misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

SALON DES VINS

パリジャン、パリジェンヌが長くて暗い冬を越す前の愉しみにしている『SALON DES VINS』がPotre du Versailleの見本市会場で開催されているので、行ってきました。通常6ユーロのチケットですが、かなりの枚数がお得意様に配布されているのか、自分の周りに無料入場券を持っている人が多く、自分もいただきそれで入場。
webDSCN1779.jpg 【入口は地味目】

入場チケットを渡すと、グラスがひとつもらえます。これが会場での試飲(degusute)用のグラスです。このグラスをぶら下げてブースからブースへと歩きまわる仕組みです。
webDSCN1788.jpg 【試飲用だから小さめ?】

会場内はすごい人と熱気。場所によっては歩くのも大変な混雑。出展者数は500は超えている感じ。
webDSCN1782.jpg
フランスのワイン産地が色分けあれ、それぞれのブースがどの産地かがわかるようになっています。ただ、産地毎にブースがまとまっているわけではなく、ぐるぐるぐるぐる会場内をワイングラスを手に回遊することになります。
webDSCN1787.jpg
自分はアルザス産を中心に回った(といっても大した数ではない)のですが、同じブドウ種でも年によって、作り手によって全然違う個性のワインになっているところが面白い。
webDSCN1785.jpg 【かなりアルコールが入りピンボケ・・】

パリジャン、パリジェンヌはお気に入りのワインを毎年ここで箱買いしていくようで、カートで引きながら会場とクルマの間を行き来してるようでした。

webDSCN1784.jpg 【ほとんどの人が箱買いです】

このイベント、日本では危険すぎて成立しない気がする。どんなに試飲してもパリジャン、パリジエンヌは普段通り。赤い顔をして騒ぐような人はいなかったのが印象的。
自分のようなワイン無知には適当に試飲させてもらうしかなかったですが、もう少し予備知識を持ってお気に入りの産地飲み比べなどしてみたい。いつか西院梅太郎さんのワイン解説付きで廻りたいイベントです。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/29(日) 09:04:42|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

≪読書日記≫ 学問のすすめ-現代語訳

現代語訳 学問のすすめ
福澤諭吉 齋藤孝=訳

9784480064707.jpg
内容(「BOOK」データベースより)
近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉の大ベストセラー『学問のすすめ』。本書は歯切れのよい原書のリズムをいかしつつ、文語を口語に移した現代語訳である。国家と個人の関係を見つめ、世のために働くことで自分自身も充実する生き方を示した彼の言葉は、全く色あせないばかりか、今の時代にこそ響く。読めば時代情勢を的確に見極め、今すべきことを客観的に判断する力がつく。現代にいかすためのポイントを押さえた解説つき。

目次
学問には目的がある/人間の権理とは何か/愛国心のあり方/国民の気風が国を作る/国をリードする人材とは/文明社会と法の精神/国民の二つの役目/男女間の不合理、親子間の不条理/よりレベルの高い学問/学問にかかる期待/美しいタテマエに潜む害悪/品格を高める/怨望は最大の悪徳/人生設計の技術/判断力の鍛え方

感想
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という一節は誰もが知るところ。ただ、多くの場合これを結果的平等のような誤解(?)をしてしまっているかもしれない。この一節ののち、「社会的地位が高く、重要であれば、自然とその家も富み、下のものから見れば到底手の届かない存在に見える。しかし、そのもともとを見ていくと、ただその人に学問の力があるかないかによって、そうした違いができただけであり、天が生まれつき定めた違いではない」と続く。
福澤諭吉がこれを書いた明治初め、近代日本を強力に作り上げていくために時代を担う学徒へのメッセージを綴ったのだと思いますが、当時70万冊も売れる大ベストセラーとなったことから、国民啓蒙の有名書となったようです。

訳者の斎藤氏も断っているように、現在からみると差別的と思われる表現もあったり、当時でも物議をかもしたであろう歴史事案に対する解釈もありますが、国や国民という概念を用いて近代日本に大切なものを説いていったのだと思います。
それらは多分に普遍的なものが多く、これをビジネス書として読めば、なるほどとうなづけることが多いと感じた次第。

学生時代に福澤諭吉の書物に触れる機会がなかったと言えば嘘になりますが、当時はそれが半ば強制的に感じられ、まじめに取り組まなかった点を少々反省したりしています。
「坂の上の雲」の秋山兄弟もこの時代・社会背景の中で教育を受け、国家を思い進むべき道筋を決めていったと勝手な推測を楽しみました。
この現代語訳版は大変読みやすいので、是非読まれてみてはいかがでしょうか。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/11/26(木) 21:01:43|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

体は正直に反応する---フランス病院初体験

先週日本で風邪をひき、久しぶりにお医者さんに診てもらったのですが、新型ではないとのことだったので薬を飲みながら仕事をこなし、土曜日は実家に父のお見舞いにと、寝不足+疲労困憊モードのピーク。
すると日曜日の朝パリに戻るや否や、高熱が出てきて首の周りが異常に腫れて首メタボ状態に。

これまでのところパリでお医者さんにかかったことが無く、しかも日曜日。救急病院駆け込みも考えましたが一晩様子を見てみることにして、今朝、あまり状態が変わってなかったので、これはインフルエンザかなと思い、日本語対応してもらえるアメリカン・ホスピタルに電話を入れて予約。

フランスの健康保険や医療システムは日本とは全然違うし、アメリカとも違います。お医者さんはそれぞれの部屋で診察し、そこには看護婦さんはおらず、会計もお医者さんが自分で計算してその場で行います。例えば注射を打ったり、包帯を交換したりというのは看護婦さんのところに行ってやってもらうようです。

先生には30分じっくりと診てもらったり検査してもらったりと、日本の5分診療とは違います。
ところで、診療の結果ですが、新型インフルエンザの検査をしたところ陰性、何らかのウィルス感染によるだろうということ。特に、唇の周りにできものが出てきているのでヘルペス感染だろうということで処方してもらいました。薬も医者の処方箋を持ってファーマシーで入手。

ヘルペスというのをネットで調べると、結構な人が悩んでいるようです。ストレス・疲労などで免疫力が低下した時に出現しやすいようで、見事に自分の体システムが反応してしまったようです。

明日もう一日ゆっくりとすればあさってには復活できそうな感じです。
  1. 2009/11/23(月) 17:53:16|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

欧州街道をゆく:ストラスブール(Strasbourg)

ストラスブールというフランス東部の街、旧市街が世界遺産に登録されている美しい街に一泊二日の観光に行ってきました。
パリからほぼ東に500KM、ドイツとの国境のアルザス・ロレーヌ地方の中心都市です。
500KMと言えば東京-大阪ほどの距離ですが、生憎往路は延々霧の中のドライブ。欧州車には大抵リアフォグランプが装備されていますが、この日はほぼ500KMにわたりこのランプのお世話になりました。自分の前を走る車はこのリアフォグランプの赤い強い光で認識、自分のクルマもこれで後ろの車から認識されるわけです。視界不良のなかでも制限速度の時速130KMで走るわけですから、緊張しながらのドライブでした。

ストラスブールはイル川に囲まれた島が旧市街、この旧市街が世界遺産に登録されています。
plan.gif

ホテルはHotel du Rohanという大聖堂から30秒と、まさに観光地のど真ん中。大聖堂周辺は車両進入禁止なので近くの公共駐車場に車を置いてから徒歩でホテルに移動。ストラスブールに車で来る場合は公共駐車場に止めてから徒歩がお勧めです。

webDSCN1769.jpg 【ホテルは大変便利なロケーション】

ここがフランス?と思ってしまうような街並み。観光ガイドブックのドイツ編に載っている写真のような景色。
webDSCN1772.jpg webDSCN1735.jpg
【ドイツロマンチック街道の旅?】 【夕食のアルザス料理レストラン】

アルザス・ロレーヌ地方は古くからドイツとフランスが領有をめぐって争った場所で言語的にはドイツ語の方言であるアルザス語なるものが使われている。現在はフランス語を話す人が大半のようだが、レストランのメニューはフランス語とアルザス語(?)ドイツ語(?)が併記されており、フランス語ではない言葉が聞こえてきたりもした。そんな歴史的背景が街の景観にも表れている。

ホテルにチェックイン後、まずはストラスブール観光では有名なイル川の遊覧ボートで一周することに。ガイドテープには日本語解説もあり大変解りやすかった。
旧市街を離れると、突然、超現代的な建物群が出現。欧州の平和を象徴するストラスブールには欧州評議会が置かれており、それに関連するEU機関や各国の機関が置かれている。そして、日本領事館も。

webDSCN1742.jpg webDSCN1747.jpg
【プティ・フランス地区の木組みの家】   【欧州評議会場の建物】

遊覧船で回ったあと、プティ・フランスと言われる地区を散策。木組みの骨組みに土壁の色のコントラストが美しい一画。そして積雪対策であろう急こう配の屋根。
webDSCN1759.jpg webDSCN1767.jpg
【イル川の遊歩道から家の裏を眺める】 【玄関が小さく奥まってます】

街の中心にあるカテドラル(ノートルダム大聖堂)。この地域の土の色なのか、全体が赤み帯び、荘厳な雰囲気を醸し出す。パリのノートルダム聖堂より遥かに大きく、尖塔の高さは130メートル以上ある。
webDSCN1757.jpg webDSCN1753.jpg
webDSCN1770.jpg webR0010458.jpg
【ライトアップされた姿は壮麗】  【内部は装飾の施された大空間】

ストラスブールを訪れて、『最後の授業』というドーテの小説を思い出した。国語の教科書にも採用されていたか、あるいは課題図書として読んだのか定かではないが、まさにこの地域はドイツとフランスの国境紛争の中で歴史を刻んできたんだということを実感。
以下あらすじ(WIKIPEDIAより引用)
『アルザス地方に住むフランツ少年は、学校に遅刻してしまい、アメル先生に鞭で叩かれるのでは、と心配したが、先生は何時になく優しく着席を促した。今日は教室に元村長をはじめ多くの大人たちが集まっている。アメル先生は生徒と教室に集まった大人たちに向かって、自分が授業をするのはこれが最後だと言う。普仏戦争でフランスが負けたため、アルザスはプロイセン王国(ドイツ帝国)領エルザスになって、ドイツ語しか教えてはいけないことになり、アメル先生もこの学校を辞めなければならない。これがフランス語の最後の授業だと語り、生徒も大人も授業に熱心に耳を傾ける。アメル先生は「ある民族が奴隸となっても、その母語を保っている限りはその牢獄の鍵を握っているようなもの」とフランス語の優秀さを生徒に語る。やがて終業の時が来て、プロシア兵の鳴らすラッパの音を聞いた先生は顔面蒼白。挨拶をしようにも言葉が出ず、黒板に「仏: Vive La France!」(フランス万歳!)と書いて「終了。みんな帰ってよろしい」と手で合図、“最後の授業”を終える。』

現在のこの街はとても洗練され清潔な街という印象。これからも変わらぬものと変わるものを交えながら歴史を刻んでいくのでしょう。
  1. 2009/11/15(日) 19:37:25|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ロードバイク・・・秋は終わったのかな

久しぶりに曇り空に薄日が射す天気だったので、半ば強引に時間を作ってロンシャン競馬場周回コースへ行ってきました。2週間振りにバイクにまたがると、いつもの自分の目線より少し高い位置からものを見る感じなので最初は戸惑いが・・・・

ロードバイクはオフシーズンなのか、いつもより人も少なめ。
いつも間にかパリの秋は終わってしまった感じがします。自転車ルートも濡れ落ち葉が敷き詰められている部分があり、滑らないように中止しながら走ります。さすがに一周3.5KMの同じコースを1時間も走っていると飽きてきて終了。

最後に銀杏(?)の落ち葉の絨毯の上で記念撮影。日本の銀杏の実とは見た目の違う実がごろごろと落ちていて、何とも言えない、決していい匂いとは言えない香を放っていました。

webDSCN1777.jpg 【パリは晩秋から初冬へ】

【本日の走行距離】 35.6KM

明日から2週間ほどは週末走れなくなるので11月はこれが最初で最後か・・・・・
  1. 2009/11/13(金) 18:27:44|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

パリで夢を実現する

パリに暮らす日本人は2万人近いのでしょうか? 自分のようなビジネスマンもいれば、研究者・学生の方も大勢います。そして、海外の他の都市と比べてパリの特徴なのがアーティスト系の方が多く暮らしているということだと感じます。

今日、家内がフランス語学校で夏期講習のクラスが一緒だった方が個展を開催するというのでお邪魔してきました。20代後半の青年。礼儀正しく人当たりがとっても良い方でした。フラワーデザインを学ぶために1年間パリで暮らし、間もなく帰国。最後にパリで個展を開催されるに至ったそうです。

実力が認められ、現在ではパリの有名なフラワーデザイナーのディスプレイを任されるアーティスト。
花器も自分でデザインされた、こだわりの作品ばかりでした。

お話していて、この人はきっと自分の夢を形にする人だなと思った出会いでした。Shuさん頑張ってください。成功をお祈りしています。

DSCN1727.jpg



話変わって。
今朝起きると、またも明け方まで雨だったようで、路面が濡れています。早々に自転車は諦めランニング。久しぶりにセーヌ川沿いをコンコルド広場まで走りました。
往復で10KMはあるかなと思ったのですが、走った距離は8KMだったようです。まだ走れそうな感じだったので、10KM走る位の走力はついてきたのかもしれませんが、まだ20KMは遠い・・・

  1. 2009/11/08(日) 20:42:35|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

パリの天気は変わりやすい

このところ天気がとても変わりやすい。
朝日が射したと思えば急に黒い雲が空を覆い、雨が降り始め、しばらくすると太陽が顔を出したり。
テレビのお天気チャンネルも、晴れ+曇り+雨のマークが重なって表示されていたりといい加減だが実際一日のうちに何度も変わるので仕方がなさそう。

昨夜は会社のフランス人宅に夫婦で招待されたので帰宅は午前2時前。こちらではパーティーが夜9時ごろから始まるので、終了はかなり深夜になります。

当然、朝起きたのはかなり遅い時間でしたが、起きると雨。昼過ぎに陽が射して晴れてきたので急いでランニング用のウェアに着替えてストレッチして準備。いざ出かけようとするとまたしてもにわか雨。ここで心が折れて家内とスーパーマーケットに買い物に行ってお店から出ると晴れ間が出てきた。

そして明日、日曜日の天気予報は曇り+雨。降水確率20%ですが最高気温が8度で朝の体感気温が-2℃らしい。

chancerain.gif
日曜日
雨. 曇. 最高気温 8 °C . 風 南東 25 km/h . Chance of precipitation 20% (water equivalent of 0.83 mm). 体感気温(寒さ): -2 °C .


日本なら真冬ですね。自転車に乗るのが辛くなってきました。どうやって自転車に乗るモチベーションを上げるかが目下課題です。
  1. 2009/11/07(土) 20:14:35|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Renoir au XXe siècle (後期ルノワール展)

パリのグラン・パレ(Grand Palais)で開催中(~2010年1月4日)の『Renoir au XXe siecle』(日本語では後期ルノワール展と呼ばれるようです)に行ってきました。
カイエ・ド・パリのHPには次のように紹介されています。「後期のルノワールに焦点を当てた展覧会がグラン・パレで開催されます。印象派から古典的な装飾美術に方向転換した晩年の作品を中心に200点ほどの絵画が国内外から集結。印象派時代の陰に隠れていた後期の作品を、ピカソやマティスなどの作品と比べながら鑑賞することができます。2010年にはアメリカでも巡回展が開催される予定。」
arton1376-2cdfe.jpg 【展覧会ポスター】

アレキサンドル3世橋を渡ったところにあるガラス貼りの屋根がひときわ目立つグラン・パレ。1900年のパリ万博のために建てられたそうです。現在はナショナルギャラリーとして大きな展覧会会場となっているようです。
webDSCN1717.jpg 【美しいガラスの屋根が特徴です】
入場するのに行列が・・・・この場所からだと2時間待ちの表示。自分たちは30分程度の待ち時間で済みましたが、入場制限をするほどの人気なんですね。
webDSCN1718.jpg 
【ラテンの人は待っている間もしゃべりっぱなし】

さて、展覧会はルノワール後期の作品(ポスト印象派とも呼ぶそうです)が集められているので、女性の人物画がかなりの作品数展示されていました。印象派のルノワール作品とは少し違った趣。自分の中でのルノワールは『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』や『舟遊びの人々の昼食』といった作品のイメージが強いがそれとは違った側面を見れます。

会場内もかなりの見学者でルノワールファンがいかに多いかがわかりました。
日本でも『ルノワール-伝統と革新展』が2010年1月から開催されるようですが、これは相当な人気になりそう。

オルセー美術館で『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を見たくなりました。
  1. 2009/11/02(月) 21:26:31|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ