misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

睦月(1月)の自転車総括

2009年の最初の月があっという間に終わってしまいました。

=====================================================
1月 4日(日)   ツインリンクもてぎ         100.6KM
1月 5日(月)   HiRoad                37.6KM
1月11日(日)   横浜(都市発展記念館)      62.2KM
1月17日(土)   連光寺-尾根幹           72.1KM
1月18日(日)   鶴見川(横浜月例マラソン)     28.2KM
1月25日(日)   山下公園で離脱           67.2KM
=====================================================
                    計           367.9KM

1月最終日の今日は悪天候でした。
ツインリンクもてぎの今年最初のイベントがなければ、300KMに届かなかったかも・・・
余り走れなかったようです。

ぺこちゃんにならって、シェアザロードキャンペーン。
velo_share_bnr_234_60.gif
【シェアザロード~クルマと自転車が共通意識で走れる道を】(リンクします)
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/31(土) 16:36:51|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

《読書日記》 アダム・スミス

HTbookCoverImage.jpg 『アダム・スミス』 堂目卓生 著 中公新書

2008年サントリー学芸賞を受賞した本書は、昨年末の日経新聞「エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10」で1位でした。
アダム・スミスと言えば、神の見えざる手とそれによる>市場主義経済という印象でした。この本の副題は、~『道徳感情論』と『国富論』の世界~。
金融市場主義経済が破綻し、世界中で多くの富が失われた。アダム・スミスは何を言いたかったのか。本書はスミスのもうひとつの著作『道徳感情論』に示された人間観と社会観を通して『国富論』を読み直し、社会の秩序と繁栄に関するひとつの思想体系として再構築しようと試みています。

以下、印象に残った記述です。

「正義感によって制御された野心、および、そのもとで行われる競争だけが社会の秩序と繁栄をもたらす」
「競争がフェアプレーのルールを無視して行われるならば、社会の秩序は乱れ、見えざる手は機能せず、社会の反映は実現しないであろう」
「スミスの議論の特徴は、人間の中に「賢明さ」と「弱さ」の両方があることを認めている点である。そして、人間社会の秩序と繁栄という大目的に対して、「賢明さ」と「弱さ」は、それぞれ異なった役割を与えられている。すなわち、「賢明さ」には社会の秩序をもたらす役割が、「弱さ」には社会の繁栄をもたらす役割が与えられている。特に「弱さ」は一見すると悪徳なのであるが、そのような「弱さ」も、「見えざる手」に導かれて、繁栄という目的の実現に貢献するのである。しかしながら、「見えざる手」が十分機能するためには、「弱さ」は放任されるのではなく、「賢明さ」によって制御されなければならない。」

全くその通りと思うことばかり。道徳心や倫理観の無い経済成長は幸福をもたらさないということを言っていたのです。今、経済学の真価が問われています。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/28(水) 00:53:27|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山下公園までお見送り

TMRの『早春 三浦ツアー』だったんですが、ちょっと余裕のない自分は途中までお見送りしてきました。

8時に多摩川のガス橋集合に間に合うように、7時過ぎに家を出ると路面がどこもウェット。夜間一気に冷え込んで結露したんですかね。滑らないように慎重に走っていると、思ったより時間がかかり、ガス橋8時にギリギリ間に合いました。

初めての方もいて総勢??でしたが、かなりの大人数でした。よく考えると、TMRの走り初めに参加できなかったので、皆さんとは「今年もよろしく!」でした。

DSCN0732web.jpg
【バーテープは白が流行り?】

ガス橋から南部沿線道路-R15で山下公園まで3つのグループに分かれて快適に巡航。自分は普段はR1を使うことが多いのですが、R15はR1よりフラットですが信号が多かったかな。

[山下公園までお見送り]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/25(日) 21:40:10|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

くさぶえのみち ラン

怒涛のような1週間が終わったのですが、睡眠不足がたまった体は休日だというのに起きることができなくて自転車は断念してしまいました。のんびり朝食を食べていると、「やっぱり体を動かしたい・・」という気持ちが湧いてきて、ご近所ランしてきました。

同じ走るなら気持ちの良いところを走りたいと思うのは自転車もランニングも同じですね。ランニングの格好でフラペのOCR号で市営地下鉄一駅先の中川駅まで5分。駅前の駐輪場に泊めると、そこが港北NTの緑道のひとつ『くさぶえの道』(asahi.com紹介記事へリンク)の入り口です。
DSCN0727web.jpg
【中川駅からくさぶえのみちへの入り口です】
人造のせせらぎに沿って遊歩道が公園から公園へとつないでいます。緑に囲まれた美しい緑道で、地元ランナーがたくさん走っています。もちろん自転車でも走れますが、未舗装路、石畳などありスリックタイヤは余りお薦めできません。
DSCN0730web.jpg
【せせらぎの脇を遊歩道がつづいています】

1.5キロほど走ると池を配した徳生公園です。地下鉄のセンター北駅と北山田駅の中間あたりでしょうか。ここから、数百メートル先で遊歩道が終点。そこで折り返すというのが今日のランニングコースでした。
DSCN0728web.jpg
【一瞬、陽が射しました】

中川駅まで戻ると汗ビッショリ。木枯らし吹く中をOCR号で走ると、薄着の上に一気に汗が冷えて凍えるほどでした。

次の目標は月例マラソンで5キロ走ることなんですが、今日も膝が不安(違和感)でした。
本日のランは約3.5キロをゆっくりペース。5キロは大分先になりそうです。

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/24(土) 12:16:54|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初参加、横浜月例マラソン

昨夜は少しの不安とワクワク感が入り混じる中、今朝の準備をしていました。そして、朝起きると左脚アキレス腱付近に軽い貼り。きっと昨日の自転車で無駄にアンクリングしてしまったためだろうな、今日は大丈夫かなあ、と思いながらも7時半にリュックを背負って鶴見川CRを下流に向かいました。

DSCN0718web2.jpg
【久々登場のOCR号@亀甲橋】
今日のお供はフラットバーのOCR号。久々に登場です。リュックを背負って走るにはロードよりこちらが走りやすい。ホイールは最近シマノWH550に換えてます。 [初参加、横浜月例マラソン]の続きを読む

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/18(日) 18:32:48|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

自転車日和

自転車日和でした。朝は日陰部分の濡れた路面が凍結しているところもありましたが、徐々に気温も上がり、上り坂では汗ばむくらい。

今日のルートは、府中街道-連光寺坂-多摩丘陵-尾根幹-鎌倉街道-多摩サイ-そしていつもの帰路コース。
久々に多摩サイ四谷のY’sで大休止してしまいました。お客さんの多さにビックリ。相変わらずの自転車人気ですね。

DSCN0717web.jpg
冬晴れの公園。木々は春を迎える準備です。

【本日の走行距離】 72.1KM
  1. 2009/01/17(土) 19:03:45|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

『未来をひらく福澤諭吉展』開催

2009年1月10日(土)から3月8日(日)まで、東京国立博物館表慶館(東京・上野公園)にて、慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福澤諭吉展」が開催されています。

『西洋事情』、『学問のすゝめ』、『文明論之概略』などで知られ、近代日本の進むべき道を提唱した福澤諭吉ですが、この展覧会では、多方面にわたる先導的な活動を捉えなおし、その遺品、遺墨、書簡、自筆草稿、著書、および福澤の門下生が収集した美術コレクションや慶應義塾ゆかりの名品などが体系的に紹介されるようです。

展覧会のホームページにはリンクバナーからアクセスできます。


  1. 2009/01/15(木) 22:52:35|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【読書日記】 知的創造のヒント

知的創造のヒント
『知的創造のヒント』 ちくま学芸文庫
著者: 外山 滋比古

背表紙には、『独創的なアイデアは、自分からは出てこないとあきらめていませんか。日頃から、ちょっとした思考のトレーニングを積めば、今からでもユニークな発想ができるようになります。この本は、個性的な思考スタイルを身につけ知的創造性を発揮する方法を提示し、著者の実践法を、やさしく紹介します。常に心構えを柔軟にしておくコツや、忘却の効用、雑談のすすめ、メモをとる是非、本の読み方まで、今から実践できるトレーニング方法を数多く収録。あなたに最適な知的創造のヒントがここにあります。』とあります。
 
昨年、著者の作品『思考の整理学』を読み興味を持ったので、これを読んでみました。本書は1977年に講談社現代新書として刊行されたが廃判となったものを、文庫として復刻させたもの。
30年前、インターネットや携帯電話の無い時代に書かれているが、そこに書かれていることは古さを感じることなく、現在でもうなずける普遍的な著者からのアドバイスです。

美しい日本語で書かれた知的エッセイとしてお薦めです。


ところで、『思考の整理学』はちくま文庫、『知的創造のヒント』はちくま学芸文庫として出版されている。何が違うのかを調べてみると、ちくま文庫は1986年に刊行を開始し、1992年のちくま学芸文庫創刊からは、学術的なものはそちらに回して、一般書の比重が高くなっているとのこと。ということは、前者は一般書、後者は学術的な著書という位置づけなのだろうか。自分には大差ないように思うのですが。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/14(水) 00:00:38|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

『横浜ステーション物語(後期)』

横浜都市発展記念館で開催されている『横浜ステーション物語(後期)』の会期が明日までだったので、行ってきました。前期については9月27日に訪問しています。

いつものように鶴見川からR1に出ようとすると、上末吉橋の先から下流が堤防強化工事だとかで通行不可でした。鶴見川の堤防強化工事は最近いたるところで行われています。

DSCN0715web.jpg
【そこは昔、海だった・・・・・】

展示内容は、横浜に汽車が開通してからの横浜駅の変遷や、街の変貌を展示品で紹介していく構成。前回は前期、今回は後期と分かれているのですが、展示内容は後期がやや昭和30年代以降と市営地下鉄の発展に関する展示が多くなっていました。当初の市営地下鉄の計画路線と現在の地下鉄は若干違うところもあるようでした。

DSCN0714web.jpg
【記念撮影コーナーです。この車両、同い年。先日引退しましたね。。。。】

一時間弱こちらを拝観し、Y’s横浜に寄ってから鶴見川沿いに帰路へ。天気も良かったので、何だかのんびりサイクリングになってしまいました。

【本日の走行距離】 62.2キロ
走り足りなかったので、帰宅後ゆっくりジョギング約3キロ。
  1. 2009/01/11(日) 16:56:08|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

タイヤ交換

タイヤ交換しました。クルマの話です。

半年ほど前からタイヤのひび割れがかなり出てきているので、そろそろ交換するようにとディーラーからアドバイスをもらっていたのですが、ようやく交換してきました。

現在のタイヤは、Michellin Pilot Primacy 205/55R16 94V。欧州車らしい固い足回りを感じさせるタイヤです。3万6千キロ走行ですが、ご覧の通り、溝はまだ走れそうにも見えますが、ひび割れが目立ちます。
【黄色線内のようなひび割れがほぼ全面にあります】
01100002web.jpg

新しいタイヤは、DUNLOP FALKEN ZIEX Z912 205/55R16 91V
高速道路を走ることが多い自分にはPilot Primacyの固さは良いのですが、タイヤノイズが気になっていたので、今回は少し静粛性を考えたところ、オートバックスのお兄さんがFalkenを薦めてくれました。もちろん、価格もお手頃です。

高速道路走行は来週になりそうですが、どういう乗り味になったのか楽しみです。

クルマ用タイヤ一本の値段は、ロードバイク用(700-23C)上級グレードタイヤの倍程度です。使用している材料や生産工程を考えると、クルマのタイヤはかなり割安に思えますが、これは錯覚ですね。

4年目に入ったメガーヌ。年末のブレーキパッド交換、今日のタイヤ交換とメンテナンス費用が発生する時期です。次は何が来るのでしょう。
  1. 2009/01/10(土) 20:52:24|
  2. RENAULT MEGANE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モチベーション向上計画

昨日はお休みだったので、HiRoadにお邪魔してました。青山さんといろいろとお話していたら、あっという間に2時間も。

富士チャレ100キロも、もてぎ100キロも掛かった時間は、ほぼ同じ3時間15分。これ自分の壁なのでしょうね。これを超えるためには結局はエンジンです。でも、モチベーションも重要ということで、自転車モチベーション向上計画進行中です。

自分レベルのホビーライダーが高級機材やグレードの高いメカに変えても、その価格差分の性能差を走りの差に変えることはまず無理かな。もちろん自己満足や見得の要素はありますが。
ということで、自分のレベルに合った計画を進行予定。色々と悩んでいる時が楽しいんですよ。

【月曜日の走行距離】 37.6KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/06(火) 23:37:30|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン

新年早々、ツインリンクもてぎで行われた100kmサイクルマラソンに参加してきました。
Q8監督、Mamoさん、イーチョさんの3人とご一緒でした。朝3時半にピックアップしていただき、順調にもてぎに到着が開門時間の6時ジャスト。駐車場も好位置を確保でき、陣取った8番ピットもガラガラ。参加者が1000人超ですが、全員ソロなのでクルマをピット代わりにする人も多いようでした。
DSCN0701web.jpg
【バイクをクルマから下ろした頃、ようやく夜が明けました】

それにしても寒い。気温はマイナス0.5度。アナウンスでは、低音のため路面のグリップが低いので気をつけて試走してくださいとのこと。

受付の長蛇の列で時間がかかったり、寒さでかじかんだ手でゼッケン付けに手間取ったりしたため、漸く試走に出ようとしたら試走時間終了。目の前でピットレーンが閉鎖されてしまい、結局、試走できずでした。このサーキットは、10月5日にもてぎエンデューロにチームで参加したのですが、その時とは逆周りのようです。

1周4.8KM。平均勾配3%の上りが1KM、そして500Mの下りというのが特徴です。実際に走ってみると、特にレース後半はダラダラ上りが辛く感じ、下りでは踏めずにスピード上がらずでした。

motegi_RoadCourse.jpg
【コース図と高低図(クリックで大きくなります)】

スタートは8時半。21周(100KM)を制限時間4時間で走ります。寒さでガチガチしていてモチベーションが上がらないまま、かなり後方からのスタート。

2周目まではスタートした時の大集団のままほぼ移動し、3周目からばらけ始めました。徐々に脚の合いそうな人たちのトレインが形成され、それに乗っかり前半を走ります。トップ集団のトレインとは違い、上り下りではトレインがばらけてしまい、ホームストレートで再度形成されるという変則トレインですが、おかげで前半はかなり一定のペースで走ることができました。サイコンの平均速度も32キロ。

しかし、上りを重ねるうちに徐々に腰が痛くなり始め、さらに、左脚股関節の筋まで痛み始めてしまいました。ストレッチせずに走り始めたことと、ペダリング時に左ひざが安定していないということの証拠です。

何度もピットに戻ってストレッチしたいと思うのですが、ピットへの入り口は自分のライン取りとは反対側にあるためついつい入りそびれてしまい、下り坂でペダリングせずにストレッチするというだましだまし走法で周回を重ねました。

終盤の3周はサイクリング気分で完走だけを目指す走りになってしまいました。脚はまだ残っているのですが、股関節部分が痛くて踏めないのです。

最後のゴール手前でも淡々と回すだけでフィニッシュライン通過。サイコンの距離は100キロジャスト。心配しながら周回チェックサービスで確認してもらい、OK。3時間15分でした。平均速度30.8KM。グループD(男子40-49歳)では真中あたりでした。後半いかに失速したかがわかります。
DSCN0706web.jpg
【まもなく制限時間4時間になる頃のゴールレーン】

さすがに新年早々の酷寒の時期に100KMソロで走ろうというので、健脚の猛者が多いイベントだったというのが印象です。

自分としての成果は無補給(手がかじかんで補給食が食べれなかったのですが、、)で100キロ走りきれたこと。ペダリングの悪さで左の股関節部に変な負荷がかかっていることがわかったことです。

ご一緒してくださったQ8監督、Mamoさん、イーチョさん、ありがとうございました。
寒かったですが、晴天に恵まれた気持ち良い新年最初のイベントになりました。

【本日の走行距離】 100.5KM

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/04(日) 23:54:13|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

『広重「名所江戸百景」の世界』展

川崎市民ミュージアムで開催されている『広重「名所江戸百景」の世界』展に行ってきました。

DSCN0699web.jpg DSCN0695web.jpg
【多摩サイから数分の等々力緑地内】 【1/200の建物模型】

ミュージアムの解説によると、「名所絵、風景画家として有名な浮世絵師歌川広重は、安政5年(1858)に62歳で没し、平成20年はちょうど没後150年の記念の年にあたります。本展では、広重最晩年の代表作「名所江戸百景」全120点を一堂に展示するとともに、江戸の人々にとっての名所について考え、紹介します。」ということです。実際の展示は、中央区、新宿区、大田区など現在の区割りに整理されており、大変わかりやすくなっています。

構図はとても大胆、そして、グラーデーションを上手く利用した奥行きのある写真を思わせる作品ばかりでした。また、浮世絵と当時の西洋絵画がお互いに影響を受け合っていたのも容易に想像できました。

最近『和』に関する展覧会が多いです。自分の興味も少しそちらを向いているのかもしれません。今年は少し意識してみようかなと思います。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/01/03(土) 18:24:39|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Happy New Year

年賀状2009web
  1. 2009/01/01(木) 00:00:25|
  2. 季節の風物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ