misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

読書:2016年の記録

備忘録に。
2016読書記録

司馬遼太郎対話選集というのは第10巻まであるので先は長い。
来年はどういう本を志向するのだろう。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/27(火) 20:50:50|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

読書:2016上半期の記録

今年前半に読んだ本を整理。
最近は読書記録を書くのをサボってしまい、読んだ本だけ記録。
上期読書

『世界の経営学者はいま何を考えているのか』は自分の興味にドンピシャ。Transaction memoryについてはは掲載されている文献も当たってみた。

『財務3表一体理解法』『・・・分析法』の2冊は数年前に話題になった本。視覚的に理解できる点が受けた理由でしょうね。

司馬遼太郎も対談集を2冊。これは10巻まであるのかな。おいおい進めていきます。
  1. 2016/07/02(土) 18:02:07|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読書 『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

リーダーになる人に知っておいてほしいこと
『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』
松下幸之助[述] 松下政経塾[編] 
PHP研究所 2009/4
2016年2月19日 読了

内容
松下政経塾の塾主である松下幸之助氏が塾生に語ったことについて48項目を拾ってまとめた本。

第Ⅱ部の『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』は松下政経塾の5誓に沿っての口述録。心にとめておこうと思ったのでメモしておきます。

素志貫徹の事
常に志を抱きつつ懸命に為すべきを為すならば、いかなる困難に出会うとも道は必ず開けてくる。成功の要諦は、成功するまで続けるところにある。

自主自立の事
他を頼り人をあてにしていては事は進まない。自らの力で、自らの足で歩いてこそ他の共鳴も得られ、知恵も力も集まって良き成果がもたらされる。

万事研修の事
見るもの聞くことすべてに学び、一切の体験を研修と受けとめて勤しむところに真の向上がある。心して見れば、万物ことごとく我が師となる。

先駆開拓の事
既成にとらわれず、たえず創造し開拓していく姿に、日本と世界の未来がある。時代に先がけて進む者こそ、新たな歴史の扉を開くものである。

感謝協力の事
いかなる人材が集うとも、和がなければ成果は得られない。常に感謝の心を抱いて互いに協力しあってこそ、信頼が培われ、真の発展も生まれてくる。
  1. 2016/03/03(木) 23:12:28|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読書 『坊っちゃん』 夏目漱石

坊っちゃん坊ちゃん

『坊っちゃん』 夏目漱石 新潮文庫
2015年1月24日 読了

知らない人はいないだろう夏目漱石の代表作。新潮社のHPより拝借すると、あらましは次の通りです。
『松山中学在任当時の体験を背景とした初期の代表作。物理学校を卒業後ただちに四国の中学に数学教師として赴任した直情径行の青年“坊っちゃん”が、周囲の愚劣、無気力などに反撥し、職をなげうって東京に帰る。主人公の反俗精神に貫かれた奔放な行動は、滑稽と人情の巧みな交錯となって、漱石の作品中最も広く愛読されている。近代小説に勧善懲悪の主題を復活させた快作である。』

感想
中学や高校の夏休みの宿題の課題図書だったりして、一度は読んだことがあると思います。自分もはっきりとは思いだせないけど読んだことがある。
なぜまた『坊っちゃん』を読んだのか。
新春スペシャルドラマとして1月3日にフジで放送されたのを見て、夏目漱石没後100年にあたる年、今年は漱石を読み返さないと思った単純な思考回路から。
ドラマを観た後なので、登場人物と配役をマッチさせながら読めるのでとても痛快。

100年以上も前の小説が、これほどリズミカルに現代でも理解できる文体で書かれていることに感動しました。未だに夏の課題図書取り上げられるということが、それ自体漱石文学の素晴らしさであり、後世にも伝えられていくのだろうなと思います。
新潮文庫の解説に、江藤淳が『漱石の文学』として書かれていて、なるほど…でした。
  1. 2016/01/24(日) 21:59:37|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年 読書記録

今年も残すところあとわずか。今日から年賀状をプリントし始めたら、いよいよ終わりに近づいたなあという実感。

本を読んだら感想を書くようにしていたのですが、ここ数ヶ月読みっぱなしになってしまってます。後で何を読んだかわからなくならないように、読んだ本を書き出しておく。何だか恥ずかしい感じがしますが・・・

2015読書記録

もう少したくさん読まないと。
ジャンルに偏り大。
ビジネス関連をもう少し増やしたい。
等々、来年の楽しみが出来たということで。
  1. 2015/12/19(土) 17:56:01|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ