misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Dictionnaire francais

一か月ほど前に電子辞書を購入。その後、奥様用にも一台追加購入しました。

電子辞書自体にフランス語の辞書が入っているものもありますが、自分が買ったのはベーシックなタイプでフランス語辞書ソフトは別途購入し、自分でSDカードに取り込み電子辞書に入れるタイプです。

ところが、なかなかこの辞書ソフトが手に入らない。CASIOがオプションとして『プチロワイヤル』『クラウン』という2種類の辞書ソフトをラインアップしているのですが、ネットで調べても在庫切れのお店が圧倒的。ようやくAmazonで『プチロワイヤル』をオーダーしたところ、3週間ほどたってから「入手できません」との連絡。改めて、ネットで「クラウン」なら入手できるかもということで漸く手に入れることができました。一月を要したことになります。そんなに人気なの???

そして我が家には2台の電子辞書と2冊の仏和辞典が揃ったのですが、つくづく自分はアナログ人間なんだと思います。まだ、辞書の引き方もわかっていませんが、それでも電子辞書には何だか抵抗を感じてしまいます。中学生以来、ずっと重い辞書を使った世代だからでしょうか。
DSCN0939.jpg
【たくさん辞書や本を手に入れたけど、まったくわからん状態・・・】

ネットのエキサイトやLivedoorが提供する翻訳サイトもお世話になりますが、仏語-英語ならそこそこ正確に表現されるようですが、やはり仏語-日本語というのは難しく、意味をなさないことも多いです。アナログ人間としては、やはり自分で辞書をひきひき悪戦苦闘するしかないのかもと思い、結局、携帯用にポケットタイプの辞書をもう一冊ポチっとしてしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 21:25:22|
  2. フランス語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Cyclisme dernier au Japon (Last cycling in Japan)

Cyclisme dernier au Japon=日本で最後のサイクリングに行ってきました。快晴、微風、湿度も低く最高の自転車日和。

7時半に出発し、まずは鶴見川サイクリングロードを南下。新羽橋から早渕川間の護岸工事は完了していて、きれいに舗装されていて走りやすい。亀の甲橋手前の未舗装区間が舗装されればいいんですがねえ。。。
DSCN0916web.jpg
【早渕川合流手前の工事がきれいに完了してました】

R1からみなとみらいといういつものルート。この道を走ることも暫く無いんですねえ。
みなとみらいではスターバックスで休憩。このスターバックスは本屋と併設されていて、雑誌を読みながらコーヒーが飲めるんです。
Y150が開幕し、きょうは多くの人出が予想されますが、この時間はまだまばらでした。
DSCN0918web.jpg
【このカラーには都会の景色が似合います】

みなとみらい地区では異彩を放つ低層建築の横浜美術館。
DSCN0919web.jpg
【これで何度目だろう、この場所に来たのは。。。】

お気に入りの景色を目に焼き付けて帰路へ。3時間半のRFX8でのラストランは終了。いつの日か、また戻ってくるでしょう。

【本日の走行距離】 64.8KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/29(水) 21:15:07|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

Aujourd'hui il fait, mais.....

Aujourd'hui il fait, mais.....今日は晴れ、しかし.....
と電子辞書で出てきたのですが、意味は通じるのでしょうか。


今日から9連休。しかし今年のGWは昨年とは大違い。引越し荷物の先発隊の発送を数日後に控え、今日から必要なものと捨てるものにわけながら、段ボール箱とお友達。荷物の整理をしていると、思わぬものを発見して見入ったり、気になる本を読んだりと、なかなか進みません。

奥様は自分と違い、使わないものは捨ててスッキリするのが好きな性格なので、どんどん捨てていきます。見ていてハラハラしますが、お陰で引越しの度にシンプルライフになっていきます。


さて、日本での自転車生活も明日で終わりになる予定。部屋の自転車ラックも分解して箱詰め完了。そして、フォークエンドとリアエンドを固定するキャリアを準備。これに固定してフレームは梱包する予定。2ヶ月近い輸送に耐えてもらわないといけません。
DSCN0880web.jpg
【本来はワゴン車などに車載する時に、便利なキャリアです】

日曜日、HiRoadの青山さんに急遽、納車後の初回点検をお願いしてきました。ワイヤー類の伸び調整と微妙なメカ調整が終了。

090426_1721~02
【真剣な眼差しでシフト調整する青山さん】

明日は、最後に横浜Y150開催地にでも行って、お別れをしてこようかなあと思っています。
  1. 2009/04/28(火) 19:53:24|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Velo magazine

自転車雑誌はフランス語ではVelo magazine(=Bicycle magazine)というのでしょう。
パリ出張時にシャルル・ド・ゴール空港の売店の雑誌コーナーで自転車雑誌を物色していたら、4種類発見。空港の売店に4種類あるのですから本屋に行けばもっと種類があるかもしれません。
プロレース専門誌、自転車散歩系などもあったのですが、日本のFun ride Cycle、Sports Bicycle、Club系の雑誌と思われた写真の『Top Velo』 5€を購入。何が書いてあるかは良くわかりませんが、2000€クラスのバイクインプレ、シューズの特集(何と30種類も)。
DSCN0913web.jpg
【インプレや新製品紹介、日本の雑誌に近い構成です】

残念だったのは、ANCHORはどこにも出てきませんし、広告すらありません。かなり知名度は低そうです。。。。コルナゴ、スペシャ、トレックがよく登場してます。

色々な地方でサイクリングイベントなどは開催されているようです。しかし、どれも『Denivele』すなわち上り距離標示(獲得標高?)が出ています。例えば、こちらのイベントは75KMで1700m、164KMなら3900m上るようです。
DSCN0911web.jpg
【いつかはイベントにも参加したいですが。。。】

まもなく引越し荷物を出さないといけないのですが、まったく片付かず。。。。ということで、この週末は自転車休息日です。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/26(日) 14:46:24|
  2. フランス語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ラスト ヤビツ峠

出張の予定が少し変更になり、今日は思いがけず自転車に乗れることになりました。TMRのつんさん、kopaさん、モクさん、horiさんのヤビツアタックに参加させてもらうことにしました。朝7時に伊勢原総合運動公園に到着。しばらく、ここに来ることもないなあと思い、メガーヌとRFX8を記念撮影。

DSCN0896web.jpg
【RFX8+メガーヌの写真は初めてかも】

R246から長~い善波峠を越えて名古木の交差点までは順調。追い風のためか善波も思ったより楽に越えられた。トンネルを抜けて下ると、いよいよ『ヤビツ峠』の標示が出てくる。

DSCN0901web.jpg
【多分、今回で6回目のヤビツかな】

名古木から少し上ったところにあるコンビニでつんさん、kopaさん、モクさんとは待ち合わせ。3人は途中合流しながら50キロを自走だそうだ。3人が真新しいTMRジャージをまとって到着。
しばらく休憩して上り始めようとすると、つんさんの命令で一度名古木まで戻ることに。ヤビツは名古木からTTするのが今日のルールだそうです。

名古木まで下ってTT開始。つんさんがいきなりダンシングでグイグイ上がって行ったのですが、自分は前半は負荷をかけずにシッティングで上がることに。RFX8では初ヤビツですが、コンパクトに替えたお陰で少し気持ちに余裕が出ます。それでも、蓑毛の坂は壁のように見え、その壁を果敢にダンシングで上っていくつんさんを視野に入れながら、自分は相変わらずシッティングでした。

蓑毛を過ぎると、勾配に合わせてギアを変えながらケイデンス一定を意識。
菜の花台ではこちらに向かって大きく手をふる人がいるので、だれかと思ったらhoriさんでした。裏から上って見晴らし台まで下りてきたそうです。見晴台を30分強で通過。ここで三分の一なので、45分切れるかも・・・と思いながらもペースはそれ以上上がらず、峠到着は46分20秒。
これまでのタイムを2分短縮。機材のお陰ですね。
DSCN0903web.jpg
【お決まりですが、RFX8初ヤビツ】

他のメンバーは林道経由で秦野方面に向かうとのことでしたが、自分は宮が瀬に下りることにして春の丹沢を満喫。
DSCN0906web.jpg
【渓谷というにふさわしい眺めです】

宮ガ瀬まで下り、湖を1周してみようと思って時計回りに走り始めたのですが、アップダウンの多い道。おまけに厚木方面に下っていることに気付き、クルマのある伊勢原まで戻るために半原の長い上りを戻り、何とか公園まで戻ってきました。峠を発ってから2時間も休まずアップダウンを走り続けたようで、獲得標高とあいまって明日は筋肉痛の予感。。。。

今日、ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。
これがラスト・ヤビツになりそうです。

【本日の走行距離】 74.2KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/19(日) 22:16:42|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

走行会&壮行会

きもけんさんが声かけをしてくれ、TMRメンバーや自転車友達が『Yoshiさん走行壮行会』を企画してくれました。
そして、ここ数ヶ月でなぜか新車購入したメンバーが多く、新車のお披露目会も兼ねた走行会の趣。

8時に二子玉川集合。途中合流の方も含め20名以上の仲間が集まり一緒の時間を過ごしてくれた。
コースは、まずはTMRが産声を上げた多摩サイから連光寺を上り関戸橋に戻るルートに加えて、曙橋から秋川方面に向かうルート。

DSCN0881web.jpg
【8時前の集合場所は少し肌寒かったです。】

自転車日和、ジョギング日和ということで大盛況の多摩サイを長いトレインがゆっくりと多摩河原橋まで、川崎街道の大丸前のコンビニで小休止。そこからそれぞれ連光寺までアタック。RFX8では初連光寺でしたが、ペースを抑え気味だったせいかSCOTTよりも疲れが少ない感じがしました(多分、気のせい・・・)

関戸橋に下りて多摩サイをゆっくり曙橋まで行き、曙橋通りを西に向かい到着したところは『小峰公園』という美しい公園でした。ここで手前のコンビニで調達したお弁当を広げると、童心に帰ってピクニック気分。かなり気温も上がってきました。

DSCN0889web.jpg
【まるで子供の遠足気分】

公園を後にして秋川沿いを気持ちよく流し、再び多摩サイ。多摩サイは向かい風が強く本日一番の難所でした。四谷のセブンも大盛況で自転車が置けず、こういう状態でみなアイスで補給。日も傾き始めたので、再び向かい風の多摩サイを黙々と下ります。誰一人声を出さない無言のトレイン。
DSCN0894web.jpg
【20台以上が並ぶ光景は壮観でした】

せせらぎ館経由で出発地点の二子まで戻り、ぴったり100キロ。二子まで一緒に走ってくれた仲間に見送られると、赴任まではまだ日があると思っていたけど、だんだんとその日が近づいてくる気がしてきました。
次回TMRの仲間と走れるのはいつのことかはわかりませんが、自転車を通して知り合った素敵な人たちとの繋がりはいつまでも大切にしたい。距離はあっても、ネットがそれを可能にしてくれるかな。

ご一緒してくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
Merci beaucoup !

【本日の走行距離】 100KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/12(日) 21:37:14|
  2. 自転車
  3. | コメント:23

Je suis cycliste

新学期が始まると気分新たにラジオ講座で勉強を始めた経験をお持ちの方も多いでしょう。自分も英語講座には結構お世話になりました。

そして、4月から必要に迫られて始めたのが『フランス語』。仕事の場面ではフランス人だろうと、中国人だろうと英語でOKなんですが、いざ生活するとなると英語で済ませるというのは無理なので、サバイバルのために最低限必要なレベルまでは頑張ろうかと。。。

DSCN0879web.jpg

まだほんの入り口ですが、日本語<->フランス語で学ぶより、起源が近い、英語<->フランス語の方がイメージしやすい気がします。とはいえ、フランス語はかなり難しい。

そして、フランス語が全く出来ない私を見て焦ったのが家内です。さすがにまずいと思ったのか、彼女はフランス語の学校に通い始めました。

ところで、昔『クイズダービー』というクイズ番組がありましたね。篠沢教授という珍回答者が人気だったわけですが、写真の『フランス三昧』という新書はフランス文学のオーソリティ篠沢教授の著作です。フランスの起源や民族の歴史、文学史について書かれています。フランス概論を学ぼうと思って手にしたのですが、正直さっぱり理解できませんでした。フランスは奥が深いようです。

今日は初夏の気候でしたが、朝からいろいろと用事が立て込み、自転車には乗れず。ランニングでもしようかと思ったら既に夜。運動ゼロの一日でした。

タイトルの Je suis cycliste は私は自転車乗りです、という意味かな。
  1. 2009/04/11(土) 20:48:38|
  2. フランス語
  3. | コメント:6

《読書日記》 行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論-

41IT8hZm9JL__SL500_AA240_.jpg

『行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論-』 日本経済新聞出版社
舞田竜宣 、杉山尚子 著

【解説(日本経済新聞出版社HPより)】
一人ひとりが活き活きと働き、どこにも負けない競争力を持つ。そんな理想の組織はどうすればできるのか。その答えは、行動分析学に裏打ちされた人と組織のマネジメントにある。心理学と組織学を融合させた意欲作!心理学とコンサルタント、二つの視点から企業変革の道筋を分析。実話に基づいたビジネスストーリーを通して、行動分析学を用いた個人の成長、組織活性化の具体的手法を解説。

【内容】
架空のノルウェー・モバイル社を舞台に、HRビジネスパートナーという役職についている主人公が、ケース・ストーリーの中で組織や個人の抱える問題を改善していく。各ストーリーの後に、行動分析学による解説がされていて理解を深めることができる構成になっている。

【感想】
組織を構成するのは人であり、人の行動が組織の行動に大きな影響を与える。行動分析学という馴染みのない分野だったが、人がとる行動には必ず理由があり、行動を科学的に分析して行動を制御することによって人と組織が変わるということをケースでわかりやすく示してくれる。
“好子・嫌子”、“強化・弱化”、“行動随伴性”等、なじみの無い専門用語が出てきたが、ケースを通じて理解しやすくなっている。
『コーチング』はかなり知られるようになったが、行動分析学的を知った上でコーチングを意識したコミュニケーションをすることで、効果を上げることができると思った。
行動分析学を”知る”のと”実践できる”との間には大きな差があるのは間違いない。ただ、意識して使ってみないと何も始まらないのも確か。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/04/09(木) 23:03:41|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

久しぶりの皇居モーニングライド

前回参加したのは6月15日だったようですから、ほぼ10ヶ月ぶりにHiRoad青山さん主宰の皇居モーニングライドへ行ってきました。久しぶりに都心を目指してはしったら、こんなに距離あったかなあという感じで、案の定、集合時間に遅刻。

DSCN0872web.jpg
【途中、久しぶりに東京タワー見上げる距離まで寄り道】

祝田門の交差点付近でタイミングよく青山さんが牽く集団に合流することができ、トレイン後尾につかせてもらい、心地よいゆっくり目のスピードで3周回。
皇居周辺の桜は満開。歩道は花見の人とランニングをする人で大賑わいでした。
DSCN0874web.jpg
【菜の花と桜のコントラストが美しかった】

4周目はペースがあがり、竹橋からの上りを30KM超で一気に上がったら脚が売り切れてしまい、この周で終了。
DSCN0875web.jpg

青山さんご夫妻、YMさんご夫妻にご挨拶することができ、久しぶりのMR参加でしたが清清しく皇居を後に。これでしばらくここに自転車で来ることはないんですね。

往復自走で【本日の走行距離】 72.0KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/05(日) 22:37:53|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

みなと横浜

さくら満開のニュースが朝から流れた今日、走っておきたいあのルートということで、みなと横浜を目指しました。

鶴見川で満開の桜を発見し、RFX8を桜をバックに記念の一枚。
DSCN0862web.jpg
【朝早くからブルーシートで場所取りが終わってました。】

R1からみなとみらいを抜ける定番ルートで山下公園へ。開港150年の今年、春休みということもあり、観光バスと観光客で大変な賑わいでした。横浜はレトロな建築物と現代的な建築物とが上手く調和しているところが世界に誇れるのではないかと思います。

山下公園から本牧・根岸あたりまで流して折り返し。この辺りを走るとユーミンの歌がよぎる方も多いのでは。。。。
DSCN0864web.jpg
【広い空と彼方を見渡せるすがすがしい場所です】

【本日の走行距離】 69.4KM


そして午後、使っていない自転車グッズ一斉売却作戦実施。
どちらかというと、なかなか物を捨てられずに置いておきたい性格なのですが、事情がそれを許さないので割り切って作戦決行しました。時間がある時にやっておかないと。。。。
DSCN0870web.jpg

SCOTT S20フレーム
OCR3に完装されていたホイール
ハンドルバー2本、クランク、ディレーラー、サドル、ステム、他・・・・・・もろもろをクルマに積んで買取ショップへ。

お店にに到着し駐車場にバックで下がると、「ゴン」。死角のブロック塀にバンパーをぶつけてしまいました。バンパーの擦り傷程度で済んだので良かったのですが、「手放さないで」と言われているような気が。。。

査定時間20分ほどだったでしょうか。フレームはかなり慎重に歪みや狂いが無いかを丁寧にチェックされてました。
どれもかなり使用感があり、傷や汚れが目立つものなので、引き取ってもらえればいいやという程度に考えていたのですが、査定額は自分の予想をかなり上回るものでビックリ。
SCOTTには本当にお世話になったけど、これから、お互い新たな展開に期待しよう。

ということで、ちょっとセンチメンタルになる午後でした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/04(土) 22:39:46|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ