misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

奥さんの自転車購入

 突然、「私も自転車欲しい!」と言い出した奥さんを連れて土曜日はモンベルクラブ、サイクルベースあさひに自転車物色に行ってきました。そして、スペシャライズのシラスを購入。即決です。しかし、ママチャリにもまともに乗ったことがない彼女にいきなりクロスバイクで大丈夫なんでしょうかねえ。

これで我が家に4台目の自転車が仲間入りです。
自分用:スコットS20(ロード)、ジャイアントOCR3(ロード)、スペシャXC(MTB)
奥さん用:スペシャ シラス(クロスバイク)

 これからは夫婦でポタリングの機会も増えるでしょうから、最近乗っていないジャイアントのOCR3かスペシャのMTBをポタ用のクロスバイク風にでも改造しようかなと考えています。
 どちらが改造しやすくて、ポタ用に向いてるんでしょうか。同じような改造経験のある方いたらアドバイスお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/29(火) 23:10:15|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

境川リベンジ!

 2週間前の日曜日mooさんにお誘い頂いたのに、風邪で当日ドタキャンした境川サイクリングロードに一人リベンジ行ってきました。

 朝8時に引地台公園にクルマをドロップ。この公園の駐車場この時間でもかなり埋まっています。野球に来ている人が多いみたいです。引地川と境川が平行して江ノ島辺りまで流れているらしいので、どちらを走っても江ノ島にはたどり着けるよきっと、と思ってたんですが。。。

 まずは引地川を走ってみようと思って探しますが見つかりません。漸く見つけた引地川に沿った一般道を下りますが、そのうちのどかな田園風景、そしてひたすらダートが続きます。ロードバイクで走るところじゃありません。これはダメだと、境川に移ろうと思うのですが。。。自分がどこにいるのか、どっちに行けば良いのかわかりません。結構迷った末に、かなり戻って漸く境川に辿りつくことが出来ました。

 境川CRは想像以上に快適です。ひたすら田園風景が続きます。鶴見川CRの中流の風景が続くと言う感じでしょうか。人も自転車も多摩サイよりはるかに少なく、そういう面でのストレスは少ないです。

 ところが国道1号を過ぎたあたりから、CRが??? 一般道に出て「江ノ島」の標識に従って南に向かいます。最後は地元のママチャリの後に付いてたら、片瀬江ノ島駅到着。

そこには写真のように境川がありました。
【片瀬江ノ島駅の横、境川の向こうに江ノ島】
 001.jpg


 まずは江ノ島に渡り小休止。江ノ島来たのは何年ぶり。きっと結婚する前だろうな最後に来たのは。それって何年前だっけなってことを考えて、R134をひたすら西に向かいます。

 自転車でR134を走ったのは初めてですが、とても走り易い道でした。たまたま交通量が少なかったためかな。本当、たくさんのロードバイクが走っています。皆さん速そう!

 折角だから湘南平なるところを上ってみようと思ったのですが、道に迷ってあきらめました。地図持ってなかったんです。結局平塚まで行ってR134から引地川、途中から境川と帰りは迷うことなく走れました。

 R134のコンビニでたまたま休憩されていたKAUTAのローディの方としばしお話をさせて頂いたり、今回の境川リベンジ、成功ですね。

DIST: 74.2km
AVE: 24.8km (あちこちで道に迷った時間が長かった?)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/27(日) 18:28:26|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は多摩サイ

 昨日の雨から打って変わって朝から晴天。どこに行こうか昨夜は悩みました。SNSでゆるいポタOFFが湾岸で開催されるようだし、でも天気がいいから思いっきり走りたいし。。。ということで、久しぶりに多摩サイを走ってきました。

 二子玉川から北上開始、天気はいいけど西からの横風が結構強い。時々ホイールが横にズルッとすべったりもする。気温もどんどん上昇していきます。途中小休止しながらも、気がつけば昭島まで来てました。走行距離33km。

 午後は奥さんとお昼を食べて買い物に出かける約束をしているので、そろそろ引き返さないと。。。
2007052605.jpg

【多摩川の昭島あたり。新緑に包まれています。】

 復路は向かい風との格闘でした。横風を受けてホイールをすべらしたり、向かい風の中、時速20kmすら出なかったりしながらも、何とかお昼に間に合いました。

 日焼け止め忘れたのに途中で気付いて。。。悲惨です。

【マイバイク】
2007052604.jpg

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/26(土) 17:30:56|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Meganeに遭遇な週末

先週は風邪を引いてしまい、日曜日から微熱、喉の痛み、咳、最後は鼻水の1週間、仕事は忙しく休むわけにはいかず、ハードな1週間でした。ようやく迎えた土曜日、天気予報通り朝から雨。残念。午後も雷の予報が出てるし自転車は断念。

 昼前には雨が上がったので、久しぶりにクルマを洗いにガソリンスタンドへ。今日は奥様はお仕事なので、その後R1沿いのワイズバイクへやっぱり自転車の部品を買いに行くことに。第3京浜都築ICから玉川ICへ向かっていると、隣の車線を綺麗なブルーのメガーヌハッチが、何か嬉しかったですね。ブルーのメガーヌは環8から目黒通りに入っていったので、そこでお別れでしたがしばし後ろを走ることが出来ました。

 そして日曜日、早朝から2週間ぶりに皇居でのショップの練習会に参加するためメガニストジャポン自転車部のジャージを着て出動です。

 この集まりでは皇居の周り(1周5km)を周回するのですが、何と走っていると黒のメガーヌハッチさんを発見。信号待ちで停止している横をスルスルと抜けていくと、僕のジャージに気づいたのかもしれません。そりゃお尻にあんなに大きな《》が付いてますからね。何かとっても照れくさく、気合をいれてペダルをクルクル回しました。

 この週末に遭遇したメガニストさんが目撃したのは僕ですよ。

20070502.jpg

【写真は皇居和田倉門の新緑の街路樹】

今週の自転車での走行距離:83.9km Ave 26.4km
  1. 2007/05/20(日) 16:49:28|
  2. その他の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車海苔の素敵な挨拶

 五月晴れってこのことかという土曜日の好天。多摩サイに出ると朝早いのに大勢の自転車海苔さんが走ってました。

 自分の対抗から来たロードがその人の前を走る遅い自転車を追い越そうとして右に出ようとし、僕が反対から巡航しているの気づき、追い越しかけるのを止めて遅い自転車の後ろに戻るという場面がありました。

 僕は『ありがとう』の気持ちをこめてハンドルから少し右手をあげて挨拶。対抗のローディーも右手を上げてくれて僕と彼はすれ違った。

ほんの些細なことだけど、気持ちのいい瞬間でした。

本日の走行距離: 38.9km

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/13(日) 15:05:53|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史遺産を巡る旅-最終章

 この旅もいよいよ最終訪問地に向かいます。高知を発って高知自動車道で山間部を北上、トンネルが続きます。大豊ICで一般道R32をひたすら北上、途中、祖谷のかずら橋、大歩危・小歩危に立寄り景観を愉しみました。ここは徳島県の剣山国定公園内です。

【大歩危の渓谷】
鯉のぼりが渓谷にたなびいている、上からの撮影です。
070503_111537.jpg


 さらに国道を北上、金比羅さんが次の目的地です。香川県に入ると急峻な山は無くなり、こんもりとした丘陵が見られるようになります。

【金比羅宮】
ようやく到着しましたが、観光客が多く道路は渋滞、駐車場は満車。しばらくウロウロしてラッキーにも空きを発見。
これから、階段を何百段と上ります。

070503_135115.jpg


途中で段数を数えられなくなりましたが、ガイドブックによると785段でここ本宮に到着です。

070503_142533.jpg


 この先、山頂近くの奥社まで行くと1368段になるそうですが、われわれはここまでにします。金比羅宮は航海の神様とのことで、海運、橋梁建設などの有名な企業が奉納した絵馬が数多くありました。

【倉敷美観地区】

 金比羅宮を後にし、高松自動車道から瀬戸大橋を渡り岡山県に入ります。目指すは倉敷。人気観光エリアのため、なかなかホテルが取れなかった場所です。

 到着したのは夜だったため、ライトアップされた倉敷美観地区を軽く散歩し、本格的な散策は明日ということに。

 それにしても凄い人の数です。軒を並べるお店に出入りする光景は表参道のようです。

070504_103534.jpg


 この地域は江戸時代は天領だったそうです。現在は当時の建物を保存しながら、みやげ物やさんや、工芸やさんが軒を並べて大変な賑わいです。倉敷には、芸術を育んでいこうというコンセプトがあることが良く伝わってきます。若い芸術家の方が個展を開いたりもしているようでした。アメリカのサンタフェのようなイメージの町です。
急げば1時間で回れるような大きさですが、ついつい長く居てしまう雰囲気を持った不思議な場所でした。

070504_104446.jpg


 倉敷が最後の訪問地です。無事全行程を終了し家路に着きました。
4泊5日、広島、愛媛、高知、徳島、香川、岡山と6県を訪れ、多くの歴史遺産や文化に触れることができた旅はこれで終了です。


  1. 2007/05/07(月) 00:00:30|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史遺産を巡る旅-3

【松山から高知へ】 
3日目はR33で松山から高知へ四国山地を抜けていきます。朝から降っていた雨も高知県に入った頃には上がり、深い渓谷が続く中をクルマを走らせます。
途中、何箇所か写真のようなダム堰が設けられています。雨の多い季節には水量を調整することが大変な苦労だったんでしょうね。

070502_110047.jpg


途中、土佐和紙工芸村くらうどに立寄りましたが、生憎休館日。軽くお昼を済ませていよいよ高知市へ向かいます。

【高知城】
 まず向かった先は高知城。NHK大河ドラマ『功名が辻』でも出てきた築城シーンが思い出されます。城内には初代藩主山内一豊の妻と馬の像もああります。天守閣からは高知の町並みが一望できます。県内で一番高い建物のような気がしました。
 天守閣内の資料展示もミニュチュアを使ったりして大変解りやすいものでした。

070502_132551~00.jpg


【高知県立坂本龍馬記念館】
 次に向かったのは高知県立坂本龍馬記念館。市内からクルマで30分程だったでしょうか、坂本龍馬像で有名な桂浜の高台に立っています。
僕が最初に読んだ司馬先生の小説が『龍馬が行く』でした。そしてそこから司馬ファンになっていったので、ここは是非訪れたい場所でした。

 070502_150137~00.jpg

 写真の通りガラス張りでとても明るく、太平洋が一望できるロケーションです。内部は龍馬の書いた手紙を中心に資料展示されていますが、GW中のためか幅広い層の方が訪館されていてかなりの混雑でした。坂本龍馬の根強い人気がうかがい知れます。

 桂浜の坂本龍馬像は、想像をはるかに超える大きさでした。丁度、西日が逆行になる時間帯だったので写真は撮れず、残念です。

【大門・長屋】
 高知での宿はかつて山内容堂が別邸として使っていた場所に立つホテルですが、その当時の大門と長屋、そして庭園が現在も残っています。
070502_175230.jpg


 山内家の栄華が色々な場所に残る町。そして維新の功労者を輩出した町をこれで後にします。

テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/06(日) 10:34:00|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

歴史遺産を巡る旅-2

【瀬戸内海を渡るフェリー】
070501_112942~00.jpg

 昨夜の雨は明け方にはあがり、まずは広島まで戻りレンタカーをピックアップします。原爆ドーム、平和記念公園を回り宇品港へ向かいます。宇品港からフェリーで松山に渡ることにしました。フェリーにクルマを積んで乗るなんて、遠い昔の大学時代に友人と北海道に行って依頼です。

【松山城】
070501_144847.jpg


070501_145826~00.jpg


 船は約2時間半で松山観光港に到着。ここから市内へドライブ、最初に目指すは『松山城』です。何とかお城の周辺に駐車場の空きを発見しクルマを置いて散策開始。

 松山城は小高い山の上にあるので、一気にロープウェーで上ります。松山城は賤ヶ岳の合戦で七本槍の一人として功が認められた加藤嘉明が創設者だが、江戸時代には松平家(維新後、久松家)が治めたとのこと。それにしても、こんなに高い所に良くこれだけの資材を運んでこの規模の城を築城できた技術力に驚きます。

【坂の上の雲ミュージアム】

 次に訪れたのは『坂の上の雲ミュージアム』、僕にとっての今回の旅行の最大の楽しみと言っても過言ではありません。オープンしたのは4月28日、訪れたのは5月1日です。本当にラッキーです。司馬先生の小説『坂の上の雲』はご存知の方が多いでしょう。主人公の秋山好古、秋山真之の兄弟と正岡子規は松山出身です。そしてここに記念館が設けられました。建物外観は現代的ですが落着いた佇まいです。
070501_155705.jpg


 館内は貴重な資料が展示されており、司馬ファン、『坂の上の雲』の読者で僕は感動しきりです。壁には4年にわたり新聞掲載された連載小説のすべてがコンクリート壁にプリント展示されています。これは圧巻。

070501_161911.jpg


 ゆったりとくつろげるスペースも用意されており、訪問者日記にも足あとを残してきました。そして記念に、『本日天気晴朗ナレドモ波高シ』と真之が書いているシーンを絵にしたハガキを購入。

 本当にここにこれて良かったです。

 ここでゆっくりし過ぎ、正岡子規記念館に行く時間がなくなってしまいまったので、宿にチェックインし道後温泉を楽しみました。
  1. 2007/05/06(日) 01:00:00|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史遺産を巡る旅-その1

 GWの休みを利用して妻と旅行に出かけてきました。その名も歴史遺産を巡る旅。

 4/30 新横浜7:50発ののぞみで一路西へ。到着したのは広島駅。ここで軽くお昼を食べて、山陽本線を使って25分、到着したのは宮島口。
【宮島口到着】
070430_125959.jpg

 ここから小さいフェリーに乗って対岸の今日の目的地、厳島に向かいます。宮島と厳島を結ぶ航路は所要時間10分程度、常にピストン輸送状態です。
【歓迎 厳島】
070430_132557.jpg

 厳島に到着すると船着場には、ホテルの送迎バスが並んでいます。今日のお宿の『宮島グランドホテル 有もと』のバスに乗り込みホテルへ。チェックインして荷物を下ろし、まずはロープウェーで厳島の弥山(ミセンと読むようです)の頂上を目指します。頂上には日本ザルがたくさん生息していました。
 そこからは瀬戸内海の島々が写真のように目に飛び込んできました。
【弥山より眺望】
070430_142909.jpg

 そして、次の向かったのは世界遺産に登録されている厳島神社です。
写真や映像で見る厳島神社は鮮やかな朱の鳥居が海に浮かんでいます。僕は常に海の中にたたずんでいると思っていましたが、干潮の時は遠浅の入江が砂浜となって姿を現し、鳥居まで砂浜を歩いて行けるのです。
鳥居の木は自然の木そのままという感じです。
【厳島神社 大鳥居】
070430_152706~00.jpg

070430_152911.jpg


鳥居の後は、本殿参拝。ここは数々の歴史の舞台。平清盛、陶晴賢、毛利元就、歴史ドラマがここを舞台に繰り広げられました。
【本殿入り口】
070430_153449.jpg


 夜は大鳥居、本殿が海からライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれます。ここで能の舞が行われるとまさに大河ドラマの1シーンです。

歴史遺産を巡る旅、1日目が終了。2日目は舞台を松山に移します。

テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/05(土) 18:06:15|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ