misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

10月(Octobre)の自転車総括

webDSCN1712.jpg 【Longchamp】

10月最終日、朝起きるとどんより曇っているが走れそうなので、さくっとロンシャンを周回。オフシーズンを前に結構な数の自転車乗りが集まってきていました。特に目立ったのがトライアスロンチームのジャージでバイクトレーニング中の集団でした。

淡々と一人で30KMくらいで走るつもりが、集団が来ると楽なのでつい後ろについてしまいました。これではトレーニングにならないですね。

さて、今月も自転車に乗れた日は少なく、それも朝の数時間だけで200KM届かずでした。

=======================================
10月11日Hippodorome de Longchamp     39.8KM
10月18日Hippodorome de Longchamp     40.4KM
10月25日Versailles-Guyancourt         57.4KM
10月31日Hippodorome de Longchamp     46.2KM
=======================================
                Total      183.8KM
1月―10月の累計走行距離:       2177.6KM

ランは4回走って26キロでした。
そういえば、週末、自転車に乗れない日は夕方ランニングすることが多かったようです。

11月は寒くなるし、また出張で週末が無かったりと、ますます距離が減りそうな気配・・・
可能な範囲で楽しむことにします。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 20:22:11|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Les Arts Decoratifs---装飾芸術協会

日曜日、ロードバイクを終えて次に向かったのが、Les Arts Decoratifs (装飾芸術協会)。ルーブル美術館に隣接する美術館で、装飾芸術美術館、モードと織物美術館、広告博物館の3つの美術館が統合された美術館です。

ここに行くまではこの美術館の構成をよく知らなかったのですが、ここでロートレック展があるという情報を知り、ロートレック好きにはたまらず行ったのですが。。。。

webDSCN1695.jpg
【ルーブル美術館の隣、赤い垂れ幕の掛っている美術館】

この企画展の名前は、『Hommages à Toulouse-Lautrec affichiste』。ロートレックを題材とし、世界のグラフィックデザイナーが制作した作品が展示されているのでした。横尾忠則はじめとする日本人作家の作品もあったのですが、ロートレック展だとすっかり思い込んでいたので拍子抜け。自分の早合点なわけですが。
webDSCN1710.jpg
【ロートレックを違った側面から見ることができ企画展】

この美術館はいろいろな企画テーマで展示されていますが、Rouge(赤)をテーマにしたコーナーでは、共産主義啓蒙ポスターが・・・赤はCommunismの普遍の象徴なんですね。
webDSCN1706.jpg
【これを見たとき、一瞬引きました】

その他、時代別展示では懐かしいものを発見しました。(クリックすると大きくなります)
webDSCN1701.jpg webDSCN1699.jpg
webDSCN1698.jpg 【外から見た日本のイメージ。。。】

この美術館、デザインを専攻する学生が勉強のために訪れることが多いようです。自分たちが行った時も日本人のデザイン系学生の団体が見学に来てました。
  1. 2009/10/27(火) 20:54:26|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ロードバイク・・・・夏時間が終わって

昨夜夏時間(Day Light Saving Time)が終わり、今日からは普通の時間(というのか冬時間)に戻りました。日の出が昨日は8時半だったのが、今朝は7時半になったということです。これからますます日が短くなり、郊外へ走りに行くのも難しくなるので、晴れ予報の今日は早朝からスタート。

8時前、外が明るくなってきたのを待って出発。
webFSCN1693.jpg
【8時前、陽が昇り明るくなってきました】

ブローニュを抜けてヴェルサイユまでのだらだら上る道を走りヴェルサイユ宮殿の近くまで来ると、自転車の大きな集団に遭遇。50人はいたでしょうか。興味があったのでその集団についていくと、おじさんがいきなりフランス語で話しかけてきました。きっと、見かけない顔だなと思ったのでしょう。適当に、英語で「自分はこのパーティのメンバーじゃないよ」と答えると、「じゃあ、前を走るチームか?」と聞いてきたので何かのイベントだったのでしょうか。ほとんどの人がクロモリフレームのスポルティフ風のバイクで上り坂もゆっくりと会話を楽しみながら走ってるのが印象的でした。チームジャージにはCyclotourisimeと書いてあった意味がよくわかりました。自転車ツーリスト・・・・

その集団をパスして一人旅になると、急に雲が広がり今にも雨が降りそうな気配。寒くなってきたので、ウィンドブレーカーを着こみます。こういう何もない場所でメカトラにあったらどうすればいいんだろうと不安になりながら・・・

webDSCN1688.jpg
【パリからたった25キロでこんな景色に】

しばらく走ると綺麗な紅葉の並木道。
webDSCN1689.jpg
【人の気配はないけどホッとします】

ここからヴェルサイユを抜けてパリに戻る道。来た道を戻れば下り基調ですが、今日は違うルートをトライ。Muedonという高台を抜けてパリに戻れるとの話を聞いていたので、Muedonの標識に進みます。すると、壁かと思うほどの上り坂が出現。MTBが数台、未舗装の歩道を上ってますが、ロードは車道をということで・・・。蓑毛を思い出しました。
この道の頂上は高速道路の入り口。車が容赦なく横を高速で走り抜けます。自分はスピードも10KMちょっとで、ふらふら走っているので、怖かった。

webDSCN1691.jpg
【前を3台のMTBが、一応意地で抜きましたが・・・、この先も続きます】

パリ市内に入ると、今日もマラソンイベントの交通規制に引っ掛かり、帰り道が大渋滞。こちらの人は道路規制と解っているのに渋滞にはまるとクラクションを鳴らし続けるマナーの悪い人が多いのには閉口です。

本日の走行距離: 57.4KM

これで今月の自転車は終了かな。
  1. 2009/10/25(日) 18:41:24|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

世界遺産 ノートルダム大聖堂

金曜の午後に予定外にできた時間を使ってCathédrale Notre-Dame de Paris(ノートルダム大聖堂)見学。観光シーズンなら入場待ちの長い列ですが、並ぶことも無く入ることができました。

webDSCN1674.jpg

讃美歌の流れる荘厳な寺院の中をゆっくりと見学。1163年に建築がスタートし最終的な竣工は1345年。装飾は19世紀にゴシック様式で作られたものが多いとか。
そして、いろいろなところにあるノートルダムですが、『ノートルダム (Notre-Dame, 英語ではOur Lady) はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアを指している。ノートルダムを冠した教会堂は世界各地のフランス語圏の都市に建てられてきた。』(wikipedia)そうです。

webDSCN1649.jpg 【天井のこの曲面、どうやって作るのだろう】

そして、美しいステンドグラスに息を飲む。
webDSCN1644.jpg webDSCN1651.jpg
webDSCN1654.jpg webDSCN1661.jpg
webDSCN1658.jpg

教会や聖堂を訪れるといつも、宗教史や聖書の話がもう少しわかれば違った視点で見学できるのにと思うのですが、一向に進歩なしの自分がまたノートルダム大聖堂にもいました。
  1. 2009/10/24(土) 17:01:15|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ランニング・・・・10KMって

今日は午後からパリ警察へフランスの運転免許証を「もらい」に、のはずが、警察前で待ち合わせをした一連の手続きをサポートしてくれているエージェントさん曰く、今日は書類の提出のみとのこと。エージェントさんが受付のおじさんに説明して書類を提出。特に本人確認も行われず、家内と二人、「??」。免許がもらえるのは1月頃になるとのこと。フランスの役所は本当に仕事が遅いなあとつくづく感じた瞬間でした。日本なら即日発効当たり前なんですが・・・

あっという間に終わってしまって予定外の時間ができたので、すぐそばにあるノートル・ダム寺院へ。これはまた後日アップします。

さて、明るい内に家に戻れたので、おもむろにランニングウェアに着替えて念入りにストレッチ。密かに計画していた「10キロ走」に挑戦です。セミマラソンに申し込んだのは良いのですが、未だに10KMすら走ったことがなかったので、ここ数日まずは10KM走ることを考えていました。

近所のアンドロ・シトロエン公園が1周1.1KMなので、これを9周することを目標にスタート。無理のないペースで1周が6分30秒ほどのペースで走りますが、5KMほど走ると膝や足首が辛くなってきました。とはいえ、それ以上痛むこともなさそうなので同じペースで周回。9周9.9KM走ったところで1時間01分。時速10KMで1時間走るとこんな感じなのかというのがわかったランニングでした。

先日、DECATHLONという大手チェーンのスポーツショップで購入した長袖ラン用ジャケット。Kalenjiというランニング用品のフランスブランドですが、かなりリーズナブルな価格設定。このロゴを着てる人をよく見かけるので、フランスではよく認知されたブランドなんだと思います。日本では聞いたことがなかったですが。

webDSCN1682.jpg

徐々に走行距離を延ばしていかないと・・・・
  1. 2009/10/23(金) 22:25:44|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ロードバイク・・・真冬の寒さの中

毎年冬になると、寒いのを理由に自転車に乗らなくなると、ひと冬そのまま乗らないで過ごしてしまうかもという変な強迫観念にかられ、寒い中を頑張って走るのですが、今日はまさにそんな気持ち。
まだ10月中旬だというのに、朝8時、ようやく空が白み始め、気温は3℃。風があるので体感温度は1℃。

長袖インナー、長袖ジャージ、ウィンドブレーカー、もちろんシューズカバーも必須。8時15分ようやく陽が昇ったので家を出ていつものようにロンシャン競馬場へ走り始める。吐く息が白い。
ロンシャン競馬場に到着。夏とは違い自転車乗りの姿はだいぶ減り、かわってランニングする人の姿が増えてきた。

DSCN1641.jpg
【9時前、ようやく朝日を浴びることができた】

28KMくらいのスピードでLSDをと思っても、抜かれると追ってしまうし、トレインが来ると乗ってしまう。結局、適当な走り方で1時間半ほど走って終了。

本日の走行距離:40.4KM

そして、10時過ぎに家に戻り着替えたらマルシェ(青空市場)へ奥様とお出かけ。これ、今日の大事な日課です。
マルシェに行くと、豚の耳や豚足も普通に並んでいたり、、季節柄、牡蠣専門店も出ていたりとフランス人の食材の幅広さを知ることができて楽しいです。
  1. 2009/10/18(日) 20:05:58|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

SALON DU CHOCOLAT

毎年開催される人気のイベント『SALON DU CHOCOLAT』に行ってきました。日本でも開催されているそうですが、その規模が違います。場所は Porte de Versaillesの国際見本市会場。先々週SALON DU CYCLEの開催された場所とほぼ同じ。

会社のマダムに、今週末はSALON DU CHOCOLATに行こうと思ってるんだと話したところ、朝10時には行きなさい(開場は10時から)、朝ご飯は食べないでね、といろいろアドバイスをもらった訳ですが、10時前に着くと長蛇の列。一人入場料が12ユーロと安くはありませんが。

R0010345.jpg
【予想をはるかに超える人でした。SALON DU CYCLEとは大違い】

会場内には有名ショコラのブースがどーんとすごい数あり、唖然とする迫力。一部の超高級店以外は試食もさせてくれるとあって、熱気であふれてました。自分もがんばって試食に励みましたが、そんなにたくさん食べれるものでもないですね。

チョコレートで作られたメゾンや、有名ショコラティエがによる最新モードのチョコレート。それにシアター風の大きなステージでのショコラティエによる実演など、フランス人のチョコレートに対する熱い思いが伝わってきました。
webR0010352.jpg webR0010354.jpg

日本人のショコラティエもいくつかのお店で頑張ってました。
メリーチョコレートはトウキョウチョコレートというブランドで出店。
webR0010359.jpg 【こちらメリーチョコレートさんです】

Sadaharu Aoki パリでも人気の高級ショコラ。
webR0010360.jpg 【雨宮塔子さんのご主人ですね】

チョコ好きの家内にはとても魅惑のイベントだったようで、会場内をぐるぐるまわって2時間半。それにしてもフランス人のチョコレート消費量はかなりのものなのでしょう。みんな気持ちいいくらい大量購入でした。
  1. 2009/10/17(土) 19:52:26|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ランニング・・・エントリー

la_tete_US.jpg
【semi marathon de PARIS】

先日パリ-ヴェルサイユマラソンのスタートを見て刺激されてしまったのか、こんなイベントにエントリーしてしまいました。来年の3月7日、そんな先の予定はわかりませんが、今申し込むとエントリーフィーが30ユーロとリーズナブルだったのでつい勢いで申し込んでしまいました。そして、英語のサイトが用意されているところが、外国人の参加を前提にしているということでエントリーをしやすくしてくれました。

セミマラソンということで21KM走るわけですが、今の自分には10KMだって無理という感じですが、半年あるので少しずつ距離を延ばしていけたらと思っています。
ウェブサイトのトップページに現時点の申込者数が出ています。7000人を超えたようです。

こちらのスポーツイベントは自転車にせよマラソンにせよ、お医者さんから、参加OKですよという証明書を発行してもらい、それを大会事務局に提出しないと正式エントリーはできません。ということで、パリでお医者さんに行ったこともないし、どうすればよいのか思案中です。


これで目標が定まったからでしょうか、今日はまだ明るい内に家に戻れたので早速ランニングウェアに着替えてアンドロ・シトロエン公園を走ってきました。気温は12℃くらいと寒く、先日買ったランニングタイツが早速登場。走りやすくて快適でした。
webDSCN1636.jpg
【日の入りは19時。これは18時過ぎのセーヌ川越しの夕日です】

本日のランニング距離:6KMくらいだったか・・・
  1. 2009/10/16(金) 20:10:19|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

モンマルトルのぶどう収穫祭 Fete des Vendanges de Montmartre

前回のエントリーで「次の予定」といったのが、モンマルトルのぶどう収穫祭 < Fete des Vendanges de Montmartre >です。

モンマルトルの丘は、サクレ・クール寺院や芸術家の集まる場所として有名で観光名所となっていますが、まだ訪れたことがなく、このお祭りを見学に行こうということになりました。7日からやっているよですが日曜日しか予定がとれず、今にも雨が降り出しそうなどんよりしたお天気の中行ってきました。

何やら、今でもパリ市が管理するぶどう畑がサクレ・クール寺院の裏にあり、そこでの収穫を祝って行われるお祭りだそうです。土曜日にはパレードも出たようです。

メトロの駅から丘を登って行くと、急な階段が現れます。ユトリロの絵に描かれた風景だなと思いながら、一段一段。。。昨日のランと今朝のバイクで若干筋肉痛の重い脚を進めます。

webDSCN1626.jpg

すると、白色が美しいサクレ・クール寺院が。すごい数の観光客ですが、中に入ると荘厳な音楽が響いていました。
webR0010326.jpg

そして、寺院を出ると目の前にはパリ市内を一望する景色が広がっています。
webR0010328.jpg

お祭りのメインは寺院を取り囲むようにして出展されているフランス各地の物産屋台でしょうか。人ごみの多さは日本のお祭りと変わらず場所によっては大渋滞。
各地のワイン、チーズなど数えきれない屋台の数。エスカルゴが美味しそうだったので。オリーブオイルとガーリックにハーブでオーブンで焼いただけですが美味しい。ソースをパンにつけて食べるとこれまた美味しい。
webDSCN1627.jpg webDSCN1634.jpg
webDSCN1635.jpg webR0010335.jpg

丁度お昼時間帯だったためか人が多くてお店をゆっくり見れなかったのが残念。少し時間を外して行くとゆっくり楽しめたかもしれません。また次回ということで。ワインを2-5ユーロでグラスで飲めるので、ワイン好きにはたまらないお祭りです。
  1. 2009/10/12(月) 19:35:09|
  2. パリの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ロードバイク・・・Traning @ Longchamp

日の出の時刻が8時5分。日の出とともにロードバイクを出してロンシャン競馬場に向かいます。朝の気温は12℃なので、早くも長袖ジャージ+タイツ+長指グローブという初冬の恰好です。

8時半に走り始めた時にはCyclisteの姿もまばらでした。やはりシーズンオフ近しってとこでしょうか。
ロードバイクで走るのは2週間振りだったので、少し走っただけで息が上がってしまう情けなさでしたが、約40キロをノンストップで平均30.5キロと良いトレーニングとなりました。

もう少しLSD的に走り込みたいのですが、これだけ日の出が遅くなってくると走れる時間がかなり制約されます。それで、ついついオーバーペースで「走った~」という感じを求めてしまってますね。
本日は次の予定があるので、これで撤収。
帰り道、あちらこちらにポリスが出て交通規制。マラソンでもあったのでしょうか?

本日の走行距離: 39.8キロ
  1. 2009/10/11(日) 16:53:13|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランニング・・・秋から始めるランニング

今朝、日本から戻ってきました。日本滞在中は、時差ボケ+寝不足+コンビニ弁当なハードな日々。おまけに、5年ほど使っていたお気に入りのボールペン紛失や、パリでタクシーにぼられたりとグッタリ。

それでも、日本の書店で偶然目にした『TARZAN・・・秋から始めるランニング!』を読んでいると、何だか走りたくなって重い体に鞭打って走ってきました。

webDSCN1618.jpg
【ランニング系雑誌も表紙は美しい女性なんですね】

久しぶりセーヌ川沿いに、エッフェル塔を眺めながらアルマ橋までの往復。午後からのスタートだったためセーヌ川沿いも観光客であふれて走りにくかったですが、『PHOTO QUAI』という屋外写真展がセーヌ川の河岸に展開していました。スポーツの秋ですが、パリではどちらかというと芸術の秋ですね。気候のせいなのか、10月以降はマラソン関連イベントも無いようです。日本ならイベント盛況な季節ですけどね。

Tarzanの記事に寄ると、毎日計画通りのトレーニングを6カ月行えば春にはフルマラソンが完走できるレベルになるそうです。しかし、どう考えても週末ランナーの自分には無理そうです。。。。。

webDSCN1624.jpg
【特設のセーヌ河岸の写真展。周りの風景まで取りこんでしまうところがスゴイ】

本日のランニング:5.5キロ  これ位なら辛くなくなってきたかな。
  1. 2009/10/10(土) 16:51:18|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

SALON DU CYCLE

パリ自転車ショー(Salon du Cycle)が今日から10月5日まで、Porte de Varsaillesで開催されます。ここは東京ビッグサイトのような国際展示場です。

一般ビジターの入場は今日(金曜日)の夕方5時から5日までですが、今日しか都合のつかない自分は夜見学に。日本だと自転車ショーなど絶対行かないであろう奥様も写真係として同行です。(写真はクリックすると拡大します)

日本で開催されるものと比べると大きさは半分くらいでしょうか。人もそこそこ入っていますが、日本とは比べ物にならないくらい空いていると言った方が良いかもしれません。お客さんの年齢層が高いというのもこちらの特徴かな。それに、日本の展示ほどお金はかかっていない、非常にあっさりしたブースです。
webDSCN1603.jpg 【のんびり見学することができます】

webDSCN1607.jpg R0010316.jpg
【LOOK Premium Collection】         【Willer +Team Bus】

webR0010317.jpg webR0010307.jpg
【SWISS BMC】         【PINARELLO DOGMA is back】

webDSCN1609.jpg webDSCN1595.jpg
【Corratec 3兄弟】             【パリでよく見るBIANCHI】 

webDSCN1597.jpg webDSCN1593.jpg
【フランスで人気のGITANE--GIANTじゃないよ】 【CUBEというブランド フランスカラー】

ひそかに嬉しかったのがこれ。オランダのダッチバイク、その名もVan Gogh。以前、飛行機の機内誌で見たのと同じで街乗りではかなり目立ちそう。
webDSCN1611.jpg


ANCHOR, SCOTT, CANNONDALE, GIANTなどのブースはありませんでした。SHIMANOもカンパもなし。 その代わりではないですが、日本では聞いたことのないようなブランドが多く、それなりにお客さんを集めていた感じです。

また、MTB(こちらではVTTといいます)の展示がロードバイクと同じくらいありました。日本もそういうトレンドなのでしょうか。

こういうのを見るといろいろ夢を膨らませるのは、日本でもフランスでも一緒ですね。

会場出口で、時々トレーニングライドにご一緒させて頂くS氏と奥様、J氏にバッタリ。この広いパリでの偶然に、自転車乗りの行動は似ているなあと。。。
  1. 2009/10/02(金) 21:00:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ