misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

異業種の方との研究会

 1週間ぶりのBLOG更新になってしまいました。

今日は所属しているCAPS日本支部の研究会に参加してきました。CAPSというのは"Center for Advanced Purchasing Studies(日本名:戦略購買総合研究所)"の略称なのですが、米国アリゾナ州立大学に置かれている研究所の日本支部といったところです。

 購買・調達・サプライマネジメントといった分野に関連する企業の管理職の人が集まり、上原代表(日本サプライマネジメント協会代表)、森田教授(学習院大学)の指導のもと毎年テーマを決めて調査・研究をしてリポートにまとめ対外的に発表しています。

 今年は日本企業の海外拠点における購買機能と課題といったことについて研究しています。千社を超える企業にアンケートを行った結果を統計解析(by 森田教授)、その結果をもとに仮説検証したり、研究員の実務経験からケーススタディを行ったりしています。今日の研究会は、「相関?」「有意水準?」という感じでした。

 会社を離れて異業種の方たちと論議するのは楽しいのですが、6月の発表に向けていよいよリポートを纏めなければいけません。

購買調達、SCM領域でこのような活動に興味のある方は、WEB SITEはこちらです。

http://www.ismjapan.org/caps/
http://www.capsresearch.org/

スポンサーサイト

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/03/31(土) 21:06:01|
  2. CAPS研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランデブーしてきました。

 サイクルスタイルカフェという自転車好きのSNSでお知り合いになったmさんとの初デート。ようやく実現しました。

 9:30二子玉川の橋の下集合。家を出たのが9時前になってしまい、土曜日の交通量の多いR246をひたすら漕ぎまくり、アップダウンを3つ超えて何とか間に合った。mさんは既にお待ちでした。ご挨拶と行程の相談後、多摩サイを上流に向かかい、途中ワイズの隣のコンビニ休憩後、たいやき屋さんの近くの公園(名前??)まで。

 そこから二子玉まで戻りランチをご一緒にさせて頂きました。途中の休憩でも、ランチでも色々とお話をさせて頂き、とっても楽しい一日でした。話は次の企画にまで及びましたが、これはまたの機会にします。
R246の途中で再開を期してお別れ。

 同じ趣味を持つ同年代の方との交流は、いつも楽しいものですね。

走行距離: 72km
  1. 2007/03/24(土) 23:59:00|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ハゲタカ』

 NHKのドラマ『ハゲタカ』を興味深くみています。外資ファンドの買収に巻き込まれる経営危機の企業を描いています。

 日経新聞の経済教室で東大の新井富雄教授が、「敵対的TOBとは、「誰にこの企業の経営を任せた方がより大きな富の創出が可能だと考えるか」という問いに対し、企業内部にしがらみを持たない株主の判断を求めるものだ。」「敵対的M&Aをもっと前向きに評価した方がよいのではなかろうか。」と述べている。

 『ハゲタカ』では、柴田恭平が株主総会で株主に訴えかけたような浪花節が現実のケースで通用するのだろうか。株主の選択は正しかったのでしょうか。結末は...ドラマですから。
  1. 2007/03/24(土) 00:37:08|
  2. Business
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAPPY BIRTHDAY

今日はわが奥様のXX回目の誕生日のお祝いで都内の某ホテルへランチに行ってきました。正確には誕生日は今日じゃないんですが、平日は仕事で無理なので日曜日に。
 
 いつも休日、自転車に時間を費やす僕を文句も言わず送り出してくれていることに感謝です。ということで今日は自転車はお休みです。

 そういえば妻と一緒にクルマで出かけたのは久しぶりのような気がします。クルマを走らせながらも、ロードバイクで走る人がいるとついつい気になります。今日は晴れていたけど、気温は低く風も強かったので大変だったと思いますけどね。

 妻も最近はロードバイクで走っている人を見るとすぐに目が行くようで、クルマの中から『あの人は速そう。』とか『あの人は初心者っぽいね』と言っていました。余り速くなさそうな人を見ると『あの人、あなたみたい。』と失礼な、だけど事実なことを。。。
 来週のレースは頑張ろう。

 
  1. 2007/03/18(日) 18:43:32|
  2. Business
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上りで抜いていった集団

 9時頃ジャージにレーパンで外に出ると、小雪が舞っていました。走るのを躊躇しましたが、一旦部屋に戻り更に一枚重ね着をして再出発。今日は少し負荷をかけたくて、適当な坂道を見つけながらその方向に走っていました。町田方向に走っていると、見通しの良さそうな上り坂が見てきたので上ってみました。上りきったところに野津田公園という大きな公園兼陸上競技場があったのでそこで小休止。

 地図がないので適当にアップダウンを繰り返しながら走っていると、気がついたら鶴川街道を調布方向に向かっていることがわかったので、それじゃ多摩川まで行こうと走り続けると、急な上り勾配が出現。既にかなり足にきてたので、上りきることだけを考えて13-15kmのスピードで走っていたら、突然抜かれました。どこかのチームの朝錬でしょう。4台の集団走行です。速かったなあ。いやこっちが遅かったのか?しばらくすると次の集団4車です。これにも抜かれました。

 この集団を後ろから見ていると、完璧な手信号に加え大きな声での合図、かなり本格的に走られているのでしょう。格好いいですね。

 その後は多摩川CRに出て、R246経由で自宅まで52.8kmでした。僕には結構ハードなコースでした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/17(土) 18:02:12|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『対話』の重要性

 日経新聞に興味深い記事があった。アメリカのホーム・デポの前会長兼CEOのロバート・ナルデリ氏が今年1月にCEOの座を追われたが、その背景にあるのは、株主との対話をきちんと行わなかったということだったらしい。総会での態度が不評を買い、業績は上がっても従業員と顧客からの信任を失ったことが要因とのこと。

 ビジネスマンならずともコーチングのトレーニングを受けたり、本を読んだりしたことのある人は、まず、対話の基本は人の話を聴くことから始まるということは理解している。

 経営トップだって同じこと。ステークホルダーの声を聴き、自分の言葉で語ることが求められている。
  1. 2007/03/14(水) 22:48:05|
  2. Business
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末の自転車日記

 今週末も走ってきました。

 土曜日は以前から気になっていた尾根緑道(別名、戦車道路というそうです)を走ってみたくて、自宅から鶴見川沿いの道を北上、鶴川街道、鎌倉街道、尾根幹線と走り、尾根緑道に上がりました。緑道はかつて陸軍の製造した戦車を試走させていた尾根伝いの道だったようです。現在は遊歩道に整備されています。晴れていれば遠く丹沢、富士山が望めたのだと思います。あいにく曇天だったのと、帰りを急いでいたこともあり写真も撮らずじまいでした。

 尾根幹線から尾根緑道への入り方がわからずにかなり行き過ぎてしまい、地元の散歩のご婦人に道を教て頂きました。ありがとうございました。そしたら、今度は不思議なことに、緑道を出たところで小径自転車のご主人に緑道への入り方を私が尋ねられました。

 ここからもう少し足を伸ばせば城山湖や津久井湖です。今度はその方面にもチャレンジしてみようと思ってます。

 土曜日の走行距離は、48km。


 日曜日は朝から雨でした。天気が良ければSNSでお知り合いになった方と車載輪行ツーリングのはずだったのですが、残念。

 午後は雨も上がって路面も乾いてきたので、お昼を食べた後、走りに出ました。

 クルマのあげる水しぶきを浴びるのが嫌だったので鶴見川CRを走ることにしました。一部に水溜りがあったものの問題なし。新横浜の日産スタジアムで休憩。スタジアム周辺を周回していると、ポツリ、ポツリと雨が落ちてきたので、引き返すことにしましたが、途中からかなり降って来ました。

 家を出るときに風が強かったので、ウィンドブレーカーと買ったばかりのシューズカバーを装着してきたのが救いでしたね。タイツはびしょぬれでしたが、上半身とシューズは濡れずにすみました。

 雨でブレーキも効かないし、メガネについた雨滴で前も見づらくなるし、こわごわ走りながら何とか自宅までたどり着きました。
本日の走行距離 35km。

 土日で83km。このペースだと一ヶ月で300km程度にしかなりそうにないですね。
  1. 2007/03/11(日) 17:21:30|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正社員化を進める企業-ユニクロ

 先日ユニクロが発表した非正社員の正社員化というニュースが気になった。 

 転居を伴う転勤をしなくていい正社員制度を4月1日付で導入し、パートや契約社員など約2万2000人いる非正社員のうち約2500人を、今後1年程度かけて正社員に登用するとのこと。数年内に5000人全員を正社員化することを目指す。全員を正社員にした場合、ユニクロにとっては十数億円の負担増になる。

 90年代後半から企業のリストラ、働く人の価値観の多様化という背景の中で契約社員やパートの活用を各社進めてきたが、最近これまでの流れと逆の戦略をとる企業が増えてきたようだ。

 固定費であった人件費を変動費化することを90年代以降進めてきたのに、逆に変動費から固定費化するということになる。事業が拡大し売上げが伸びていくという見通し、またその為には、従業員のモチベーションアップは必須。その方策の一つとして今回の正社員化という戦略を打ち出したのだろう。特に流通業界でこの動きが盛んなようだ。

 お客は店舗で何か変化を感じることができるのか。数年後にこの戦略がどんな結果をもたらしているか興味があるところです。
  1. 2007/03/10(土) 15:02:59|
  2. Business
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツール・ド・フランスの風景画展

 今日はmont-bell club南町田店に行ってきました。最大の目的は小笠原政男さんという方の個展『ツール・ド・フランスの風景画』を見ることでした。
IMG_0108_edited.jpg


 画家の小笠原さんはツール・ド・フランスを自転車で追いかけ水彩画を書いていらっしゃるようです。展示されていたのは90年代のものから2006年まで三十数点だったと思います。年々絵のタッチが精緻になっている感じがあります。フランスの何気ない街角の風景が、自然な色合いで優しく描かれています。
 また、小笠原さんが乗っている自転車も展示されていました。 
IMG_0105.jpg


 結構好きなタッチの絵だったので、記念にポストカードを購入してきました。7種類のポストカードが販売されていて、7枚セットで買うと作者が会場にいる時なら自転車の絵を描いてくれるそうです。
残念ながら今日はいらっしゃらいませんでした。電車で行ったのですが、もし作者がいたらロードで行かなかったことを悔いたでしょうね。
行こうと思っている人は要チェックです。
IMG_0107.jpg


 自転車とのこういう付き合い方も、また楽しいものでした。
  1. 2007/03/06(火) 17:25:43|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

週末のロードバイク日記

 土曜は朝から曇り空でしたが、雨の心配は無い様だったのでこれまで走ったことのないコースを走りました。

 自宅-鶴川-鎌倉街道-多摩NT-関戸橋-多摩サイ-中央高速下折り返し-多摩サイ-二子玉-R246-自宅 と走ってみました。鶴川付近は道路が狭く渋滞の車列に巻き込まれ走り辛かったけど、それを抜けて鎌倉街道は走りやすいけど、だらだらと上りが続き結構な距離を上っていきます。練習コースに良く使われるだけのことはあります。頂上からは快適な下り基調で多摩サイまで。

 多摩サイを南下中に嬉しい出来事。自転車関連のSNSやBLOGでやり取りのある方と、初の対面ができました。全くの偶然です。
次回はゆっくりお話したいですね。ありがとうございました。

土曜の走行は60kmでした。Ave 24.2km。

 そして今日、日曜日。朝から暖かくなりそうな気配。いつものように皇居のサンデーライドに参加して来ました。今日は、皆さんハイペースでした。あっと言う間に先頭集団から千切れてしまい、同じペース(かんり自分では頑張ったペース)の集団に着いて行く事に。途中で足が売り切れ寸前になりながらも何とか25kmを走り終えると、AVE 28km。結構頑張りました。でもこれが今の限界かな。

IMG_0093_edited.jpg

■写真は先週交換したタイヤ Panaracer Stradius Elite Lite Black/Red

 先週あたりから花粉のせいか、なぜか体がだるく感じ若干微熱があるようだ。自転車で走ると大量に花粉を吸い込んでしまい、何かが体の中で反応しているのでしょうね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/04(日) 14:25:39|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗黙知の伝達とホワイトカラーの生産性

 日経新聞夕刊の野中郁次郎先生のコラムに暗黙知の伝達についてという内容があった。長嶋、野村、星野の3氏の指導法に暗黙知の伝達形態の違いと普遍的な共通性を見つけ出されている。

 日本の企業は欧米との比較において、ブルーカラーの生産性は高いが、ホワイトカラーの生産性は低いという分析がある。確かにホワイトカラーは人が入れ替わると、それまで蓄積されてきたナレッジ、ノウハウが次の人に十分伝わらず、ナレッジロスのようなことを引き起こしたり、意思決定の際にマニュアル化された範囲を超える応用問題であったりすると、判断にバラツキが出たりする。

 欧米企業では労働市場の流動性が高いため、それに対応しやすい業務プロセス設計、意思決定プロセス設計がなされているのかもしれない。

 最近、社内SNSなどで個々人の持つ知識を共有化したり、社内の人的ネットワークを再構築して情報の共有化を行うような試みも出てきているようだ。こういう取り組みがホワイトカラーの生産性をどれだけ上げるのか、数年後が楽しみだ。
  1. 2007/03/02(金) 22:16:12|
  2. Business
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ