FC2ブログ

misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

太田記念美術館-「江戸の凸凹-高低差を歩く」展

昨日から一転、朝から陽射しが強い日曜日。家内は朝から出かけて行ったので、何をしようかと・・・面白そうな展覧会があることを発見し、原宿にある太田記念美術館へ。浮世絵専門美術館です。

タイトルは、「江戸の凸凹―高低差を歩く」。
2019061610350000.jpg

現在の東京の地図に浮世絵に描かれた場所を表示した資料も入口で頂けて作品をみる参考になります。
一部の作品には、現在の姿を写真にとって並べているので、面影を残す場所、全く想像できない場所など、そういう見方もできます。
201906161030.jpg



2週間前大変だった背中の痛みも治療のお蔭で治まりました。
梅雨入りし、近所の紫陽花が見事な季節です。

2019061612170000.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/06/16(日) 16:01:31|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ル・コルビュジエ 展

GW最終日は上野の国立西洋美術館で開催中の『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ-ピュリズムの時代』展。
久しぶりに奥さんと上野。美術館に行って、ランチしてというだけですが、田園都市線+銀座線で1時間の乗車。座れたので良かったですが遠いです。

国立西洋美術館がコルビュジエさんの設計。自分が設計した美術館での企画展という素晴らしいアイデアです。
2019050611290001.jpg
ルコルビュジエ

今回の展覧会は絵画作品を中心にしていたようです。
ピカソの作品も展示されていますし、キュビズム絵画の展覧会というイメージを強く持ちました。
まさに、そういう時代だったんですね。

充実した常設展(西洋絵画)も併せて見学。印象派、ポスト印象派の方が企画展より楽しめたと思います。これはあくまで自分の嗜好の問題ですが。

企画展は5月19日までです。
  1. 2019/05/06(月) 20:09:20|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『向井潤吉 人物交流記』 世田谷美術館

3連休。日曜日は真夏日の中ゴルフでバテバテでしたが、今日は一転涼しくなって秋らしくなりました。

芸術の秋ということで、世田谷美術館で開催されている『民家の画家 向井潤吉 人物交流記』にを観賞。
向井潤吉向井潤吉2

世田谷美術館は初めてです。家から自転車で行く距離かもしれませんが、車です。
東名高速高架下の専用駐車場から砧公園を歩いて5分。
2018100809440000.jpg

草屋根の民家を題材として制作を続けたことで知られますが、若い頃のパリで絵を学んだ時代、太平洋戦争に従軍画家として活動した時代があったとのこと。人物交流記という主題のもと、交流のあった画家の作品も多く展示されています。
また、この方は雑誌・新聞にエッセーを掲載されることも多かったのでしょう、作品展示とともにパネルに掲示されています。その文章が大変上手で思わず丁寧に読み込んでしまいます。

この展覧会を知ったきっかけは、9月18日の日経新聞の文化面の記事。気になったので切り抜いておきました。
電子版やネットだと興味のあるものしか目にすることがないですが、新聞紙面だと興味と関係なく色々な情報が目に留まります。
お蔭で良い企画展に行けました。

2018100811500000.jpg
  1. 2018/10/08(月) 18:06:41|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『水を描く』展 山種美術館

山種美術館に行ってきました。

「美術館で納涼!」というキャッチコピーで企画された『水を描く―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―』という展覧会。
水を描く展

海、川、雨、霧、滝と水を描くと言っても様々な作品が展示されています。
青系の色彩が多くなり涼しさが感じられます。「美術館で納涼!」というテーマ通りです。

山種美術館はその大きさが自分には丁度良い感じがしていて、絵を見る集中力が持続可能なサイズ感なのが気に行っています。

川端龍子《鳴門》(山種美術館、No.23):本展覧会で唯一写真撮影が許可されている作品です。
2018081610190001.jpg
  1. 2018/08/16(木) 19:33:07|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『NHK大河ドラマ特別展 西郷どん』 大阪歴史博物館

日曜日から実家へ帰省。

大阪歴史博物館はNHK大阪放送局と隣接するのですが、大河ドラマの西郷どん展が開催されているので行ってきました。
2018081309410000.jpg

西郷どん

以下、博物館の解説文。
「明治維新のヒーロー・西郷隆盛には、肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちています。薩摩(鹿児島県)の下級藩士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働きます。やがて薩摩藩主の島津斉彬(なりあきら)に目を留められた西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走し、薩摩のキーパーソンとなっていきます。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、徳川幕府を転覆させます。類まれな「勇気と実行力」で明治維新を成し遂げた西郷ですが、最後は明治新政府と闘い、命を散らすことになります。
この展覧会では、NHK大河ドラマ「西郷どん」と連動し、西郷隆盛ゆかりの品や、同時代の歴史資料などを紹介、西郷の人間像と彼が生きた時代を浮き彫りにします。」

各展示品の解説文も丁寧かつ分かり易く、西郷どんファンのみならず幕末維新に興味を持つ人は是非行かれてみてはどうでしょう。


今回の帰省は一人で車で帰省。
往復とも、4時前に高速道路に入ったので、渋滞ピークの日にも関わらず比較的順調。そしてプロパイロットの自動運転で疲れも軽減できました。
  1. 2018/08/15(水) 08:36:55|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ