misc@Y - 日々の徒然

気がつけば50台前半のビジネスマン。今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

『カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命』 八王子市夢美術館

数年前まで毎年この人のポスター画のカレンダーを掛けていました。この人がカッサンドルさんという名前であることは最近知ったのですが、その展覧会が今日が最終日ということで八王子まで行ってきました。
     カッサンドル展
八王子市夢美術館。中央高速使って家から一時間。天気が悪いせいか道路が空いていたのは助かった。途中浅川に架かる橋を超えたのですが、ここまで自転車で来てた頃も遠い記憶の彼方。今は車の距離。
     DSC00602.jpg
このビルの2階が美術館。今日が最終日。
DSC00603.jpg

どのポスター画も格好いいし、大きなインパクトを受けます。全てが計算された幾何の世界かもしれない。
     2017062501.jpg
美術館HPより。
『ウクライナに生まれ、フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナー、カッサンドル(1901年〜1968年)。彼が生み出した作品は、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」をもたらします。都市の街頭を埋め尽くしたポスターはもちろん、レコードジャケットや雑誌の表紙等、数々の複製メディアの仕事を手がけ、生活の隅々にそのデザインが満ち溢れました。カッサンドルは機械と大量消費の時代をまさに体現したのです。
この展覧会ではカッサンドルの数々の仕事を、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたコレクションを通してご紹介します。松本氏のカッサンドル・コレクションは、保存状態の良好なポスターの代表作、およびカッサンドル直筆の貴重なポスター原画を含むものとして、世界的に高く評価されています。国内ではおよそ20年ぶりの回顧展となる本展で、カッサンドルが到達した至高のポスターデザインをご堪能いただければ幸いです。』
スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 18:05:27|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花

久しぶりにブログに記事を書きます。
何だか忙しい日々が続き、週末も記事にするようなプライベートでの話題も無く、気がつくと6月も下旬。
相変わらず自転車は乗っておらず、たまにランニングする程度。

今朝は久々ラン10キロ。湿度が高くて熱中症注意な朝でした。
同じ場所に3種の異なる紫陽花が並んでます。それぞれ品種名があるのだと思いますが、多くの人は『紫陽花』と総くくりにして呼びますね。
きっと、『紫陽花』と総称で呼んだ方が、彼方此方で咲いている感じで季節感があって良いのでしょう。
曇よりじとじとした季節に、清涼な感じを与えてくれます。
そんなことを考えながら、頻繁に休憩してました。
2017062408510002.jpg
2017062408510001.jpg
2017062408510000.jpg
  1. 2017/06/24(土) 17:55:01|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『19世紀パリ時間旅行』 練馬区立美術館

今日が最終日の練馬区立美術館で開催されていた『19世紀パリ時間旅行-失われた街を求めて』展へ行ってきました。
先日NHK日曜美術館のアートシーンでこの展覧会が紹介されていて、これは面白そうだ!と思い最終日の今日時間取れたので見学。
      19世紀パリ時間旅行
それにしても何故練馬で? 練馬区独立70周年記念の行事のようです。

"フランス文学者の鹿島茂氏(明治大学教授、フランス文学者)による「失われたパリの復元」(『芸術新潮』連載)をもとに、19世紀パリの全体像に迫る展覧会を開催します。"という企画で、鹿島茂氏のコレクションと国内の美術館所蔵の版画やリトグラフ300点近くで構成されていて、比較的小さな作品なので丁寧に見るとかなりの分量です。
伊丹市立美術館が所蔵している作品も相当数展示されていたので、今度伊丹市立美術館でも見てみよう。

パリの街の大改造の様子が良く分かりました。衛生面では相当ひどい町だったようです。現在も衛生面ではあまりよくないですが。

この一角、文化地域になってるんでしょうか。美術館前の公園には多くのオブジェが設置されてます。
DSC00600.jpg
  1. 2017/06/04(日) 19:55:56|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の読書傾向

今年に入ってから本を読む量があまり増えないなあ。月に一冊のゆっくりペース。
ビジネス書や時代小説を読めばどんどん読み進められるのだと思いますが、このところこういう類の本を頑張って読んでます。
2017052813460000.jpg
どれもこの分野の第一人者の学者さんの本なのですが、やはり難しい。なかなかページが進まない。布団に入って読むとあっという間に眠りに吸い込まれます。
まさに日本の哲学。
将来リタイアしたら大学に行って学んでみるか。

  1. 2017/05/28(日) 18:20:32|
  2. BOOK REVIEW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江ノ島・鎌倉散歩

土曜日から両親が遊びに来ています。
今回は、先日、江の島と鎌倉をテレビで見たのでそこに行きたいということで、朝から自分の両親+義母+我々夫婦の5人で出かけてきました。江の島は以前は自転車で来る場所でしたが、中央林間から江ノ島線で片瀬江ノ島まで電車で来ると結構遠い。

片瀬江ノ島駅舎がTVで見た通りでそこでまず感動してもらい、「江の島まで歩いて渡れるん!?」と楽しそうに海を渡って江の島へ。
2017052101.jpg
まだ早めの時間でしたが、上り坂、人混み、照り付ける陽射しで後期高齢の皆さんにはこたえるようで、ここで記念撮影して江の島終了。
2017052102.jpg

続いて、江ノ電乗車。これも初体験だったので狭い道路を走ったり、住宅の脇すれすれに電車が抜けていくことに感動の渦でした。
長谷で降りて鎌倉大仏を目指します。だいぶ暑くなってきて足取りも重くなってきましたが、大仏が目に入った途端に感動。高齢者3人は内部の見学までしてました。家内と自分は外の日陰で休息。
2017052103.jpg

再び江ノ電で鎌倉駅。鶴岡八幡宮参拝とこのあたりで昼ごはんをと予定していたのですが、3人とも、もう十分楽しめたからいい・・・ということで、鎌倉=大仏で鎌倉散策終了。

横浜駅まで戻ってお昼を食べて、今回のイベント終了。駅から家までのみんなの足取りの重いこと。
トータル10KMほど歩いたようでした。お疲れ様でした。
  1. 2017/05/21(日) 17:33:26|
  2. その他の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

My Profile

Yoshi

Author:Yoshi
気がつけば50台前半のビジネスマン。
今は横浜を拠点に、ラン、自転車、その他細く長く楽しんでいます。パリ在住期間の徒然も楽しい記憶。

Counter


無料カウンター

Links

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

JogNote

Recent Commnets

Recent Entries

Category

Monthly Archives

Click here for Bicycle Blog

FC2ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ