗教絵画、教会、などなどを豊富な写真入りで解説されているので迷わず購入。

クリスマス休暇に行ったフィレンツエの美術館収蔵絵画や教会が・・・行く前に知っていたらさらに楽しめたかも。

penという雑誌、1997年から続いてる息の長い雑誌ですね。
  1. 2010/02/16(火) 15:36:52|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Musee du Louvre: ルーブル美術館

2月6日(土) 午後ルーブル美術館に出かけた。過去何度か見学したことはあるけど、パリ生活を始めてからは一度も行っておらず、今回が初めて。近くにあるとつい後回しになってしまうのは、どこで暮らしても同じなのでしょう。

まず驚くのはエントランスやインフォメーションの規模の大きさ。そして、ガラスのピラミッドが明るい空間を作っている。
webDSCN2096.jpg

ルーブルは主要作品だけでも回ろうとすると数日はかかる規模。在住のメリットを活かし、何回かに分けて見学することにし、今回はリシュリュー翼の半地下と一階部分のフランス彫刻を中心に見学。
建物と建物の間の空間にガラス屋根をはった庭園を中心に彫刻が配置されている。
webDSCN2088.jpg

強く印象に残ったのが、『フィリップ・ポーの墓』という作品。葬送の様子を表現したものだろう。
「ブルゴーニュ公の家令フィリップ・ポーの墓は、モニュメンタルで表現性に富み、見る者に強い印象を与える。黒いマントをまとった泣き男たちのどっしりした像は、墓碑の重さに身をかがめながら重い足取りで進んでいくように見え、想像力をかきたてる。これは葬儀をまざまざと思い起こさせると同時に、有力者を讃えるものでもある。この一族の系譜は紋章によって示されている。」(ルーブルHPより)
webDSCN2091.jpg

さらにリシュリューの一画にメソポタミア美術展示がある。あの有名な『ハムラビ法典』。なぜルーブルに?と思ったが、ここで大切に所蔵されることがこの文化遺産にとっては戦禍による破壊から逃れる意味でも良いのだろう。
webDSCN2094.jpg

このようなのんびりペースでのルーブル見学。次回はいつになるかわかりませんが、時間を見つけて巡ろうと思います。
  1. 2010/02/09(火) 22:19:40|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

Velo: Longchamp(ロンシャン)

2月7日(日)
朝起きると案の定、筋肉痛でしたが、膝痛が出ていないのでロードバイクのトレーニングに出かけることに。
最近は朝9時にはすっかり明るくなりました。

朝食を食べて着替えてストレッチ。自転車でアパートから出ると、細かい霧雨・・・
天気予報では降水確率10%だったので油断してました。せっかく準備したのでとりあえずロンシャンまで行ってみることに。そこには、結構な数の自転車乗りが曇天の中を走っていました。

自分も周回始めると自然にトレインが出来てきます。ここを走る人は集団走行技術はかなりのものなんでしょうね。遅い人が前にいると手・声・口笛といろいろと使って危険を回避しようとします。
さらに緩い上りになるとペースに着いていけない人は左右に割れて後続車に譲って、自分は後方に着けるなど。

webDSCN2098.jpg

ここのところ同じ場所ばかり走っているので飽きてしまいます。霧雨でメガネも見づらくなってきたのでトレインを離脱して左に外れて並走していると、トレイン後方の人が、「自分の前に入っていいよ」(フラ語理解できずですが、状況から考えてこんあことでしょう)というようなことを言ってくれたりと、ロンシャン自転車乗りのマナーのようなものがあるような感じでした。

webDSCN2101.jpg

本日の走行距離:27.9KM
これだけの距離ですが、回復走のつもりが筋肉痛がひどくなったようです。
  1. 2010/02/07(日) 20:07:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Jogging: Jardin des Tuileries(チュイルリー公園)

2月6日(土)

今週も相変わらずの忙しさ、加えてディナーが二度もあったので明らかにカロリー摂取過多でした。ミシュラン3星体験などもできたわけですが、本場フレンチは日本と違って量も多くさすがにデザートを完食することは無理でした。

今朝、明け方まで降っていた雨もあがり路面は濡れているので自転車は無理、なればランニングということでこのカロリーを摂取するべくランすることに。曇りで気温は3℃位ですが、寒く感じないので慣れは怖い。走り始めて体が温まればしっかり汗もかける気温です。

セーヌ川沿いに東(上流)に向かってどこまで行けるだろう・・・エッフェル塔を過ぎ、アンヴァリッド前を過ぎ、今日は脚が軽い感じがするのは気のせいか。気がつくとコンコルド広場前。ここまで来たら折角なのでチュイルリー公園を走ってみようと思い、初チュイルリー公園ラン。ここはランニングのメッカ。天気が悪いにもかかわらず、たくさんの人が走っていました。

IMG00011-20100206-0959.jpg
【チュイルリー公園。遠くに見えるのはルーブル】

今日走りながら、脚を前に出す感覚を意識してみました。同じ運動量なら上下動するより前に進め力に変えた方が効率的なので、脚を前方に出すことを意識しながら走ってみました。少しスピードは上がる感じがして、上下動も減ります。多分、理にかなっているように思いましたが、慣れない筋肉を使ったのか、早速筋肉痛です。

本日のランニング:11KM
この倍も走れる気がしません・・・

  1. 2010/02/06(土) 19:25:19|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Velo: note de janvier

先月はすっかり月の総括をするのを忘れていました。

まずは1月。
今月は2日走ることができた。そして新たにMasaさんとお知り合いになったのが大きな出来事。
それにしても、週末パリにいない日が多いし、体調崩したりとあまり良いコンディションではなかった1月。

======================================
1月 2日Hippodorome de Longchamp     32.0KM
1月 3日Hippodorome de Longchamp     43.5KM
1月24日Hippodorome de Longchamp     43.7KM
======================================
                    Total      119.2KM


ちなみにすっかり忘れていた12月。
======================================
12月 6日Hippodorome de Longchamp     21.5KM
12月12日Hippodorome de Longchamp     34.2KM
======================================
                    Total      55.7KM


2月もあまり期待できそうにないなあ。。。。
  1. 2010/02/02(火) 21:46:28|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ